場所 ID

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
プラットフォームを選択: Android iOS JavaScript ウェブサービス

場所 ID は、Google プレイスのデータベースと Google マップで、プレイスを一意に識別します。場所 ID は、次の Maps API へのリクエストで承認されます。

  • Geocoding API ウェブサービス、ジオコーディング サービス、Maps JavaScript API で場所 ID の住所を取得する。
  • Directions API ウェブサービス、ルートサービス、Maps JavaScript API で出発地、目的地、中間地点を指定する。
  • Distance Matrix API ウェブサービス、Distance Matrix Service、Maps JavaScript API で出発地と目的地を指定する。
  • Places API ウェブサービス、Places SDK for Android、Places SDK for iOS、Places Library、JavaScript API で Place Details を取得する。
  • Maps Embed API で場所 ID パラメータを使用する。
  • マップの URL で検索クエリを取得する。
  • Roads API で制限速度を表示する。
  • データドリブン スタイル設定における境界ポリゴンの検索とスタイル設定

特定の場所 ID の取得

特定の場所 ID を検索する場合は、以下の場所 ID 検索ツールを使用して場所を検索し、ID を取得してください。

または、Maps JavaScript API のドキュメントにあるコードを使用して、場所 ID 検索ツールを表示することもできます。

概要

場所 ID は、場所を一意に識別するテキスト表記の ID です。識別子の長さはさまざまです(場所 ID の長さに上限はありません)。例は次のとおりです。

  • ChIJgUbEo8cfqokR5lP9_Wh_DaM
  • GhIJQWDl0CIeQUARxks3icF8U8A
  • EicxMyBNYXJrZXQgU3QsIFdpbG1pbmd0b24sIE5DIDI4NDAxLCBVU0EiGhIYChQKEgnRTo6ixx-qiRHo_bbmkCm7ZRAN
  • EicxMyBNYXJrZXQgU3QsIFdpbG1pbmd0b24sIE5DIDI4NDAxLCBVU0E
  • IhoSGAoUChIJ0U6OoscfqokR6P225pApu2UQDQ

場所 ID は、お店やサービス、名所、公園、交差点など、大部分の場所に利用できます。同じ場所や拠点に、複数の場所 ID が付与される場合もあります。場所 ID は今後変更される可能性があります。

Places API と複数の Google Maps Platform API で、同じ場所 ID を使用できます。たとえば、Places APIMaps JavaScript APIGeocoding APIMaps Embed APIRoads API で、同じ場所 ID を使用して場所を参照することができます。

場所 ID を使用して Place Details を取得

場所 ID は、Google Maps Platform 利用規約のセクション 3.2.3(b)で定められているキャッシュ制限の対象外となります。ある場所の場所 ID を確認したら、以降、その場所を検索するときにその値を再利用できます。詳しくは、下記の場所 ID を後で使えるように保存するをご覧ください。

一般的に場所 ID は、(Maps JavaScript API の Places APIプレイス ライブラリなどを利用して)場所を検索し、返された場所 ID で Place Details を取得するために使用されます。場所 ID を保存しておき、保存しておいた場所 ID を使用して後で同じ Place Details を取得することもできます。詳しくは、下記の場所 ID を保存するをご覧ください。

Maps JavaScript API のプレイス ライブラリの使用例

場所 ID を JavaScript アプリで使用するには、まず ID を取得します。ID は、Place Search や、Place Autocomplete サービスの getPlace() によって返される PlaceResult から取得できます。その場所 ID を使用して、Place Details を検索できます。

var map;

function initialize() {
  // Create a map centered in Pyrmont, Sydney (Australia).
  map = new google.maps.Map(document.getElementById('map'), {
    center: {lat: -33.8666, lng: 151.1958},
    zoom: 15
  });

  // Search for Google's office in Australia.
  var request = {
    location: map.getCenter(),
    radius: '500',
    query: 'Google Sydney'
  };

  var service = new google.maps.places.PlacesService(map);
  service.textSearch(request, callback);
}

