Class Action

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
アクション

UI 要素内でのインタラクティビティを有効にするアクション。アクションは、クライアント上で直接実行されることはありませんが、オプション パラメータを指定して Apps Script コールバック関数が呼び出されます。

var image = CardService.newImage()
    .setOnClickAction(CardService.newAction()
        .setFunctionName("handleImageClick")
        .setParameters({imageSrc: 'carImage'}));

Methods

方法戻り値の型概要
setFunctionName(functionName)Action呼び出すコールバック関数の名前を設定します。
setLoadIndicator(loadIndicator)Actionアクションの進行中に表示される読み込みインジケーターを設定します。
setParameters(parameters)Actionカスタム関数をコールバック関数に渡すことができます。

詳細なドキュメント

setFunctionName(functionName)

呼び出すコールバック関数の名前を設定します。必須。

パラメータ

名前説明
functionNameString関数名。付属のライブラリ(Library.libFunction1 など)の関数を使用できます。

戻る

Action - チェーン用のオブジェクト。


setLoadIndicator(loadIndicator)

アクションの進行中に表示される読み込みインジケーターを設定します。

パラメータ

名前説明
loadIndicatorLoadIndicator表示するインジケーター。

戻る

Action - チェーン用のオブジェクト。


setParameters(parameters)

カスタム関数をコールバック関数に渡すことができます。省略可。

パラメータ

名前説明
parametersObjectキーと値はどちらも文字列でなければなりません。

戻る

Action - チェーン用のオブジェクト。

サポート終了のメソッド