コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

マップ ID を使用する

マップ ID は、特定の地図のスタイルまたは対象物に関連付けられた識別子です。Google Cloud Console で地図のスタイルを設定してマップ ID に関連付け、コード内でマップ ID を参照すると、関連するマップスタイルがアプリに表示されます。以降に行われるスタイルの更新が自動的にアプリに反映されるため、ユーザー自らが更新する必要がなくなります。

マップ ID は、作成時にプロジェクトに関連付けられ、単一のプラットフォーム(Android、iOS、JavaScript)または Maps Static API に限定されます。

Cloud Console でマップ ID を作成または管理するには、プロジェクト所有者またはプロジェクト編集者の IAM の役割が必要です。

必要な権限

特定の Google Cloud プロジェクトでマップ ID または地図のスタイルを作成、管理するには、そのプロジェクトに対するオーナーまたは編集者の IAM ロールを保有している必要があります。

マップ ID を作成する

マップ ID は、Google マップの 1 つのインスタンスを表す一意の識別子です。マップ ID の作成と、マップ ID に関連付けられたスタイルの更新は、Cloud Console でいつでも行えます。

マップ ID は次の手順で作成します。

  1. Cloud Console で、[マップ管理] ページに移動します。
  2. [新しいマップ ID を作成] を選択して、[新しいマップ ID を作成] フォームを表示します。
    新しいマップ ID の作成

    フォーム内で次の操作を行います。

    • 地図の名前を指定します。
    • 地図の種類またはプラットフォームを指定します。
    • JavaScript マップの場合は、ラスターマップまたはベクターマップを選択します。
    • 地図の説明文を入力します。
    • [次へ] を選択して、新しいマップ ID を表示します。

マップ ID を地図のスタイルに関連付ける

以下の手順は、プロジェクトに既存の地図のスタイルが少なくとも 1 つあることを前提としています。

  1. Cloud Console で、[マップ管理] ページに移動します。
  2. このページの [地図の名前] 列から既存のマップ ID を選択します。
  3. このフォームの下部の [このマップ ID に関連付けられた地図のスタイル] プルダウンから地図のスタイルを選択します。
  4. [保存] を選択します。
    地図のスタイルをこのマップ ID に関連付けるためのプルダウン フィールドなど、1 つのマップ ID の詳細ページを示すスクリーンショット。

マップ ID をアプリに追加する

Android

地図 ID を追加するには、アクティビティのレイアウト ファイルの <fragment> 要素を使用するか、MapView クラスを使用するか、プログラムで GoogleMapOptions クラスを使用します。

たとえば、map_id という名前の文字列値として res/values/strings.xml に保存されているマップ ID を作成したとします。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
<string name="map_id">YOUR_MAP_ID</string>
</resources>

アクティビティのレイアウト ファイルで <fragment> 要素を使って追加した地図の場合、カスタム スタイルを持つすべての地図フラグメントで、map:mapId 属性にマップ ID を指定する必要があります。

<fragment xmlns:map="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    class="com.google.android.gms.maps.SupportMapFragment"
    …
    map:mapId="@string/map_id" />

MapView クラスの map:mapId 属性を使ってマップ ID を指定することもできます。

<com.google.android.gms.maps.MapView
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    ....
    map:mapId="@string/map_id" />

マップ ID をプログラムで指定するには、GoogleMapOptions クラスを使って MapFragment インスタンスに渡します。

Java

 MapFragment mapFragment = MapFragment.newInstance(
     new GoogleMapOptions()
         .mapId(getResources().getString(R.string.map_id)));

Kotlin

 val mapFragment = MapFragment.newInstance(
     GoogleMapOptions()
         .mapId(resources.getString(R.string.map_id))
 )

Android Studio で、通常どおりにアプリをビルドして実行します。最初の手順で設定したカスタム スタイルは、ID を持つすべての地図に適用されます。

iOS

マップ ID を使用して地図をインスタンス化するには、次の手順を行います。

  1. Cloud Console のマップ ID 文字列を使用して GMSMapID を作成します。
  2. 作成したマップ ID を指定して GMSMapView を作成します。

Swift

let camera = GMSCameraPosition(latitude: 47.0169, longitude: -122.336471, zoom: 12)
let mapID = GMSMapID(identifier: "<YOUR MAP ID>")
let mapView = GMSMapView(frame: .zero, mapID: mapID, camera: camera)
self.view = mapView

Objective-C

GMSCameraPosition *camera = [GMSCameraPosition cameraWithLatitude:47.0169
                                                        longitude:-122.336471
                                                             zoom:12];
GMSMapID *mapID = [GMSMapID mapIDWithIdentifier:@"<YOUR MAP ID>"];
GMSMapView *mapView = [GMSMapView mapWithFrame:CGRectZero mapID:mapID camera:camera];
self.view = mapView;

独自のマップ ID を使用している場合は、Cloud Console でいつでも地図 ID に新しいスタイルを設定できます。このスタイルは、約 6 時間以内に自動的に地図ビューに反映されます。

変更をすぐに確認するには、アプリを閉じてから再起動します。そのためには、アプリを終了し、最近使用したアプリリストからアプリを強制終了して、もう一度開きます。更新された地図が表示されます。

JavaScript

アプリケーション コードでマップ ID を使用して地図を作成する手順は次のとおりです。

  1. 埋め込み JSON コードを使用して地図をカスタマイズしている場合は、MapOptions オブジェクトから styles プロパティを削除します。それ以外の場合は、この手順は省略してください。

  2. mapId プロパティを使用して、マップ ID を地図に追加します。例:

map = new google.maps.Map(document.getElementById('map'), {
center: {lat: -34.397, lng: 150.644},
zoom: 8,
mapId: 'MAP_ID'
});

Maps Static

Google のウェブサービス API のいずれかを使用する新規または既存の地図にマップ ID を追加するには、map_id URL パラメータを追加し、地図 ID に設定します。この例では、Maps Static API を使って地図 ID を地図に追加しています。

<img src="https://maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=Brooklyn+Bridge,New+York,NY&zoom=13&size=600x300&maptype=roadmap&markers=color:blue%7Clabel:S%7C40.702147,-74.015794&markers=color:green%7Clabel:G%7C40.711614,-74.012318&markers=color:red%7Clabel:C%7C40.718217,-73.998284&key=YOUR_API_KEY&map_id=YOUR_MAP_ID&signature=YOUR_SIGNATURE" />

米国ニューヨーク州ニューヨーク市のブルックリン橋を中心とした地図。右下に地図のコントロールがある。この地図では、道路、水域、陸地のカスタムスタイルが表示されます。

マップ ID を追加する前にマップの静的 URL にデジタル署名がある場合は、マップ ID を追加した後に新しいデジタル署名を作成して追加する必要があります。新しい URL 署名シークレットを生成するときは、必ず以前のデジタル署名を URL から削除してください。

マップ ID 使用時の機能

クラウドベースの地図のスタイル設定: Google Cloud Console を使用して地図のスタイル設定、カスタマイズ、管理を行います。
すべてのプラットフォーム(Android、JavaScript、iOS、Maps Static API)で利用可能

ベクター地図: ベクターベースのタイルで構成されたマップ。WebGL を使用してクライアント側で読み込み時に描画されます。
JavaScript で利用可能