// Checks that the PlacesServiceStatus is OK, and adds a marker
// using the place ID and location from the PlacesService.
function callback(results, status) {
  if (status == google.maps.places.PlacesServiceStatus.OK) {
    var marker = new google.maps.Marker({
      map: map,
      place: {
        placeId: results[0].place_id,
        location: results[0].geometry.location
      }
    });
  }
}

google.maps.event.addDomListener(window, 'load', initialize);

後で使用するための場所 ID の保存

場所 ID は、Google Maps Platform 利用規約のセクション 3.2.3(b)で定められているキャッシュ制限の対象外となります。後で使用するために場所 ID の値を格納できます。

保存済みの場所 ID を更新する

12 か月以上経過している場所 ID は、更新することをおすすめします。場所 ID は無料で更新できます。更新する場合は、fields パラメータの place_id フィールドのみを指定して Place Details リクエストを実行します。これにより、Places Details - ID 更新の SKU がトリガーされます。ただし、このリクエストは NOT_FOUND ステータス コードを返すこともあります。対策として、それぞれの場所 ID を返した元のリクエストを保存しておくことをおすすめします。場所 ID が無効になった場合は、リクエストを再発行して新しい結果を取得することができます。この検索結果には、元の場所が含まれているとは限りません。リクエストは課金対象です。

場所 ID 使用時のエラーコード

INVALID_REQUEST ステータス コードは、指定された場所 ID が無効であることを意味します。場所 ID が不完全、または変更され、正しくない場合は、INVALID_REQUEST が返されることがあります。

NOT_FOUND ステータス コードは、指定された場所 ID が古くなっていることを意味します。お店やサービスが閉業した場合や移転した場合、場所 ID が古くなることがあります。Google マップ データベースの大規模な更新によって、場所 ID が変更される可能性があります。そのような場合、場所には新しい場所 ID が付与され、古い ID は NOT_FOUND レスポンスを返します。

特に、場所 ID の種類によっては、NOT_FOUND レスポンスが返される場合があります。また、API によって、レスポンスで別の場所 ID が返される場合もあります。これに該当する場所 ID の種類は次のとおりです。

  • Google マップ上に正確な住所はないものの、住所の範囲から推定される番地。
  • リクエストで都市や地域区分も指定されている場合の長いルートの区間。
  • 交差点。
  • subpremise タイプの住所コンポーネントが含まれる場所。

ほとんどの場合、こうした場所の ID は長い文字列になります(場所 ID の長さに上限はありません)。例は次のとおりです。

EpID4LC14LC_4LCo4LCv4LGN4LCo4LCX4LCw4LGNIC0g4LC44LGI4LCm4LGN4LCs4LC-4LCm4LGNIOCwsOCxi-CwoeCxjeCwoeCxgSAmIOCwteCwv-CwqOCwr-CxjSDgsKjgsJfgsLDgsY0g4LCu4LGG4LCv4LC_4LCo4LGNIOCwsOCxi-CwoeCxjeCwoeCxgSwg4LC14LC_4LCo4LCv4LGNIOCwqOCwl-CwsOCxjSDgsJXgsL7gsLLgsKjgsYAsIOCwsuCwleCxjeCwt-CxjeCwruCwv-CwqOCwl-CwsOCxjSDgsJXgsL7gsLLgsKjgsYAsIOCwuOCwsOCxguCwsOCxjSDgsKjgsJfgsLDgsY0g4LC14LGG4LC44LGN4LCf4LGNLCDgsLjgsK_gsYDgsKbgsL7gsKzgsL7gsKbgsY0sIOCwueCxiOCwpuCwsOCwvuCwrOCwvuCwpuCxjSwg4LCk4LGG4LCy4LCC4LCX4LC-4LCjIDUwMDA1OSwg4LCt4LC-4LCw4LCk4LCm4LGH4LC24LCCImYiZAoUChIJ31l5uGWYyzsR9zY2qk9lDiASFAoSCd9ZebhlmMs7Efc2NqpPZQ4gGhQKEglDz61OZpjLOxHgDJCFY-o1qBoUChIJi37TW2-YyzsRr_uv50r7tdEiCg1MwFcKFS_dyy4