Maps JavaScript API の使用量と請求額

従量課金制の価格設定

Maps JavaScript API は従量課金制の料金モデルを採用しています。

従量課金制モデルでの使用量と請求額の仕組み

  • Google Maps Platform API は、SKU 単位で課金されます。
  • 使用量の追跡はサービスの SKU 単位で行われますが、API にはサービスの SKU が複数含まれているものもあります。
  • 使用料金は、SKU 使用量に使用 1 回あたりの料金を掛けて算出されます。
  • Google Maps Platform でクレジット対象の SKU をご利用の場合は、請求先アカウントごとに毎月 200 ドル分のクレジットがそれらの SKU に自動的に適用されます。

詳しくは、Google Maps Platform の課金についての記事Google Maps Platform のレポートについての記事をご覧ください。

Maps JavaScript API の料金

従量課金制の料金モデルでは、JavaScript の地図の読み込みパノラマが別々に課金されます(詳しくは、マップ、ルート、プレイスの料金の Dynamic Maps と Dynamic Street View の部分をご覧ください)。

SKU: Dynamic Maps

マップ ID の有無にかかわらず、Maps SDK for Android を使用して読み込まれた地図を表示するアプリ。

月間使用量
(地図の読み込みあたりの価格)
0~100,000 100,001~500,000 500,001 以上
0.007 米ドル
(1,000 回あたり 7.00 米ドル)
0.0056 米ドル
(1,000 回あたり 5.60 米ドル)
使用量に応じた料金をお問い合わせください

地図のパン、ズーム、地図レイヤの切り替えなど、ユーザーが地図上で行った操作では追加の地図の読み込みは発生しません。

SKU: Dynamic Street View

ストリートビュー パノラマと地図の読み込みは個別に請求されるようになりました。動的ストリートビュー パノラマは、Maps JavaScript APIMaps SDK for Android、または Maps SDK for iOS のアプリでパノラマ オブジェクトをインスタンス化するたびに課金されます。

月間使用量
(1 パノラマあたりの価格)
0~100,000 100,001~500,000 500,001 以上
0.014 米ドル
(1,000 回あたり 14.00 米ドル)
0.0112 米ドル
(1,000 回あたり 11.20 米ドル)
使用量に応じた料金をお問い合わせください

パノラマ オブジェクトのインスタンス化は、次の場合に発生します。

JavaScript サービスの料金

JavaScript サービスの料金は別途請求されます。詳細については、サービスの使用量と料金のページをご覧ください。

その他の使用量上限

1 日あたりのリクエスト数(QPD)の上限は撤廃されましたが、Maps JavaScript API には、以下の使用量上限が引き続き適用されます。

  • 1 分あたり 30,000 回のリクエスト(QPM)。
  • IP アドレスごとに 1 分あたり 300 回のリクエスト(QPM)。Google Cloud Console では、この割り当ては「ユーザーごとの 1 分あたりの地図の読み込み回数」と呼ばれます。

利用規約による制限

使用条件の詳細については、Google Maps Platform 利用規約のライセンス制限に関するセクションをご覧ください。

使用料金を管理する

Google Maps Platform API の使用料金を管理するには、課金対象の API へのすべてのリクエストで 1 日あたりの割り当て上限を設定します。

Maps JavaScript API の割り当て上限を表示または変更する手順は次のとおりです。

  1. Cloud Console で、[Google Maps Platform の割り当て] ページを開きます。
  2. [API] プルダウンをクリックし、[Maps JavaScript API] を選択します。
  3. [リクエスト] カードまでスクロールして、割り当て上限を表示します。
    割り当て名と上限の一覧の表が表示されます。
  4. 割り当て上限を変更するには、その制限の編集アイコンをクリックします。
    表示されたダイアログの [割り当て上限] フィールドに、1 日の課金対象の割り当て上限(Google により指定されている場合、その割り当て上限以下)を入力して、[保存] をクリックします。

API の使用が課金対象の割り当て上限に達した日は、その日が終わるまでアプリケーションは API にアクセスできなくなります。