Marker

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Marker クラス

google.maps.Marker クラス

このクラスは MVCObject を拡張します。

Marker
Marker([opts])
パラメータ:
  • optsMarkerOptions optional 名前付き引数(省略可)
指定されたオプションを使用してマーカーを作成します。地図を指定すると、作成時にマーカーが地図に追加されます。マーカーを表示するには、位置を設定する必要があります。
getAnimation
getAnimation()
パラメータ: なし
戻り値: Animation|null|undefined
現在実行中のアニメーションを取得します。
getClickable
getClickable()
パラメータ: なし
戻り値: boolean マーカーがクリック可能な場合、「true」に設定されます。
Marker のクリック可能ステータスを取得します。
getCursor
getCursor()
パラメータ: なし
戻り値: string|null|undefined
カーソルを合わせたときに表示されるマウスカーソルの種類を取得します。
getDraggable
getDraggable()
パラメータ: なし
戻り値: boolean マーカーがドラッグ可能である場合は true。
Marker のドラッグ可能なステータスを取得します。
getIcon
getIcon()
パラメータ: なし
戻り値: string|Icon|null|Symbol|undefined
Marker のアイコンを取得します。MarkerOptions.iconをご確認ください。
getLabel
getLabel()
パラメータ: なし
戻り値: MarkerLabel|null|string|undefined
Marker のラベルを取得します。MarkerOptions.labelをご確認ください。
getMap
getMap()
パラメータ: なし
Marker がレンダリングされる地図またはパナロマ。
getOpacity
getOpacity()
パラメータ: なし
戻り値: number|null|undefined 0.0 ~ 1.0 の数値。
Marker の不透明度を取得します。
getPosition
getPosition()
パラメータ: なし
戻り値: LatLng|null|undefined
Marker の位置を取得します。
getShape
getShape()
パラメータ: なし
戻り値: MarkerShape|null|undefined
操作に使用する Marker の形状を取得します。MarkerOptions.shapeMarkerShape をご覧ください。
getTitle
getTitle()
パラメータ: なし
戻り値: string|null|undefined
Marker ツールチップのタイトルを取得します。MarkerOptions.titleをご確認ください。
getVisible
getVisible()
パラメータ: なし
戻り値: boolean マーカーが表示される場合には true。
Marker の可視性を取得します。
getZIndex
getZIndex()
パラメータ: なし
戻り値: number|null|undefined マーカーの zIndex。
Marker の zIndex を取得します。MarkerOptions.zIndexをご確認ください。
setAnimation
setAnimation([animation])
パラメータ:
  • animation: Animation optional 再生するアニメーション。
戻り値: なし
アニメーションを開始します。実行中のアニメーションはキャンセルされます。現在サポートされているアニメーションは、Animation.BOUNCEAnimation.DROP です。null を渡すと、アニメーションが停止します。
setClickable
setClickable(flag)
パラメータ:
  • flag: boolean true の場合、マーカーをクリックできます。
戻り値: なし
Marker がクリック可能かどうかを設定します。
setCursor
setCursor([cursor])
パラメータ:
  • cursorstring optional マウスカーソルの種類。
戻り値: なし
マウスオーバーに表示されるマウスカーソルの種類を設定します。
setDraggable
setDraggable(flag)
パラメータ:
  • flagboolean optional true の場合、マーカーをドラッグできます。
戻り値: なし
Marker がドラッグ可能かどうかを設定します。
setIcon
setIcon([icon])
パラメータ:
戻り値: なし
Marker のアイコンを設定します。MarkerOptions.iconをご確認ください。
setLabel
setLabel([label])
パラメータ:
  • label: string|MarkerLabel optionalラベルは文字列または MarkerLabel オブジェクトのいずれかです。
戻り値: なし
Marker のラベルを設定します。MarkerOptions.labelをご確認ください。
setMap
setMap(map)
パラメータ:
戻り値: なし
