Google Ads API で OAuth のクライアント ライブラリを設定する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

設定要件を満たしたら、Google Ads API 呼び出しを処理するためのクライアント ライブラリを設定します。各クライアント ライブラリの設定方法はそれぞれ異なりますので、ご使用のプログラミング言語について下記の説明をご覧ください。

OAuth2 認証情報を使用してクライアント ライブラリを設定する

設定を確認する

OAuth の設定が完了したら、クライアント ライブラリに用意されているいずれかのコードサンプルを使用して Google Ads API を呼び出します。GetCampaigns などの簡単な例を選択して設定を確認します。

問題が発生した場合は、Google Ads Doctor で OAuth2 認証情報を診断し、上記の手順をご確認ください。一般的な問題のデバッグのヒントについては、トラブルシューティング ガイドをご覧ください。