コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Product

商品ページに構造化データを追加すると、Google 検索の検索結果(Google 画像検索Google レンズなど)で商品情報がより豊富に表示されるようになります。ユーザーは、価格、在庫状況、レビューの評価、配送情報などを検索結果で直接確認できます。

ショッピング エクスペリエンス

ショッピング エクスペリエンスは、Google 検索の検索結果に次のように表示されます。これはすべてを網羅しているリストではありません。Google 検索は、ユーザーの皆さんが探しているものを見つけやすくするための新しい優れた方法を常に模索しており、検索におけるエクスペリエンスは時間の経過に伴い変化する可能性があります。

結果の種類

結果の種類には、商品スニペットと販売者のリスティングの表示に関連する 2 つのクラスが存在します。

検索結果に表示された商品スニペット

検索結果における商品スニペットの表示

商品スニペットは、テキストのみを使用する場合と比較して、検索結果におけるより充実した表示を可能にするスニペットの表示形式です。商品や商品レビューに使用され、評価、レビュー情報、価格、在庫状況などの追加情報を配置できます。

販売者のリスティング エクスペリエンス

販売者のリスティングの表示では、価格や在庫状況など、商品に関するより具体的なデータが使用されます。販売者のリスティング表示の対象となるのは、買い物客が商品を購入できるページのみであり、商品を販売する他のサイトへのリンクを掲載するページは対象ではありません。Google は、検索結果に表示される情報を表示する前に、販売者リスティングの商品データの確認を試みます。

販売商品の視覚に富んだプレゼンテーション

検索結果における人気商品の表示
ショッピング ナレッジパネル

販売者のリストが表示されている詳細な商品情報(商品 ID などの詳細情報を使用)

検索結果におけるショッピング ナレッジパネルの表示
Google 画像検索

販売可能な商品にアノテーションを付加した画像

検索結果における Google 画像検索の表示

結果の拡張

必須プロパティ以外の商品の詳細情報を登録すると、コンテンツの視覚的な表示が改善され、検索結果でコンテンツが目立ちやすくなります。すべての必須商品情報と推奨商品情報については、構造化データタイプの定義をご覧ください。

検索結果の拡張は、各エクスペリエンスの裁量に基づいて表示され、今後変更される可能性があります。そのため、厳密にどのエクスペリエンスが使用するかについて懸念することなく、可能な限り多くの詳細な商品情報を提供することをおすすめします。販売者のリスティング エクスペリエンスの拡張方法を示す例を以下に示します。

  • 評価: 購入者のレビューや評価を掲載することで、検索結果での表示を強化できます。
  • 良い点と悪い点: 商品レビューの説明で良い点と悪い点を明確にし、検索結果で目立つようにしましょう。
  • 送料: 送料、特に送料無料に関する情報を共有します。これにより、買い物客は送料の総額を把握できます。
  • 在庫状況: 在庫状況データを提供することで、現在商品の在庫があることを顧客に知らせることができます。
  • 値下げ: 値下げは、Google が商品価格の推移を観察することによって計算します。値下げ情報が表示されることは保証されていません。

Google 検索に豊富な商品データを掲載するには、Product 構造化データをウェブページに追加して Google Merchant Center からデータフィードをアップロードし、Merchant Center コンソール内で、またはウェブページと Merchant Center コンソールの両方で無料リスティングを有効にします。このページでは、前者に焦点を当てています。

ウェブページと Merchant Center フィードの両方に構造化データを提供することで、エクスペリエンスの適格性を最大限に高め、Google がデータを正しく認識して検証できるようになります。構造化データと Google Merchant Center フィードのデータが統合されている場合は、一部のエクスペリエンスではそれらのデータが組み合わせて表示されます。たとえば、ページ上の構造化データに価格データが存在しない場合、商品スニペットは販売者のフィードの価格データを使用する可能性があります。Google Merchant Center フィードのドキュメントには、フィード属性に関するその他の推奨事項と要件が記載されています。

Google 検索のほか、Google ショッピング タブの利用資格要件について詳しくは、Google Merchant Center のデータと資格要件をご覧ください。

構造化データを追加する方法

構造化データは、ページに関する情報を提供し、ページ コンテンツを分類するための標準化されたデータ形式です。構造化データを初めて使用する場合は、構造化データの仕組みについてをご覧ください。

構造化データの作成、テスト、リリースの概要は次のとおりです。ウェブページに構造化データを追加するための手順ガイドについては、構造化データの Codelab をご覧ください。

  1. 必須プロパティを追加します。使用している形式に基づいて、ページ上の構造化データを挿入する場所をご確認ください。
  2. ガイドラインを遵守します。
  3. リッチリザルト テストでコードを検証します。
  4. 構造化データが含まれているページをいくつかデプロイし、URL 検査ツールを使用して、ページが Google にどのように認識されるかをテストします。Google がページにアクセスでき、robots.txt ファイル、noindex タグ、またはログイン要件によってページがブロックされていないことを確認します。ページが正常に表示される場合は、Google に URL の再クロールを依頼できます。
  5. 今後の変更について Google への情報提供を続けるには、サイトマップを送信することをおすすめします。これは、Search Console Sitemap API で自動化できます。