Marker を指定された地図またはパノラマにレンダリングします。地図が null に設定されている場合、マーカーは削除されます。
setOpacity
setOpacity([opacity])
パラメータ:
  • opacitynumber optional 透明(0.0)~不透明(1.0)の数値。
戻り値: なし
Marker の不透明度を設定します。
setOptions
setOptions(options)
パラメータ:
戻り値: なし
Marker のオプションを設定します。
setPosition
setPosition([latlng])
パラメータ:
戻り値: なし
Marker の形式を設定します。
setShape
setShape([shape])
パラメータ:
戻り値: なし
操作に使用する Marker の形状を設定します。MarkerOptions.shapeMarkerShape をご覧ください。
setTitle
setTitle([title])
パラメータ:
  • title: string optional
戻り値: なし
Marker ツールチップのタイトルを設定します。MarkerOptions.titleをご確認ください。
setVisible
setVisible(visible)
パラメータ:
  • visible: boolean true の場合、マーカーが表示されます。
戻り値: なし
Marker を表示するかどうかを設定します。
setZIndex
setZIndex([zIndex])
パラメータ:
  • zIndexnumber optional
戻り値: なし
Marker の zIndex を設定します。MarkerOptions.zIndexをご確認ください。
継承: addListenerbindTogetnotifysetsetValuesunbindunbindAll
MAX_ZINDEX API がマーカーに割り当てるデフォルトの Z-Index の最大値。Z インデックスを高い値にするほど、マーカーが前に表示されます。
animation_changed
function()
引数: なし
このイベントは、Marker アニメーション プロパティが変更されると発生します。
click
function(event)
引数:
このイベントは、Marker アイコンをクリックすると呼び出されます。
clickable_changed
function()
引数: なし
このイベントは、クリック可能な Marker プロパティが変更されたときに発生します。
contextmenu
function(event)
引数:
このイベントは、Marker で DOM コンテキスト メニュー イベントが発生すると発生します。
cursor_changed
function()
引数: なし
このイベントは、Marker カーソル プロパティが変更されると発生します。
dblclick
function(event)
引数:
このイベントは、Marker アイコンがダブルクリックされると発生します。
drag
function(event)
引数:
このイベントは、ユーザーが Marker をドラッグしている間に繰り返し発生します。
dragend
function(event)
引数:
このイベントは、ユーザーが Marker のドラッグを停止したときに発生します。
draggable_changed
function()
引数: なし
このイベントは、Marker のドラッグ可能なプロパティが変更されると発生します。
dragstart
function(event)
引数:
このイベントは、ユーザーが Marker のドラッグを開始すると発生します。
flat_changed
function()
引数: なし
このイベントは、Marker フラット プロパティが変更されたときに発生します。
icon_changed
function()
引数: なし
このイベントは、Marker アイコンのプロパティが変更されると発生します。
mousedown
function(event)
引数:
このイベントは、Marker でマウスダウンすると発生します。
mouseout
function(event)
引数:
このイベントは、マウスが Marker アイコンの領域から出ると発生します。
mouseover
function(event)
引数:
このイベントは、マウスが Marker アイコンの領域に入ると発生します。
mouseup
function(event)
引数:
このイベントは、Marker でマウスアップが行われると発生します。
position_changed
function()
引数: なし
このイベントは、Marker 位置プロパティが変更されると発生します。
shape_changed
function()
引数: なし
このイベントは、Marker シェイプ プロパティが変更されると発生します。
title_changed
function()
引数: なし
このイベントは、Marker タイトル プロパティが変更されると発生します。
visible_changed
function()
引数: なし
このイベントは、表示されるプロパティ Marker が変更されると発生します。
zindex_changed
function()
引数: なし
このイベントは、Marker zIndex プロパティが変更されると発生します。
rightclick
function(event)
引数:
このイベントは、Marker 上で右クリックすると呼び出されます。

