Bidding_strategy_simulation

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

入札戦略のシミュレーション。サポートされているシミュレーション タイプとシミュレーション変更方法の組み合わせは以下のとおりです。1. 目標コンバージョン単価 - ユニフォーム 2. 目標広告費用対効果 - 均一

コンバージョンにつながったリソース
bidding_strategy
お客様

上記のリソースのフィールドは、このリソースとともに SELECT 句と WHERE 句で選択できます。これらのフィールドは、SELECT 句の指標をセグメント化しません

Bidding_strategy_simulation.bidding_strategy_id

フィールドの説明出力のみ。シミュレーションの入札戦略共有セット ID。
カテゴリATTRIBUTE
Data TypeINT64
URL を入力N/A
フィルタ可能True
選択可能True
SortableTrue
繰り返しFalse

Bidding_strategy_simulation.end_date

フィールドの説明出力のみ。シミュレーションの基準となる最終日(YYYY-MM-DD 形式)
カテゴリATTRIBUTE
Data TypeDATE
URL を入力N/A
フィルタ可能True
選択可能True
SortableTrue
繰り返しFalse

Bidding_strategy_simulation.modification_method

フィールドの説明出力のみ。シミュレーションによってフィールドが変更される仕組み。
カテゴリATTRIBUTE
Data Type
URL を入力google.ads.googleads.v9.enums.SimulationModificationMethodEnum.SimulationModificationMethod
フィルタ可能True
選択可能True
SortableTrue
繰り返しFalse

Bidding_strategy_simulation.resource_name

フィールドの説明出力のみ。入札戦略シミュレーションのリソース名です。入札戦略シミュレーションのリソース名の形式は customers/{customer_id}/biddingStrategySimulations/{bidding_strategy_id}~{type}~{modification_method}~{start_date}~{end_date} です。
カテゴリATTRIBUTE
Data TypeRESOURCE_NAME
URL を入力N/A
フィルタ可能True
選択可能True
SortableFalse
繰り返しFalse

Bidding_strategy_simulation.start_date

フィールドの説明出力のみ。シミュレーションの起点となる、YYYY-MM-DD 形式の初日。
カテゴリATTRIBUTE
Data TypeDATE
URL を入力N/A
フィルタ可能True
選択可能True
SortableTrue
繰り返しFalse

Bidding_strategy_simulation.target_cpa_point_list.points

フィールドの説明一連の目標コンバージョン単価の予想指標です。
カテゴリATTRIBUTE
Data TypeMESSAGE
URL を入力google.ads.googleads.v9.common.TargetCpaSimulationPoint
フィルタ可能False
選択可能True
SortableFalse
繰り返しTrue

Bidding_strategy_simulation.target_roas_point_list.points

フィールドの説明一連の目標広告費用対効果の予想指標です。
カテゴリATTRIBUTE
Data TypeMESSAGE
URL を入力google.ads.googleads.v9.common.TargetRoasSimulationPoint
フィルタ可能False
選択可能True
SortableFalse
繰り返しTrue

bid_strategy_simulation.type

フィールドの説明出力のみ。シミュレーションで変更されたフィールド。
カテゴリATTRIBUTE
Data Type
URL を入力google.ads.googleads.v9.enums.SimulationTypeEnum.SimulationType
フィルタ可能True
選択可能True
SortableTrue
繰り返しFalse