次の例は、さまざまな状況でウェブページに構造化データを配置する方法を示しています。

商品レビューページ

商品レビューページで構造化データを使用してスニペットを処理する例を以下に示します。

JSON-LD


 <html>
  <head>
    <title>Executive Anvil</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org/",
      "@type": "Product",
      "name": "Executive Anvil",
      "description": "Sleeker than ACME's Classic Anvil, the Executive Anvil is perfect for the business traveler looking for something to drop from a height.",
      "review": {
        "@type": "Review",
        "reviewRating": {
          "@type": "Rating",
          "ratingValue": "4",
          "bestRating": "5"
        },
        "author": {
          "@type": "Person",
          "name": "Fred Benson"
        }
      },
      "aggregateRating": {
        "@type": "AggregateRating",
        "ratingValue": "4.4",
        "reviewCount": "89"
      }
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

RDFa


 <html>
  <head>
    <title>Executive Anvil</title>
  </head>
  <body>
    <div typeof="schema:Product">
        <div rel="schema:review">
          <div typeof="schema:Review">
            <div rel="schema:reviewRating">
              <div typeof="schema:Rating">
                <div property="schema:ratingValue" content="4"></div>
                <div property="schema:bestRating" content="5"></div>
              </div>
            </div>
            <div rel="schema:author">
              <div typeof="schema:Person">
                <div property="schema:name" content="Fred Benson"></div>
              </div>
            </div>
          </div>
        </div>
        <div property="schema:name" content="Executive Anvil"></div>
        <div property="schema:description" content="Sleeker than ACME's Classic Anvil, the Executive Anvil is perfect for the business traveler looking for something to drop from a height."></div>
        <div rel="schema:aggregateRating">
          <div typeof="schema:AggregateRating">
            <div property="schema:reviewCount" content="89"></div>
            <div property="schema:ratingValue" content="4.4"></div>
          </div>
        </div>
      </div>
  </body>
</html>

microdata


 <html>
  <head>
    <title>Executive Anvil</title>
  </head>
  <body>
  <div>
    <div itemtype="https://schema.org/Product" itemscope>
      <meta itemprop="name" content="Executive Anvil" />
      <meta itemprop="description" content="Sleeker than ACME's Classic Anvil, the Executive Anvil is perfect for the business traveler looking for something to drop from a height." />
      <div itemprop="aggregateRating" itemtype="https://schema.org/AggregateRating" itemscope>
        <meta itemprop="reviewCount" content="89" />
        <meta itemprop="ratingValue" content="4.4" />
      </div>
      <div itemprop="review" itemtype="https://schema.org/Review" itemscope>
        <div itemprop="author" itemtype="https://schema.org/Person" itemscope>
          <meta itemprop="name" content="Fred Benson" />
        </div>
        <div itemprop="reviewRating" itemtype="https://schema.org/Rating" itemscope>
          <meta itemprop="ratingValue" content="4" />
          <meta itemprop="bestRating" content="5" />
        </div>
      </div>
    </div>
  </div>
  </body>
</html>

ショッピング アグリゲータ ページ

検索結果に表示される商品スニペットの処理に関するショッピング アグリゲータ ページの例を次に示します。

JSON-LD


<html>
  <head>
    <title>Executive Anvil</title>
    <script type="application/ld+json">
      {
        "@context": "https://schema.org/",
        "@type": "Product",
        "name": "Executive Anvil",
        "image": [
          "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
          "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
          "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
         ],
        "description": "Sleeker than ACME's Classic Anvil, the Executive Anvil is perfect for the business traveler looking for something to drop from a height.",
        "sku": "0446310786",
        "mpn": "925872",
        "brand": {
          "@type": "Brand",
          "name": "ACME"
        },
        "review": {
          "@type": "Review",
          "reviewRating": {
            "@type": "Rating",
            "ratingValue": "4",
            "bestRating": "5"
          },
          "author": {
            "@type": "Person",
            "name": "Fred Benson"
          }
        },
        "aggregateRating": {
          "@type": "AggregateRating",
          "ratingValue": "4.4",
          "reviewCount": "89"
        },
        "offers": {
          "@type": "AggregateOffer",
          "offerCount": "5",
          "lowPrice": "119.99",
          "highPrice": "199.99",
          "priceCurrency": "USD"
        }
      }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

RDFa


 <html>
  <head>
    <title>Executive Anvil</title>
  </head>
  <body>
    <div typeof="schema:Product">
      <div rel="schema:review">
        <div typeof="schema:Review">
          <div rel="schema:reviewRating">
            <div typeof="schema:Rating">
              <div property="schema:ratingValue" content="4"></div>
              <div property="schema:bestRating" content="5"></div>
            </div>
          </div>
          <div rel="schema:author">
            <div typeof="schema:Person">
              <div property="schema:name" content="Fred Benson"></div>
            </div>
          </div>
        </div>
      </div>
      <div rel="schema:aggregateRating">
        <div typeof="schema:AggregateRating">
          <div property="schema:reviewCount" content="89"></div>
          <div property="schema:ratingValue" content="4.4"></div>
        </div>
      </div>
      <div rel="schema:image" resource="https://example.com/photos/4x3/photo.jpg"></div>
      <div property="schema:mpn" content="925872"></div>
      <div property="schema:name" content="Executive Anvil"></div>
      <div property="schema:description" content="Sleeker than ACME's Classic Anvil, the Executive Anvil is perfect for the business traveler looking for something to drop from a height."></div>
      <div rel="schema:image" resource="https://example.com/photos/1x1/photo.jpg">
      </div>
      <div rel="schema:brand">
        <div typeof="schema:Brand">
          <div property="schema:name" content="ACME"></div>
        </div>
      </div>
      <div rel="schema:offers">
        <div typeof="schema:AggregateOffer">
          <div property="schema:offerCount" content="5"></div>
          <div property="schema:lowPrice" content="119.99"></div>
          <div property="schema:highPrice" content="199.99"></div>
          <div property="schema:priceCurrency" content="USD"></div>
          <div rel="schema:url" resource="https://example.com/anvil"></div>
        </div>
      </div>
      <div rel="schema:image" resource="https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"></div>
      <div property="schema:sku" content="0446310786"></div>
    </div>
  </body>
</html>

