レスポンシブ検索広告

レスポンシブ検索広告を使用すると、Google ネットワークで商品を宣伝できます。レスポンシブ検索広告の主な特長は次のとおりです。

  • 3 つ以上の広告見出しと 2 つ以上の説明文を設定して、広告に合わせて自動的にローテーションで表示されます。
  • 希望の広告見出しと説明が常に広告に表示されるように固定する。
  • 広告見出しと説明文のさまざまな組み合わせに関する掲載結果の統計情報を収集することで、その有効性を確認できます。自動的に連携する見出しと説明の組み合わせが自動的に優先されます。
  • カスタマイズされた URL を表示するには、path1path2 を使用します。これらは、ランディング ページ ドメインの末尾に追加され、表示される URL が決定されます。

Format

レスポンシブ検索広告では、配信時に 3 つの広告見出しと 2 つの説明文に加えて、ランディング ページ ドメインと、広告の path1 フィールドと path2 フィールドをどのように設定しているかに基づくカスタマイズ可能な URL が表示されます。

以下の画像は、本ガイドの後半で示すサンプルに基づいて、このような広告がどのように表示されるかを見ることのできるサンプルです。

広告見出しと説明文は、AdTextAsset というリソースの配列として表現されます。

レスポンシブ検索広告は、新しい概念の固定にも対応しています。システムによって広告見出しと 説明を組み合わせてマッチできるようにするのではなく、 より細かくコントロールしたい場合は、広告見出しと説明を特定の位置に固定できます。たとえば、特定の広告見出しを常に最初に表示する場合は、AssetLinkpinnedFieldHEADLINE_1 に設定します。その場合、広告が配信されると、 特定のテキストが最初の見出し位置に表示され、 その他の項目は、残りのアセットのプールから使用されます。1 つ以上のアセットが特定の位置に固定される場合、テキストは、その位置に固定されているすべてのアセットでローテーションされます。

参考情報

レスポンシブ検索広告について詳しくは、次のヘルプセンター記事をご覧ください。