概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Python クライアント ライブラリは GitHub でホストされており、パッケージは PyPI で入手できます。

クライアント ライブラリのバージョン 10.0.0 では、ライブラリ バージョン 10.0.0 に記載されているインターフェースの変更が多数導入されています。

要件

このライブラリには Python 3.7 以降が必要です。Python 2 との互換性は、ライブラリのバージョン 4.0.0 でサポートが終了しています。詳細については、こちらのブログ投稿をご覧ください。

Prerequisites

ライブラリをインストールする前に、開発者トークンとクライアントお客様 ID が必要です。その取得方法については、前提条件のセクションで概説しています。その他の必要な OAuth2 トークンは、後のステップで生成します。

インストール

インストールに関するドキュメントの手順に沿って、PyPi からライブラリをインストールし、このページに戻ります。

構成

ライブラリをインストールしたら、そのライブラリの構成を設定する必要があります。ライブラリを構成する方法はいくつかあります。詳しくは、設定のドキュメントをご覧ください。

認証

構成タイプを選択したら、API にリクエストを行うために必要な残りの OAuth2 トークンを生成できます。サポートされている OAuth2 のフローは複数あります。詳しくは次のリストをご覧ください。フローの違いや、アプリケーションに最適なフローの決定方法については、OAuth のドキュメントをご覧ください。

API リクエストを行う

OAuth2 トークンを構成に組み込んだら、API リクエストを行う準備が整います。API リクエストを行うようにライブラリが適切に設定されているかどうかをテストする簡単な方法については、キャンペーンの取得の例をご覧ください。

参考情報

API リクエストを発行できるようになったら、クライアント ライブラリの次の用途に進みます。