microdata


 <html>
  <head>
    <title>Executive Anvil</title>
  </head>
  <body>
  <div>
    <div itemtype="https://schema.org/Product" itemscope>
      <meta itemprop="mpn" content="925872" />
      <meta itemprop="name" content="Executive Anvil" />
      <link itemprop="image" href="https://example.com/photos/16x9/photo.jpg" />
      <link itemprop="image" href="https://example.com/photos/4x3/photo.jpg" />
      <link itemprop="image" href="https://example.com/photos/1x1/photo.jpg" />
      <meta itemprop="description" content="Sleeker than ACME's Classic Anvil, the Executive Anvil is perfect for the business traveler looking for something to drop from a height." />
      <div itemprop="offers" itemtype="https://schema.org/AggregateOffer" itemscope>
        <meta itemprop="lowPrice" content="119.99" />
        <meta itemprop="highPrice" content="199.99" />
        <meta itemprop="offerCount" content="6" />
        <meta itemprop="priceCurrency" content="USD" />
      </div>
      <div itemprop="aggregateRating" itemtype="https://schema.org/AggregateRating" itemscope>
        <meta itemprop="reviewCount" content="89" />
        <meta itemprop="ratingValue" content="4.4" />
      </div>
      <div itemprop="review" itemtype="https://schema.org/Review" itemscope>
        <div itemprop="author" itemtype="https://schema.org/Person" itemscope>
          <meta itemprop="name" content="Fred Benson" />
        </div>
        <div itemprop="reviewRating" itemtype="https://schema.org/Rating" itemscope>
          <meta itemprop="ratingValue" content="4" />
          <meta itemprop="bestRating" content="5" />
        </div>
      </div>
      <meta itemprop="sku" content="0446310786" />
      <div itemprop="brand" itemtype="https://schema.org/Brand" itemscope>
        <meta itemprop="name" content="ACME" />
      </div>
    </div>
  </div>
  </body>
</html>

長所と短所

以下に、検索結果における商品スニペットの処理に関する長所と短所が見られるエディトリアル商品レビューページの例を示します。

検索結果での長所と短所の見え方の例

JSON-LD


 <html>
  <head>
    <title>Cheese Knife Pro review</title>
    <script type="application/ld+json">
      {
        "@context": "http://schema.org",
        "@type": "Product",
        "name": "Cheese Grater Pro",
        "review": {
          "@type": "Review",
          "name": "Cheese Knife Pro review",
          "author": {
            "@type": "Person",
            "name": "Pascal Van Cleeff"
          },
          "positiveNotes": {
            "@type": "ItemList",
            "itemListElement": [
              {
                "@type": "ListItem",
                "position": 1,
                "name": "Consistent results"
              },
              {
                "@type": "ListItem",
                "position": 2,
                "name": "Still sharp after many uses"
              }
            ]
          },
          "negativeNotes": {
            "@type": "ItemList",
            "itemListElement": [
              {
                "@type": "ListItem",
                "position": 1,
                "name": "No child protection"
              },
              {
                "@type": "ListItem",
                "position": 2,
                "name": "Lacking advanced features"
              }
            ]
          }
        }
      }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

RDFa


 <html>
  <head>
    <title>Cheese Knife Pro review</title>
  </head>
  <body>
    <div typeof="schema:Product">
      <div property="schema:name" content="Cheese Knife Pro review"></div>
        <div rel="schema:review">
          <div typeof="schema:Review">
            <div rel="schema:positiveNotes">
              <div typeof="schema:ItemList">
                <div rel="schema:itemListElement">
                  <div typeof="schema:ListItem">
                    <div property="schema:position" content="1"></div>
                    <div property="schema:name" content="Consistent results"></div>
                  </div>
                  <div typeof="schema:ListItem">
                    <div property="schema:position" content="2"></div>
                    <div property="schema:name" content="Still sharp after many uses"></div>
                  </div>
                </div>
              </div>
            </div>
            <div rel="schema:negativeNotes">
              <div typeof="schema:ItemList">
                <div rel="schema:itemListElement">
                  <div typeof="schema:ListItem">
                    <div property="schema:position" content="1"></div>
                    <div property="schema:name" content="No child protection"></div>
                  </div>
                  <div typeof="schema:ListItem">
                    <div property="schema:position" content="2"></div>
                    <div property="schema:name" content="Lacking advanced features"></div>
                  </div>
                </div>
              </div>
            </div>
            <div rel="schema:author">
              <div typeof="schema:Person">
                <div property="schema:name" content="Pascal Van Cleeff"></div>
              </div>
            </div>
          </div>
        </div>
      </div>
  </body>
</html>

