概要

Maps SDK for Android を使うと、Google マップでのデータに基づくマップを自分のアプリケーションに追加できます。この API では、Google マップサーバーへのアクセス、データのダウンロード、マップの表示、マップ操作へのレスポンスが自動的に処理されます。API 呼び出しを使用して、基本マップにマーカー、ポリゴン、オーバーレイを追加したり、特定のマップ領域のユーザーのビューを変更することもできます。ユーザーはこれらのオブジェクトを使って場所の追加情報を取得し、マップの機能を使いこなすことが可能です。この API では、マップに次のグラフィックを追加できます。

  • マップ上の特定の位置に固定されているアイコン(マーカー)。
  • 線セグメントのセット(ポリライン)
  • 閉じたセグメント(ポリゴン)
  • マップ上の特定の位置に固定されているビットマップ グラフィック(地面オーバーレイ)。
  • ベースマップ タイルの上に表示される画像のセット(タイル オーバーレイ)。

対象読者

このドキュメントは、Android 開発やオブジェクト指向プログラミングの知識があるユーザーを対象としています。また、ユーザーから見た Google マップについてもよく理解している必要があります。

このドキュメントでは概念を説明しており、読者が短期間で Maps SDK for Android について学び、この API を使用してアプリケーションの開発を始めることができるようにすることを目的としています。クラスやメソッドの具体的な詳細に関するリファレンス ドキュメントもあわせてご覧ください。

ユーザー補助

Maps SDK for Android には、ユーザー補助向けの組み込みサポートが含まれています。 このセクションでは、この API を使用するすべてのアプリケーションで自動的に有効になる、ユーザー補助機能の概要を示します。

ユーザーがモバイル デバイスで TalkBack のユーザー補助機能を有効にすると、画面を横に 1 回スワイプするごとに、フォーカスが今の UI 要素から次の UI 要素に移動します(1 回のスワイプの代わりとなる操作は、インターフェースを指でドラッグして UI 要素を探すことです)。UI 要素がフォーカスされると、TalkBack がその要素の名前を読み上げます。ユーザーが画面上の任意の場所をダブルタップすると、フォーカスされているアクションが実行されます。

Android アプリのユーザー補助の強化については、Android ユーザー補助に関するドキュメントをご覧ください。特に、マップの内容を説明する通知を追加すると役立ちます。通知のテキストを指定するには、ビューで setContentDescription() を呼び出します。