Class TimePicker

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
TimePicker

ユーザーが時刻を入力できる入力フィールド。

var dateTimePicker = CardService.newTimePicker()
    .setTitle("Enter the time.")
    .setFieldName("time_field")
    // Set default value as 3:30 AM.
    .setHours(3)
    .setMinutes(30)
    .setOnChangeAction(CardService.newAction()
        .setFunctionName("handleDateTimeChange"));

Methods

方法戻り値の型概要
setFieldName(fieldName)TimePickerUI 操作が発生したときに生成されるイベント オブジェクトで、この選択ツールを識別するフィールド名を設定します。
setHours(hours)TimePicker入力欄に設定する事前入力済みの時間の値を設定します。
setMinutes(minutes)TimePicker入力フィールドに設定する事前入力された分の値を設定します。
setOnChangeAction(action)TimePicker選択ツールの入力が変更されるたびにスクリプトで実行される Action を設定します。
setTitle(title)TimePicker入力フィールドの上に表示されるタイトルを設定します。

詳細なドキュメント

setFieldName(fieldName)

UI 操作が発生したときに生成されるイベント オブジェクトで、この選択ツールを識別するフィールド名を設定します。フィールド名はユーザーに表示されます。必須。指定するフィールド名は一意である必要があります。

パラメータ

名前説明
fieldNameStringこの入力に割り当てる名前。

戻る

TimePicker - チェーン用の選択ツール。


setHours(hours)

入力欄に設定する事前入力済みの時間の値を設定します。

パラメータ

名前説明
hoursInteger入力されるデフォルトの時間値(0 ~ 23)。フォーム コールバック パラメータでは常に文字列として表されます。

戻る

TimePicker - チェーン用の選択ツール。


setMinutes(minutes)

入力フィールドに設定する事前入力された分の値を設定します。

パラメータ

名前説明
minutesInteger入力されるデフォルトの分値(0 ~ 59)。フォーム コールバック パラメータでは常に文字列として表されます。

戻る

TimePicker - チェーン用の選択ツール。


setOnChangeAction(action)

選択ツールの入力が変更されるたびにスクリプトで実行される Action を設定します。

パラメータ

名前説明
actionAction実行する操作。

戻る

TimePicker - チェーン用の選択ツール。


setTitle(title)

入力フィールドの上に表示されるタイトルを設定します。

パラメータ

名前説明
titleString入力フィールドのタイトル。

戻る

TimePicker - チェーン用の選択ツール。