microdata


 <html>
  <head>
    <title>Cheese Knife Pro review</title>
  </head>
  <body>
    <div itemtype="https://schema.org/Product" itemscope>
      <meta itemprop="name" content="Cheese Knife Pro" />
      <div itemprop="review" itemtype="https://schema.org/Review" itemscope>
        <div itemprop="author" itemtype="https://schema.org/Person" itemscope>
          <meta itemprop="name" content="Pascal Van Cleeff" />
        </div>
        <div itemprop="positiveNotes" itemtype="https://schema.org/ItemList" itemscope>
          <div itemprop="itemListElement" itemtype="https://schema.org/ListItem" itemscope>
            <meta itemprop="position" content="1" />
            <meta itemprop="name" content="Consistent results" />
          </div>
          <div itemprop="itemListElement" itemtype="https://schema.org/ListItem" itemscope>
            <meta itemprop="position" content="2" />
            <meta itemprop="name" content="Still sharp after many uses" />
          </div>
        </div>
        <div itemprop="negativeNotes" itemtype="https://schema.org/ItemList" itemscope>
          <div itemprop="itemListElement" itemtype="https://schema.org/ListItem" itemscope>
            <meta itemprop="position" content="1" />
            <meta itemprop="name" content="No child protection" />
          </div>
          <div itemprop="itemListElement" itemtype="https://schema.org/ListItem" itemscope>
            <meta itemprop="position" content="2" />
            <meta itemprop="name" content="Lacking advanced features" />
          </div>
        </div>
      </div>
    </div>
  </body>
</html>

販売情報が掲載されている商品ページ

商品レビューが記載された商品を販売している商品ページの例を以下に示します。販売者のリスティングに関連する構造化データを使用して、前述の商品レビューページの例を拡張します。このページは、Offer が含まれているため、すべての販売者のリスティング表示の対象となる可能性があります。

JSON-LD


 <html>
  <head>
    <title>Executive Anvil</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org/",
      "@type": "Product",
      "name": "Executive Anvil",
      "image": [
        "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
       ],
      "description": "Sleeker than ACME's Classic Anvil, the Executive Anvil is perfect for the business traveler looking for something to drop from a height.",
      "sku": "0446310786",
      "mpn": "925872",
      "brand": {
        "@type": "Brand",
        "name": "ACME"
      },
      "review": {
        "@type": "Review",
        "reviewRating": {
          "@type": "Rating",
          "ratingValue": "4",
          "bestRating": "5"
        },
        "author": {
          "@type": "Person",
          "name": "Fred Benson"
        }
      },
      "aggregateRating": {
        "@type": "AggregateRating",
        "ratingValue": "4.4",
        "reviewCount": "89"
      },
      "offers": {
        "@type": "Offer",
        "url": "https://example.com/anvil",
        "priceCurrency": "USD",
        "price": "119.99",
        "priceValidUntil": "2020-11-20",
        "itemCondition": "https://schema.org/UsedCondition",
        "availability": "https://schema.org/InStock"
      }
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

RDFa


 <html>
  <head>
    <title>Executive Anvil</title>
  </head>
  <body>
    <div typeof="schema:Product">
        <div rel="schema:review">
          <div typeof="schema:Review">
            <div rel="schema:reviewRating">
              <div typeof="schema:Rating">
                <div property="schema:ratingValue" content="4"></div>
                <div property="schema:bestRating" content="5"></div>
              </div>
            </div>
            <div rel="schema:author">
              <div typeof="schema:Person">
                <div property="schema:name" content="Fred Benson"></div>
              </div>
            </div>
          </div>
        </div>
        <div rel="schema:image" resource="https://example.com/photos/4x3/photo.jpg"></div>
        <div property="schema:mpn" content="925872"></div>
        <div property="schema:name" content="Executive Anvil"></div>
        <div property="schema:description" content="Sleeker than ACME's Classic Anvil, the Executive Anvil is perfect for the business traveler looking for something to drop from a height."></div>
        <div rel="schema:image" resource="https://example.com/photos/1x1/photo.jpg"></div>
        <div rel="schema:brand">
          <div typeof="schema:Brand">
            <div property="schema:name" content="ACME"></div>
          </div>
        </div>
        <div rel="schema:aggregateRating">
          <div typeof="schema:AggregateRating">
            <div property="schema:reviewCount" content="89"></div>
            <div property="schema:ratingValue" content="4.4"></div>
          </div>
        </div>
        <div rel="schema:offers">
          <div typeof="schema:Offer">
            <div property="schema:price" content="119.99"></div>
            <div property="schema:availability" content="https://schema.org/InStock"></div>
            <div property="schema:priceCurrency" content="USD"></div>
            <div property="schema:priceValidUntil" datatype="xsd:date" content="2020-11-20"></div>
            <div rel="schema:url" resource="https://example.com/anvil"></div>
            <div property="schema:itemCondition" content="https://schema.org/UsedCondition"></div>
          </div>
        </div>
        <div rel="schema:image" resource="https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"></div>
        <div property="schema:sku" content="0446310786"></div>
      </div>
  </body>
</html>

microdata


 <html>
  <head>
    <title>Executive Anvil</title>
  </head>
  <body>
  <div>
    <div itemtype="https://schema.org/Product" itemscope>
      <meta itemprop="mpn" content="925872" />
      <meta itemprop="name" content="Executive Anvil" />
      <link itemprop="image" href="https://example.com/photos/16x9/photo.jpg" />
      <link itemprop="image" href="https://example.com/photos/4x3/photo.jpg" />
      <link itemprop="image" href="https://example.com/photos/1x1/photo.jpg" />
      <meta itemprop="description" content="Sleeker than ACME's Classic Anvil, the Executive Anvil is perfect for the business traveler looking for something to drop from a height." />
      <div itemprop="offers" itemtype="https://schema.org/Offer" itemscope>
        <link itemprop="url" href="https://example.com/anvil" />
        <meta itemprop="availability" content="https://schema.org/InStock" />
        <meta itemprop="priceCurrency" content="USD" />
        <meta itemprop="itemCondition" content="https://schema.org/UsedCondition" />
        <meta itemprop="price" content="119.99" />
        <meta itemprop="priceValidUntil" content="2020-11-20" />
      </div>
      <div itemprop="aggregateRating" itemtype="https://schema.org/AggregateRating" itemscope>
        <meta itemprop="reviewCount" content="89" />
        <meta itemprop="ratingValue" content="4.4" />
      </div>
      <div itemprop="review" itemtype="https://schema.org/Review" itemscope>
        <div itemprop="author" itemtype="https://schema.org/Person" itemscope>
          <meta itemprop="name" content="Fred Benson" />
        </div>
        <div itemprop="reviewRating" itemtype="https://schema.org/Rating" itemscope>
          <meta itemprop="ratingValue" content="4" />
          <meta itemprop="bestRating" content="5" />
        </div>
      </div>
      <meta itemprop="sku" content="0446310786" />
      <div itemprop="brand" itemtype="https://schema.org/Brand" itemscope>
        <meta itemprop="name" content="ACME" />
      </div>
    </div>
  </div>
  </body>
</html>

