OAuth サービス アカウント フロー

このガイドでは、サービス アカウントで独自の認証情報を使用して API アクセス用に OAuth2 を設定する方法を説明します。この手順は、OAuth2 認証情報を取り消したり削除したりしない限り、1 回だけ行う必要があります。

ステップ 1 - OAuth2 認証情報を作成する

リンク先の手順に沿ってサービス アカウント ID と *.JSON ファイルを生成し、このページに戻ります。

ステップ 2 - 秘密鍵の JSON と権限を借用したメールを設定する

構成で、秘密鍵の JSON ファイルのパスとなりすましメールを設定します。google-ads.yaml ファイル、YAML 文字列、または dict を使用している場合は、次の行を追加します。

json_key_file_path: JSON_KEY_FILE_PATH
impersonated_email: IMPERSONATED_EMAIL

環境変数を使用する場合は、bash 構成または環境に次の行を追加します。

export GOOGLE_ADS_JSON_KEY_FILE_PATH=JSON_KEY_FILE_PATH
export GOOGLE_ADS_IMPERSONATED_EMAIL=IMPERSONATED_EMAIL