リッチリザルト テストのベータテスト期間が終了

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

2020 年 7 月 7 日(火曜日)

本日、リッチリザルト テストで Google 検索のすべてのリッチリザルト機能がサポートされるようになったことをお知らせいたします。ベータテスト期間は終了しました。また、構造化データ テストツールのサポートを終了する予定です。当面は引き続き利用できますが、今後は構造化データのテストと検証にリッチリザルト テストを使用することを強くおすすめします。

リッチリザルトは、通常の青色リンクよりも高度な機能を持つ、Google 検索でのエクスペリエンスです。構造化データを利用し、カルーセルや画像など、テキスト以外の要素を含められます。リッチリザルト テストは、ユーザーが構造化データのテストやリッチリザルトのプレビューに使用できるよう、過去数年間にわたって開発してきたツールです。

この新しいツールを利用する利点をいくつかご紹介します。

  • 指定したマークアップに対して有効な検索の拡張機能を表示
  • 動的に読み込まれる構造化データのマークアップをより効果的に処理
  • モバイル版とパソコン版の両方の検索結果を表示
  • Search Console のレポートに完全対応

リッチリザルト テストを使用して、コード スニペットやページの URL をテストできます。テストからは、ページで検出されたエラーと警告が返されます。エラーがあると、ページはリッチリザルトとして表示されなくなります。警告があると、表示が制限される可能性がありますが、ページはリッチリザルトとして表示されます。たとえば、画像のプロパティが欠落しているという警告があった場合、ページは画像のない状態でリッチリザルトとして表示されます。

使用時にツールがどのように表示されるかの例を以下に示します。

リッチリザルト テストの有効な構造化データ リッチリザルト テストのエラーを表示するコード エクスプローラ リッチリザルト テストの検索プレビュー

リッチリザルト テストについての詳細をご確認ください。フィードバックがありましたらヘルプ コミュニティまたは Twitter からお知らせください。

Posted by Moshe Samet, Search Console Product Manager