販売情報と配送に関する詳細情報が記載されている商品

配送情報を示した商品ページの例を次に示します。この例では、米国に住むすべてのユーザーの送料が $3.49 に設定されます。その他の例については、配送セクションをご覧ください。

JSON-LD


 <html>
  <head>
    <title>Nice trinket</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org/",
      "@type": "Product",
      "sku": "trinket-12345",
      "gtin14": "12345678901234",
      "image": [
        "https://example.com/photos/16x9/trinket.jpg",
        "https://example.com/photos/4x3/trinket.jpg",
        "https://example.com/photos/1x1/trinket.jpg"
      ],
      "name": "Nice trinket",
      "description": "Trinket with clean lines",
      "brand": {
        "@type": "Brand",
        "name": "MyBrand"
      },
      "offers": {
        "@type": "Offer",
        "url": "http://www.example.com/trinket_offer",
        "itemCondition": "https://schema.org/NewCondition",
        "availability": "https://schema.org/InStock",
        "price": "39.99",
        "priceCurrency": "USD",
        "priceValidUntil": "2020-11-20",
        "shippingDetails": {
          "@type": "OfferShippingDetails",
          "shippingRate": {
            "@type": "MonetaryAmount",
            "value": "3.49",
            "currency": "USD"
          },
          "shippingDestination": {
            "@type": "DefinedRegion",
            "addressCountry": "US"
          },
          "deliveryTime": {
            "@type": "ShippingDeliveryTime",
            "handlingTime": {
              "@type": "QuantitativeValue",
              "minValue": "0",
              "maxValue": "1"
            },
            "transitTime": {
              "@type": "QuantitativeValue",
              "minValue": "1",
              "maxValue": "5"
            }
          }
        }
      },
      "review": {
        "@type": "Review",
          "reviewRating": {
            "@type": "Rating",
            "ratingValue": "4",
            "bestRating": "5"
          },
          "author": {
            "@type": "Person",
            "name": "Fred Benson"
          }
        },
        "aggregateRating": {
          "@type": "AggregateRating",
          "ratingValue": "4.4",
          "reviewCount": "89"
        }
      }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

RDFa


 <html>
  <head>
    <title>Nice trinket</title>
  </head>
  <body>
    <div typeof="schema:Product">
      <div property="schema:sku" content="trinket-12345"></div>
      <div property="schema:gtin14" content="12345678901234"></div>
      <div property="schema:name" content="Nice trinket"></div>
      <div rel="schema:image" resource="https://example.com/photos/16x9/trinket.jpg"></div>
      <div rel="schema:image" resource="https://example.com/photos/4x3/trinket.jpg"></div>
      <div rel="schema:image" resource="https://example.com/photos/1x1/trinket.jpg"></div>
      <div property="schema:description" content="Trinket with clean lines"></div>
      <div rel="schema:brand">
        <div typeof="schema:Brand">
          <div property="schema:name" content="MyBrand"></div>
        </div>
      </div>
      <div rel="schema:offers">
        <div typeof="schema:Offer">
          <div rel="schema:url" resource="https://example.com/trinket_offer"></div>
          <div property="schema:itemCondition" content="https://schema.org/NewCondition"></div>
          <div property="schema:availability" content="https://schema.org/InStock"></div>
          <div property="schema:price" content="39.99"></div>
          <div property="schema:priceCurrency" content="USD"></div>
          <div property="schema:priceValidUntil" datatype="xsd:date" content="2020-11-20"></div>
          <div rel="schema:shippingDetails">
            <div typeof="schema:OfferShippingDetails">
              <div rel="schema:shippingRate">
                <div typeof="schema:MonetaryAmount">
                  <div property="schema:value" content="3.49"></div>
                  <div property="schema:currency" content="USD"></div>
                </div>
              </div>
              <div rel="schema:shippingDestination">
                <div typeof="schema:DefinedRegion">
                  <div property="schema:addressCountry" content="US"></div>
                </div>
              </div>
              <div rel="schema:deliveryTime">
                <div typeof="schema:ShippingDeliveryTime">
                  <div rel="schema:handlingTime">
                    <div typeof="schema:QuantitativeValue">
                      <div property="schema:minValue" content="0"></div>
                      <div property="schema:maxValue" content="1"></div>
                    </div>
                  </div>
                  <div rel="schema:transitTime">
                    <div typeof="schema:QuantitativeValue">
                      <div property="schema:minValue" content="1"></div>
                      <div property="schema:maxValue" content="5"></div>
                    </div>
                  </div>
                </div>
              </div>
            </div>
          </div>
        </div>
      </div>
      <div rel="schema:review">
        <div typeof="schema:Review">
          <div rel="schema:reviewRating">
            <div typeof="schema:Rating">
              <div property="schema:ratingValue" content="4"></div>
              <div property="schema:bestRating" content="5"></div>
            </div>
          </div>
          <div rel="schema:author">
            <div typeof="schema:Person">
              <div property="schema:name" content="Fred Benson"></div>
            </div>
          </div>
        </div>
      </div>
      <div rel="schema:aggregateRating">
        <div typeof="schema:AggregateRating">
          <div property="schema:reviewCount" content="89"></div>
          <div property="schema:ratingValue" content="4.4"></div>
        </div>
      </div>
    </div>
  </body>
</html>