MarkerOptions インターフェース

google.maps.MarkerOptions インターフェース

マーカーに設定できるプロパティを定義するために使用される MarkerOptions オブジェクト。

anchorPoint optional
タイプ: Point optional
マーカーの位置から、マーカーをアンカーとして開いた InfoWindow の先端までのオフセット。
animation optional
タイプ: Animation optional
デフォルト: null
マーカーが地図に追加されたときに再生するアニメーション。
clickable optional
タイプ: boolean optional
デフォルト: true
true の場合、マーカーはマウスイベントやタッチイベントを受け付けます。
BetacollisionBehavior optional
タイプ: string|CollisionBehavior optional
デフォルト: null
ベクター地図上のマーカーに競合動作を設定する。
crossOnDrag optional
タイプ: boolean optional
デフォルト: true
false の場合、ドラッグの際にマーカーの下に表示される十字形が無効になります。
cursor optional
タイプ: string optional
デフォルト: pointer
マウスオーバー時に表示されるマウスカーソルの種類。
draggable optional
タイプ: boolean optional
デフォルト: false
true の場合、マーカーをドラッグできます。
icon optional
タイプ: string|Icon|Symbol optional
フォアグラウンドのアイコン。文字列を指定すると、Icon であるかのように扱われ、文字列は url として扱われます。
label optional
タイプ: string|MarkerLabel optional
デフォルト: null
マーカーにラベルを追加します。マーカーラベルは、マーカー内に表示される文字または数値です。ラベルは、文字列または MarkerLabel オブジェクトのいずれかです。MarkerOptions.title が指定されていない場合、ユーザー補助テキスト(スクリーン リーダーで使用する場合など)が、指定されたラベルのテキストを含むマーカーに追加されます。現在、label は、最適化されていないマーカーのユーザー補助テキストにのみ使用されます。
map optional
タイプ: Map|StreetViewPanorama optional
マーカーを表示する地図マーカーの表示には地図が必要です。マーカーの作成時に地図を指定しない場合、地図に Marker.setMap を指定できます。
opacity optional
タイプ: number optional
デフォルト: 1.0
0.0(透明)から 1.0(不透明)までの数値。
optimized optional
タイプ: boolean optional
最適化すると、多数のマーカーが単一の静的要素としてレンダリングされ、パフォーマンスが向上します。最適化は、多くのマーカーが必要な場合に便利です。詳しくは、マーカーの最適化をご覧ください。
position optional
タイプ: LatLng|LatLngLiteral optional
マーカーの位置を設定します。マーカーは、ユーザーの操作や選択などによって、位置が示されるまで表示される場合がありますが、表示されることはありません。マーカーの構築時にマーカー位置を指定しない場合、Marker.setPosition でマーカーの位置を指定できます。
shape optional
タイプ: MarkerShape optional
ドラッグ/クリック用の画像マップの領域定義。
title optional
タイプ: string optional
デフォルト: undefined
ロールオーバー テキスト。指定されている場合、ユーザー補助テキスト(スクリーン リーダーで使用する場合など)が、指定された値とともにマーカーに追加されます。現在、title は、最適化されていないマーカーのユーザー補助テキストにのみ使用されます。
visible optional
タイプ: boolean optional
デフォルト: true
true の場合、マーカーが表示されます。
zIndex optional
タイプ: number optional
すべてのマーカーが zIndex 順で地図上に表示され、値の高いマーカーよりも低い値がマーカーとして表示されます。デフォルトでは、マーカーは画面の垂直方向の位置に従って表示され、画面で低い位置にあるマーカーが高い位置にあるマーカーより前に表示されます。

