お支払い

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Ads API を使用すると、お支払い情報の設定(初期設定、アカウント単位の予算管理、お客様の請求書の調整)まで、請求ワークフロー全体をプログラムで管理できます。

以下の各エンティティは、課金ライフサイクルの異なる機能部分をカプセル化しています。

お支払い情報の設定

お支払い情報の設定は、お支払いアカウントと特定の Google 広告アカウントの関連付けです。これにより、広告主様のアカウントの請求先を効果的に選択することができます。

BillingSetup リソースを使用して、アカウント全体の課金設定を取得して管理します。

アカウントの予算

アカウント予算は、開始時間、終了時間、費用の上限など、アカウント単位の予算プロパティを定義します。アカウントの予算への変更は、すべて個別のアカウント予算の提案を行って行います。審査と承認が完了すると、アカウントの予算が確定します。

AccountBudgetProposal リソースを使用して、新しい AccountBudgets を作成するか、既存のリソースを更新します。

請求書

請求書は、広告主様が有効にした場合に毎月発行されます。請求書には、調整、規制コスト、税金、アカウントの予算などの詳細が含まれており、PDF ファイルとしてダウンロードできます。Google 広告のマネージャーは通常、独自の請求書を自動的に調整します。

請求書データの Invoice リソースを取得します。