microdata


 <html>
  <head>
    <title>Nice trinket</title>
  </head>
  <body>
  <div>
    <div itemtype="https://schema.org/Product" itemscope>
      <meta itemprop="sku" content="trinket-12345" />
      <meta itemprop="gtin14" content="12345678901234" />
      <meta itemprop="name" content="Nice trinket" />
      <link itemprop="image" href="https://example.com/photos/16x9/trinket.jpg" />
      <link itemprop="image" href="https://example.com/photos/4x3/trinket.jpg" />
      <link itemprop="image" href="https://example.com/photos/1x1/trinket.jpg" />
      <meta itemprop="description" content="Trinket with clean lines" />
      <div itemprop="brand" itemtype="https://schema.org/Brand" itemscope>
        <meta itemprop="name" content="MyBrand" />
      </div>
      <div itemprop="offers" itemtype="https://schema.org/Offer" itemscope>
        <link itemprop="url" href="http://www.example.com/trinket_offer" />
        <meta itemprop="itemCondition" content="https://schema.org/NewCondition" />
        <meta itemprop="availability" content="https://schema.org/InStock" />
        <meta itemprop="price" content="39.99" />
        <meta itemprop="priceCurrency" content="USD" />
        <meta itemprop="priceValidUntil" content="2020-11-20" />
        <div itemprop="shippingDetails" itemtype="https://schema.org/OfferShippingDetails" itemscope>
          <div itemprop="shippingRate" itemtype="https://schema.org/MonetaryAmount" itemscope>
            <meta itemprop="value" content="3.49" />
            <meta itemprop="currency" content="USD" />
          </div>
          <div itemprop="shippingDestination" itemtype="https://schema.org/DefinedRegion" itemscope>
            <meta itemprop="addressCountry" content="US" />
          </div>
          <div itemprop="deliveryTime" itemtype="https://schema.org/ShippingDeliveryTime" itemscope>
            <div itemprop="handlingTime" itemtype="https://schema.org/QuantitativeValue" itemscope>
              <meta itemprop="minValue" content="0" />
              <meta itemprop="maxValue" content="1" />
            </div>
            <div itemprop="transitTime" itemtype="https://schema.org/QuantitativeValue" itemscope>
              <meta itemprop="minValue" content="1" />
              <meta itemprop="maxValue" content="5" />
            </div>
          </div>
        </div>
      </div>
      <div itemprop="review" itemtype="https://schema.org/Review" itemscope>
        <div itemprop="author" itemtype="https://schema.org/Person" itemscope>
          <meta itemprop="name" content="Fred Benson" />
        </div>
        <div itemprop="reviewRating" itemtype="https://schema.org/Rating" itemscope>
          <meta itemprop="ratingValue" content="4" />
          <meta itemprop="bestRating" content="5" />
        </div>
      </div>
      <div itemprop="aggregateRating" itemtype="https://schema.org/AggregateRating" itemscope>
        <meta itemprop="reviewCount" content="89" />
        <meta itemprop="ratingValue" content="4.4" />
      </div>
    </div>
  </div>
  </body>
</html>

送料無料を指定する

米国ニューヨーク州で購入者の送料を無料にする例を次に示します。

"shippingDetails": {
  "@type": "OfferShippingDetails",
  "shippingRate": {
    "@type": "MonetaryAmount",
    "value": "0",
    "currency": "USD"
  },
  "shippingDestination": [
    {
      "@type": "DefinedRegion",
      "addressCountry": "US",
      "addressRegion": ["NY"]
    }
  ]
}

価格

JSON-LD で価格をエンコードする例を 2 つ紹介します。

次のように price プロパティを使用して価格を指定できます。

"offers": {
  "@type": "Offer",
  "price": 10.00,
  "priceCurrency": "USD",
  ...
}

または、priceSpecification プロパティを使用して価格を指定することもできます。

"offers": {
  "@type": "Offer",
  "priceSpecification": {
    "@type": "UnitPriceSpecification",
    "price": 10.00,
    "priceCurrency": "USD"
  },
  ...
}

価格は、Offer レベルまたは priceSpecification プロパティ内の 1 か所でのみ指定できます。

価格の計量単位を使用した価格設定

常に 750 ml の倍数の数量で販売される商品の 4.5 l 分の価格をエンコードする例を次に示します。EU では、数量または重量単位で販売される商品に対してこの価格の形式が特に重要です。

価格の計量単位価格の基準計量単位が存在する場合、価格は UnitPriceSpecification 内でエンコードされます。

"priceSpecification": {
  "@type": "UnitPriceSpecification",
  "price": 81.00,
  "priceCurrency": "EUR",
  "referenceQuantity": {
    "@type": "QuantitativeValue",
    "value": "4.5",
    "unitCode": "LTR",
    "valueReference": {
      "@type": "QuantitativeValue",
      "value": "750",
      "unitCode": "MLT"
    }
  }
}