CollisionBehavior 定数

google.maps.CollisionBehavior 定数

OPTIONAL_AND_HIDES_LOWER_PRIORITY 他のマーカーと重ならない場合にのみマーカーを表示します。このタイプのマーカーが 2 つ重なると、より高い zIndex のマーカーが表示されます。ZIndex が同じ場合、垂直画面位置がより低い方の ZIndex が表示されます。
REQUIRED マーカーは、衝突の有無にかかわらず常に表示されます。これがデフォルト設定です。
REQUIRED_AND_HIDES_OPTIONAL 競合とは無関係に、常にマーカーを表示し、マーカーと重なる任意の OPTION_AND_HIDES_LOWER_PRIORITY のマーカーやラベルを非表示にします。

アイコン インターフェース

google.maps.Icon インターフェース

マーカーのアイコン画像を表す構造。

url
タイプ: string
画像またはスプライト シートの URL。
anchor optional
タイプ: Point optional
地図上のマーカーの位置に対応して画像を固定する位置。デフォルトでは、アンカーは画像の下辺中央に設定されています。
labelOrigin optional
タイプ: Point optional
ラベルのマーカーから提供された、アイコン画像の左上隅を基準としたラベルの原点。デフォルトでは、原点は画像の中心点に配置されます。
origin optional
タイプ: Point optional
スプライト内の画像の位置(ある場合)。デフォルトでは、原点は画像 (0, 0) の左上にあります。
scaledSize optional
タイプ: Size optional
拡大後の画像全体のサイズ(ある場合)。このプロパティを使用して画像またはスプライトを伸縮します。
size optional
タイプ: Size optional
スプライトまたは画像の表示サイズ。スプライトを使用する場合、スプライトのサイズを指定する必要があります。サイズを指定しない場合、画像を読み込むときに設定されます。

MarkerLabel インターフェース

google.maps.MarkerLabel インターフェース

マーカーのラベルの表示形式を指定します。マーカーラベルは、マーカー内に表示される文字列(多くの場合 1 文字)です。これをカスタム マーカーで使用する場合は、Icon クラスの labelOrigin プロパティで位置を変更できます。

text
タイプ: string
ラベルに表示されるテキスト。
className optional
タイプ: string optional
デフォルト: ''(空の文字列)
ラベルの要素の className プロパティ(要素の class 属性と同じです)。スペースで区切られた複数の CSS クラスを追加できます。フォントの色、サイズ、太さ、ファミリーは、MarkerLabel の他のプロパティでのみ設定できます。マーカーの競合の管理も使用している場合は、CSS クラスを使用してラベルの位置や向きを変更しないでください(例: 変換および回転を使用)。
color optional
タイプ: string optional
デフォルト: 'black'
ラベルテキストの色。
fontFamily optional
タイプ: string optional
ラベルテキストのフォント ファミリー(CSS font-family プロパティに相当)。
fontSize optional
タイプ: string optional
デフォルト: '14px'
ラベルテキストのフォントサイズ(CSS の font-size プロパティと同等)。
fontWeight optional
タイプ: string optional
ラベルテキストのフォントの太さ(CSS の font-weight プロパティと同等)。

MarkerShape インターフェース

google.maps.MarkerShape インターフェース

このオブジェクトでは、マーカー画像のクリック可能な領域を定義します。この形状は、typecoord という 2 つのプロパティで構成され、画像の不透明な領域を定義します。

coords
タイプ: Array<number>
この属性の形式は、type の値に依存し、http://www.w3.org/TR/REC-html40/struct/objects.html#adef-coords にある w3 AREA coords 仕様に従います。
coords 属性は、ターゲット画像の左上隅を基準とした図形のピクセル位置を指定する整数の配列です。座標は、次のように type の値に依存します。
- circle: coord は [x1,y1,r] で、x1,y2 は円の中心の座標、r は円の半径です。
- poly: coord は [x1,y1,x2,y2...xn,yn] で、x,y ペアにはポリゴンの 1 つの頂点の座標が含まれます。
- rect: 座標は [x1,y1,x2,y2] です。x1、y1 は長方形の左上隅の座標、x2,y2 は長方形の右下座標です。
type
タイプ: string
図形のタイプを記述します。circlepolyrect のいずれかを指定できます。

