Class Switch

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
スイッチ

オンとオフの切り替えをサポートする UI 要素。これは DecoratedText ウィジェット内でのみ使用できます。

var switchDecoratedText  = CardService.newDecoratedText()
  .setTopLabel("Switch decorated text widget label")
  .setText("This is a decorated text widget with a switch on the right")
  .setWrapText(true)
  .setSwitchControl(CardService.newSwitch()
      .setFieldName("form_input_switch_key")
      .setValue("form_input_switch_value")
      .setOnChangeAction(CardService.newAction()
          .setFunctionName("handleSwitchChange")));

Methods

方法戻り値の型概要
setControlType(controlType)Switchスイッチのコントロール タイプを設定します。
setFieldName(fieldName)SwitchUI 操作が発生したときに生成されるイベント オブジェクトで、このスイッチを識別するキーを設定します。
setOnChangeAction(action)Switchスイッチが切り替えられたときに実行するアクションを設定します。
setSelected(selected)Switchこのスイッチを選択済みにするかどうかを選択します。
setValue(value)Switchこのスイッチがオンのときにフォーム入力として送信される値を設定します。

詳細なドキュメント

setControlType(controlType)

スイッチのコントロール タイプを設定します。デフォルトは SWITCH です。

パラメータ

名前説明
controlTypeSwitchControlTypeスイッチ コントロール タイプ。

戻る

Switch - チェーン用のオブジェクト。


setFieldName(fieldName)

UI 操作が発生したときに生成されるイベント オブジェクトで、このスイッチを識別するキーを設定します。ユーザーには表示されません。必須。

他のフォーム フィールドとは異なり、このフィールド名は一意である必要はありません。同じフィールド名を使用するスイッチのフォーム入力値は、配列として返されます。配列は、そのフィールド名を持つすべての有効なスイッチの値で構成されます。

パラメータ

名前説明
fieldNameStringこのスイッチの識別に使用されるキー。

戻る

Switch - チェーン用のオブジェクト。


setOnChangeAction(action)

スイッチが切り替えられたときに実行するアクションを設定します。

パラメータ

名前説明
actionActionスイッチが切り替えられたときに実行されるアクション。

戻る

Switch - チェーン用のオブジェクト。


setSelected(selected)

このスイッチを選択済みにするかどうかを選択します。

パラメータ

名前説明
selectedBoolean開始時のスイッチの状態の設定。

戻る

Switch - チェーン用のオブジェクト。


setValue(value)

このスイッチがオンのときにフォーム入力として送信される値を設定します。

パラメータ

名前説明
valueStringスイッチがオンの場合の名前に関連付けられた値。これがフォーム コールバックに送信されると、常に文字列として表されます。

戻る

Switch - チェーン用のオブジェクト。