使ってみる

Maps SDK for Android の一般的な機能を使って、作成を始めてみましょう。
アカウントの作成と API キーの生成を済ませ、作成を始めましょう。
Maps SDK for Android を読み込んで、マーカーを配置した地図をウェブアプリに追加する方法を確認しましょう。
道路、地勢、スポットなど、地図に含まれるほとんどすべての要素をカスタマイズできます。
Android デバイスの現在地を特定して、その場所や付近にある他のスポットの詳細情報を表示しましょう。

機能

Maps SDK for Android のコア機能のドキュメントを参照しましょう。
Android アプリに基本的な地図を追加します。
地図にマーカーを追加し、クリック イベントに反応させたり、色や画像をカスタマイズしたりすることができます。
マーカーをタップしたユーザーに追加の情報やコンテキストを伝える情報ウィンドウを表示します。
組み込みの UI コンポーネントや操作(ジェスチャー)の設定を行い、ユーザーによる操作の方法をカスタマイズします。
地図のクリック、マーカーのクリック、カメラの変更、オーバーレイ イベントなどのイベントをリッスンします。
地図上にポリゴン、ポリライン、円などを追加し、外観をカスタマイズします。
緯度と経度に紐付けられ、ドラッグ操作やズーム操作に連動して動く画像オーバーレイを追加します。
Maps SDK for Android を使ってウェアラブル アプリを作成します。
カメラの位置、ズームレベル、Bearing(水平方向の向き)などを制御します。
アプリから追加データやローカル画像を参照できるよう、Google の基本地図タイルの上に画像を投影します。

ユーティリティおよびヘルパー ライブラリ

Android 向けのオープンソースのユーティリティ ライブラリやヘルパー ライブラリを組み込みます。
Kotlin 拡張機能を導入すれば、簡潔でわかりやすい Kotlin コードを記述できます。
幅広く応用できるユーティリティで、アプリをさらに充実させましょう。
Maps SDK for Android と Places SDK に RxJava バインディングを導入しましょう。
Maps SDK for Android に Jetpack Compose を導入しましょう。

コードサンプル

Maps SDK for Android の使用法を実演するサンプルアプリ集です。
Maps SDK for Android のデモを、JavaScript と Kotlin の両方でインストールおよび実行できます。
Android アプリに Current Place Picker(現在地選択ツール)を追加する方法をはじめ、さまざまな実用例を学習できます。

ヘルプとサポート

誰かからサポートを受けたり、誰かをサポートしたり。コミュニティに参加しましょう。

誰かからサポートを受けたり、誰かをサポートしたり。皆でよりよいマップを構築していきましょう。

バグを報告するか、機能リクエストを開きます。

プラットフォームのインシデントとサービス停止についてご確認ください。

Google Maps Platform チームにお問い合わせください。