Symbol インターフェース

google.maps.Symbol インターフェース

記号を記述します。これは、スタイルを含むベクターパスで構成されます。シンボルは、マーカーのアイコンとして使用したり、ポリライン上に配置したりできます。

path
タイプ: SymbolPath|string
シンボルのパス(組み込みのシンボルパス)、または SVG のパス表記を使用したカスタムパス。必須。
anchor optional
タイプ: Point optional
デフォルト: google.maps.Point(0,0)
シンボルの位置は、マーカーやポリラインからの相対位置で指定できます。記号のパスの座標は、アンカーの x 座標と y 座標からそれぞれ左方向と上方向に変換されます。この位置は、シンボルのパスと同じ座標系で表現されます。
fillColor optional
タイプ: string optional
シンボルの塗りつぶしの色。名前付き拡張色を除くすべての CSS3 色に対応します。シンボル マーカーの場合、デフォルトは「black」です。ポリライン上のシンボルの場合、これはデフォルトで対応するポリラインのストロークの色になります。
fillOpacity optional
タイプ: number optional
デフォルト: 0
シンボルの塗りつぶしの不透明度。
labelOrigin optional
タイプ: Point optional
デフォルト: google.maps.Point(0,0)
パスの原点を基準としてラベルの原点(マーカーによってラベルが指定されている場合)。原点は、シンボルのパスと同じ座標系で表現されます。このプロパティはポリラインのシンボルには使用されません。
rotation optional
タイプ: number optional
デフォルト: 0
記号を回転させる角度です。時計回りの度数で表します。fixedRotationfalseIconSequence 内のシンボルは、そのシンボルの下にあるエッジの角度に対して回転されます。
scale optional
タイプ: number optional
シンボルのサイズが拡大 / 縮小します。シンボル マーカーの場合、デフォルトは 1 です。拡大後は、シンボルのサイズに制限はありません。ポリライン上のシンボルの場合、これはデフォルトでポリラインのストロークの太さになります。スケーリング後に、シンボルはシンボルのアンカーを中心とするサイズ 22 ピクセルの正方形内に収まっている必要があります。
strokeColor optional
タイプ: string optional
シンボルのストロークの色。名前付き拡張色を除くすべての CSS3 色に対応します。シンボル マーカーの場合、デフォルトは「black」です。ポリライン上のシンボルの場合、これはデフォルトでポリラインのストロークの色になります。
strokeOpacity optional
タイプ: number optional
シンボルのストロークの不透明度。シンボル マーカーのデフォルトは 1 です。ポリライン上のシンボルの場合、これはデフォルトでポリラインのストロークの不透明度になります。
strokeWeight optional
タイプ: number optional
デフォルト: 記号の Symbol.scale
シンボルのストロークの太さ。

SymbolPath 定数

google.maps.SymbolPath 定数

組み込みシンボルパス。

BACKWARD_CLOSED_ARROW 後方を指す閉じ矢印。
BACKWARD_OPEN_ARROW 後方を指す開いた矢印。
CIRCLE 円。
FORWARD_CLOSED_ARROW 前方を指す閉じ矢印。
FORWARD_OPEN_ARROW 前向きの開いている矢印。

アニメーション定数

google.maps.Animation 定数

マーカー上で再生できるアニメーション。アニメーションを再生するには、マーカーで Marker.setAnimation メソッドを使用するか、MarkerOptions.animation オプションを使用します。

BOUNCE Marker.setAnimationnull で呼び出して、アニメーションが停止するまでマーカーがバウンスします。
DROP マーカーは、地図の上端から最終的な位置にドロップされます。マーカーが止まるとアニメーションが終了し、Marker.getAnimationnull を返します。このタイプのアニメーションは、通常マーカーの作成時に指定します。