Interface BlobSource

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
BlobSource

データを Blob としてエクスポートできるオブジェクトのインターフェース。

クラスの実装

名前概要
Attachmentサイトの添付ファイル(ページに添付されたファイルなど)。
BlobApps Script サービスのデータ交換オブジェクト。
Chart静止画像に変換可能なグラフ オブジェクト。
Documentリッチテキストと、表やリストなどの要素を含むドキュメント。
EmbeddedChartスプレッドシートに埋め込まれているグラフを表します。
FileGoogle ドライブ内のファイル。
GmailAttachmentGmail の添付ファイル。
HTTPResponseこのクラスを使用すると、HTTP レスポンスに関する特定の情報にアクセスできます。
HtmlOutputスクリプトから提供できる HtmlOutput オブジェクト。
Image画像を表す PageElement
InlineImage埋め込み画像を表す要素。
JdbcBlobJDBC Blob
JdbcClobJDBC Clob
PictureFillコンテナのサイズに引き伸ばされた画像をレンダリングする塗りつぶし。
PositionedImage固定位置画像を Paragraph に固定しました。
SpreadsheetGoogle スプレッドシート ファイルにアクセスして変更する。
StaticMap静的マップ画像の作成と装飾ができます。

Methods

方法戻り値の型概要
getAs(contentType)Blobこのオブジェクト内のデータを、指定されたコンテンツ タイプに変換した blob として返します。
getBlob()Blobこのオブジェクト内のデータを blob として返します。

詳細なドキュメント

getAs(contentType)

このオブジェクト内のデータを、指定されたコンテンツ タイプに変換した blob として返します。このメソッドは、ファイル名に適切な拡張子を追加します(例: &filet;myfile.pdf")。ただし、最後のピリオド(ある場合)に続くファイル名の部分は既存の拡張機能であり、置き換える必要があります。したがって、「ShoppingList.12.25.2014」は「ShoppingList.12.25.pdf&quot」になります。

1 日あたりのコンバージョンの割り当てを確認するには、Google サービスの割り当てをご覧ください。新しく作成された Google Workspace ドメインは、より厳密な割り当ての適用を一時的に受けることがあります。

パラメータ

名前説明
contentTypeString変換先の MIME タイプ。ほとんどの blob では、'application/pdf' が唯一の有効なオプションです。BMP、GIF、JPEG、PNG 形式の画像の場合、'image/bmp''image/gif''image/jpeg''image/png' のいずれかも有効です。

戻る

Blob - blob としてのデータ。


getBlob()

このオブジェクト内のデータを blob として返します。

戻る

Blob - blob としてのデータ。