エネルギー効率の評価

次の例は、構造化データを使用してエネルギー効率に関する情報を指定する方法を示しています。この例では、給湯器の EU 省エネ性能について、スケール "A+""F" の中から "C" を指定しています。

最小省エネ性能の値はエネルギー消費スケールの中で最もエネルギー効率が低いクラス(この場合は "F")を指定し、最大省エネ性能の値は最もエネルギー効率が高いクラス(この場合は "A+")を指定します。

{
  "@context": "https://schema.org/",
  "@type": "Product",
  "sku": "1234-5678",
  "image": "https://www.example.com/waterheater.jpg",
  "name": "Water heater",
  "description": "Large capacity water heater",
  "gtin14": "12345678901231",
  "mpn": "WH1234",
  "brand": {
    "@type": "Brand",
    "name": "ExampleWaterHeaterBrand"
  },
  "hasEnergyConsumptionDetails": {
    "@type": "EnergyConsumptionDetails",
    "hasEnergyEfficiencyCategory": "https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryC",
    "energyEfficiencyScaleMin": "https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryF",
    "energyEfficiencyScaleMax": "https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryA1Plus"
  },
  "offers": {
    "@type": "Offer",
    "url": "https://www.example.com/hotwaterheater",
    "itemCondition": "https://schema.org/NewCondition",
    "availability": "https://schema.org/InStock",
    "price": 1799.00,
    "priceCurrency": "EUR"
  }
}

ガイドライン

商品のリッチリザルトでは、価格、在庫状況、レビューの評価など、特定の商品に関する情報がユーザーに提供されます。Product マークアップを使用してリッチリザルトが表示されるようにするには、以下のガイドラインを遵守する必要があります。

技術に関するガイドライン

  • 商品のカテゴリやリストではなく、特定の商品のマークアップを使用します。たとえば、「当店の靴」は特定の商品ではありません。現在、商品のリッチリザルトは、単一の商品に焦点を当てたページのみをサポートしています。これには、商品バリエーションごとに URL が異なる商品バリエーションも含まれます。複数の商品やある商品カテゴリを一覧表示するページではなく、商品ページにマークアップを追加することをおすすめします。
  • 複数の通貨で商品を販売する場合は、通貨ごとに個別の URL を指定します。たとえば、ある商品がカナダドルと米ドルで販売できる場合は、2 つの異なる URL(通貨ごとに 1 つ)を使用します。
  • 長所と短所の構造化データを追加する場合は、次のガイドラインを遵守する必要があります。
    • 現時点では、検索で長所と短所が表示されるのはエディトリアル商品レビューページのみです。販売者の商品ページやカスタマー商品レビューには表示されません。
    • 商品に関する記述が少なくとも 2 つ必要です。肯定的な記述と否定的な記述を任意に組み合わせることができます(たとえば、2 つの肯定的な記述を含む ItemList マークアップは有効です)。
    • 長所と短所はページ上のユーザーに表示される必要があります。

コンテンツ ガイドライン

  • 人に深刻、直接的、または長期的な危害をもたらす可能性があり、広く禁止または規制されている商品やサービス、情報を宣伝するコンテンツは認められません。これには、銃器や武器、危険ドラッグ、タバコ関連商品(電子タバコを含む)、ギャンブル関連商品に関連するコンテンツが含まれます。

構造化データタイプの定義

このセクションでは、検索結果に商品スニペットと販売者リスティングを表示するための要件を示します。適切なタブを選択すると、2 つのケースで必要な構造化データ プロパティと推奨構造化データ プロパティが表示されます。

ユーザーがお客様の商品を購入できるページの場合:

  • 販売者がリスティングする構造化データの要件に沿って、検索結果にショッピング エクスペリエンスで商品を販売するページを最大限に掲載します。
  • Search Console の販売者リスティング レポートを使用して、マークアップ内のエラーを特定します。

ユーザーが商品を直接購入できない商品ページの場合:

  • 商品スニペットの構造化データの要件に沿って、商品を販売していないページの商品スニペットが検索結果に最大限表示されるようにします。
  • Search Console の商品スニペット レポートを使用して、マークアップ内のエラーを特定します。

商品情報

Product

Product の定義の全文は schema.org/Product で確認できます。コンテンツで商品情報のマークアップを設定するには、Product タイプの以下のプロパティを使用します。

商品スニペット

商品スニペットには次のプロパティが適用されます。

必須プロパティ
name

Text

商品名。

商品スニペットには reviewaggregateRating、または offers が必要です

次のいずれかのプロパティを指定する必要があります。

  • review
  • aggregateRating
  • offers
推奨プロパティ
aggregateRating

AggregateRating

商品のネストされた aggregateRatingクチコミ抜粋のガイドラインを遵守し、AggregateRating の必須プロパティと推奨プロパティのリストにあるプロパティを使用します。

offers

Offer または AggregateOffer

ネストされた Offer または AggregateOffer で、商品の販売情報を指定します。Offer または AggregateOffer(コンテンツに該当する方)の必須プロパティと推奨プロパティを指定します。

値下げが表示されるようにするには、AggregateOffer ではなく Offer を追加します。

review

Review

商品のネストされた Reviewクチコミ抜粋のガイドラインを遵守し、Review の必須および推奨プロパティのリストにあるプロパティを使用します。

商品のレビューを追加する場合、投稿者の名前は Person または Team の名前として有効なものでなければなりません。

非推奨: ブラック フライデーは 50% オフ

推奨: 「山田太郎」、「CNET クチコミ投稿者」

エディトリアル商品レビューページの長所と短所を Google に手動で伝えるには、ネストされた商品レビューに positiveNotes プロパティや negativeNotes プロパティを追加します。

