クラウドのカスタマイズ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

プラットフォームを選択: Android iOS JavaScript

Google Maps Platform では、クラウドベースの地図のスタイル機能を提供しています。この機能により、Google Cloud Console を使用した地図のスタイル設定、カスタマイズ、管理が容易になり、地図の全体的なユーザー エクスペリエンスが向上します。こうした機能を簡単に適用したり管理したりできるよう、クラウドベースの地図のスタイル設定では次のような新しいツールが Google Cloud Console に追加されました。

  • スタイルを簡単に作成できるスタイル エディタ。
  • マップ ID の作成と管理。
  • カスタムマップのスタイルの作成と管理。
  • スタイルを動的に更新するツール。

マップ ID をアプリに追加する

マップ ID は、特定の地図のスタイルまたは対象物に関連付けられた識別子です。Google Cloud Console で地図のスタイルを設定してマップ ID に関連付け、コード内でマップ ID を参照すると、関連するマップスタイルがアプリに表示されます。以降に行われるスタイルの更新が自動的にアプリに反映されるため、ユーザー自らが更新する必要がなくなります。

アプリケーション コードでマップ ID を使用して地図を作成する手順は次のとおりです。

  1. 埋め込み JSON コードを使用して地図をカスタマイズしている場合は、MapOptions オブジェクトから styles プロパティを削除します。それ以外の場合は、この手順は省略してください。

  2. mapId プロパティを使用して、マップ ID を地図に追加します。例は次のとおりです。

map = new google.maps.Map(document.getElementById('map'), {
center: {lat: -34.397, lng: 150.644},
zoom: 8,
mapId: 'MAP_ID'
});

マップ スタイル エディタを使用する

マップ スタイル エディタは、Google Cloud Console で利用できる GUI ベースのツールです。

Cloud ベースのマップのスタイル設定ツールの使用方法