ユーザー アクセスの管理

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

顧客 ID に関連付けられたすべての CustomerUserAccess エンティティにクエリを実行する Google 広告クエリ言語ステートメントを作成すると、アカウントにアクセスできるユーザーのリストを取得できます。一般的なクエリは次のとおりです。

SELECT
  customer_user_access.user_id,
  customer_user_access.email_address,
  customer_user_access.access_role,
  customer_user_access.access_creation_date_time,
  customer_user_access.inviter_user_email_address
FROM customer_user_access

また、アカウントにアクセスできるユーザーを監査したり、ユーザーのアクセスレベルを変更したり、ユーザー アカウントを削除したりすることもできます。アカウントのアクセス権に関する詳細

以下に、ユーザーのアクセス権のロールを変更する方法を示すコード例を示します。この呼び出しは、上記のクエリを実行して正しいユーザー アクセスを指定していることを前提としています。

private void ModifyUserAccess(GoogleAdsClient client, long customerId, long userId,
    AccessRole accessRole)
{
    // Get the CustomerUserAccessService.
    CustomerUserAccessServiceClient userAccessService = client.GetService(
        Services.V12.CustomerUserAccessService);

    // Creates the modified user access.
    CustomerUserAccess userAccess = new CustomerUserAccess()
    {
        ResourceName = ResourceNames.CustomerUserAccess(customerId, userId),
        AccessRole = accessRole
    };

    // Creates the operation.
    CustomerUserAccessOperation operation = new CustomerUserAccessOperation()
    {
        Update = userAccess,
        UpdateMask = FieldMasks.AllSetFieldsOf(userAccess)
    };

    // Updates the user access.
    MutateCustomerUserAccessResponse response =
        userAccessService.MutateCustomerUserAccess(
            customerId.ToString(), operation);

    // Displays the result.
    Console.WriteLine($"Successfully modified customer user access with " +
        $"resource name '{response.Result.ResourceName}'.");
}