Google が実施したウェブスパム対策 - ウェブスパム レポート 2016

2017年4月13日木曜日

2017 年に入って早くも数か月が過ぎましたが、ここで 2016 年のウェブスパム対策を通じて得た気づきをお伝えしてみたいと思います。Google は昨年も、スパムによって検索の品質が低下しないよう新たな方法を探し続けるとともに、世界中のウェブマスターと協力してウェブのさらなる改善に努めてきました。

世界中のすべての人に適切な検索結果を提供する、という使命を果たすためには、ユーザーにとって有害な(または単純に不快な)ウェブスパムとの戦いを放棄するわけにはいきません。ユーザーの皆さんがウェブを最大限活用できるようにするための Google のさまざまな取り組みをご紹介します。

2016 年のウェブスパムの傾向

2016 年の Google のウェブスパム対策

より快適なウェブの実現に向けたユーザーやウェブマスターとの連携

  • 2016 年に世界中のユーザーから寄せられた スパムレポート は 180,000 件を数えます。これらの妥当性を慎重に確認した結果、報告されたサイトの 52% がスパムと判定されました。よりクリーンで安全なウェブ エコシステムの実現にご協力いただきありがとうございます。
  • 世界中で 170 回以上の ウェブマスター オフィスアワーやライブイベント を開催し、150,000 人以上のウェブサイト所有者、ウェブマスター、デジタル マーケティング担当者と交流する機会を持つことができました。
  • ウェブマスター ヘルプ フォーラム を 15 言語で運営し、世界中のウェブサイト所有者を継続的にサポートしています。これらのフォーラムには 67,000 件以上の質問が寄せられ、その大部分において、トップレベル ユーザー、注目ユーザー、Google 社員のコミュニティから「ベストアンサー」が得られたと評価されています。
  • ウェブマスター ヘルプ フォーラムでは、119 人のトップレベル ユーザーと注目ユーザーがボランティアで活躍してくれています。Google では、4 つの大陸(アジア、欧州、北米、南米)の 11 都市でトップレベル ユーザー ミートアップ を開催しました。
  • 日本では、11 のブログサービスを中心としたホスティングサービスの方々と連携し、 共同でスパム対策を実施しました 。こちらの取り組みは 2017 年も続けていきます。

より品質の高い検索結果のために、今年も Google はスパム対策に取り組んでまいります。