販売者のリスティング

販売者のリスティングには、次のプロパティが適用されます。

必須プロパティ
name

Text

商品名。

image

ImageObject または URL の繰り返し

商品の写真の URL。商品がはっきりわかる写真(背景が白の写真など)を指定することをおすすめします。

画像に関するその他のガイドライン:

  • すべてのページに画像を少なくとも 1 つ含める必要があります(マークアップを含めるかどうかは問わない)。Google は、アスペクト比と解像度に基づいて、検索結果に表示する最適な画像を選択します。
  • 画像の URL は、クロールやインデックス登録に対応できる必要があります。ページに Google がアクセスできるかどうかは、URL 検査ツールで確認できます。
  • 画像はマークアップされたコンテンツを表している必要があります。
  • 画像のファイル形式は Google 画像検索でサポートされている必要があります。
  • 適切な画像が選択されるようにするために、アスペクト比が 16x9、4x3、1x1 の高解像度画像(幅と高さをかけて 50,000 ピクセル以上の画像)を複数指定してください。

次に例を示します。

"image": [
  "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
]
offers

Offer

ネストされた Offer で商品の販売情報を指定します。

商品スニペットには Offer または AggregateOffer を指定できますが、販売者が商品のリスティングを行う資格を得るには、商品の販売者でなければならないため、販売者のリスティングには Offer が必要です。

推奨プロパティ
aggregateRating

AggregateRating

商品のネストされた aggregateRatingクチコミ抜粋のガイドラインを遵守し、AggregateRating の必須プロパティと推奨プロパティのリストにあるプロパティを使用します。

audience

PeopleAudience

推奨の性別や年齢層など、商品について推奨されるユーザー層に関する省略可能な情報。PeopleAudience タイプのみがサポートされています。Google でサポートされている PeopleAudience プロパティのリストをご覧ください。

brand.name

Text

把握できている場合は、Brand タイプの name プロパティに商品のブランドを指定します。追加できるブランド名は 1 つまでです。

color

Text

商品の色または色の組み合わせ(例: 「赤色」または「黄色 / 空色」)。Google Merchant Center ヘルプの色属性もご覧ください。

description

Text

商品の説明。

商品の説明は必須ではありませんが、このプロパティで商品の説明を指定することを強くおすすめします。

gtin | gtin8 | gtin12 | gtin13 | gtin14 | isbn

Text

該当するすべてのグローバル識別子を設定します。グローバル識別子については、schema.org/Product をご覧ください。すべての GTIN に汎用の gtin プロパティを使用できますが、GTIN が商品を最も正確に表すことから、商品には該当する最も具体的な GTIN を使用することをおすすめします。GTIN の値が数値形式であることをご確認ください。URL 形式の GTIN はサポートされていません。

hasEnergyConsumptionDetails

EnergyConsumptionDetails

電気製品などの商品のエネルギー消費に関する情報。このプロパティはヨーロッパ諸国では特に重要です。Google でサポートされている EnergyConsumptionDetails プロパティのリストもご覧ください。

inProductGroupWithID

Text

この商品バリエーションが属する商品グループの ID。Google Merchant Center ヘルプの Item Group Id もご覧ください。指定できる値は 1 つまでです。

material

Text

商品の素材または素材の組み合わせ(例: 「革」、「綿 / ポリエステル」)。Google Merchant Center ヘルプの Material もご覧ください。

mpn

Text

メーカーの部品番号。このプロパティは、特定のメーカーの商品を一意に識別します。

pattern

Text

「水玉模様」や「ストライプ」など、商品の柄。Google Merchant Center の商品データ仕様ページの Pattern もご覧ください。

review

Review

商品のネストされた Reviewクチコミ抜粋のガイドラインを遵守し、Review の必須および推奨プロパティのリストにあるプロパティを使用します。Product schema.org タイプに固有のその他の Review プロパティのリストもご覧ください。

商品のレビューを追加する場合、投稿者の名前は Person または Team の名前として有効なものでなければなりません。

非推奨: ブラック フライデーは 50% オフ

推奨: 「山田太郎」、「CNET クチコミ投稿者」

長所と短所は、商品説明ページの編集ページのみでサポートされ、販売者のリスティング ページではサポートされていません。

size

Text または SizeSpecification

商品のサイズ(「XL」、「M」など)。Google Merchant Center の商品データ仕様のページsize もご覧ください。Google でサポートされている SizeSpecification プロパティのリストをご覧ください。指定できる値は 1 つまでです。

sku

Text

商品に関する販売者固有の識別子。指定できる値は 1 つまでです。

商品レビュー

Review

レビューは、複数の構造化データタイプ(例: Recipe および Movie)で共有されるため、Review タイプについてはプロパティを確認するで個別に説明しています。クチコミ抜粋のガイドラインもご覧ください。商品レビューでは、次のプロパティも選択できます。

商品スニペット

以下のプロパティは、Review タイプの追加のプロパティであり、エディトリアル商品レビューの長所と短所の概要を確認できます。長所と短所は、Google 検索を利用できるすべての国において、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポーランド語、ポルトガル語、スペイン語、トルコ語で表示可能です。

Google がエディトリアル商品レビューの長所と短所の自動的な把握を試みる一方で、ネストされた商品レビューに positiveNotes プロパティや negativeNotes プロパティを追加することで、この情報を明示的に提供できます。必ず長所と短所に関するガイドラインを遵守してください。

必須プロパティ
negativeNotes

ItemList(このコンテキストでの ItemList の使用方法については、肯定的なメモと否定的なメモの ItemList を参照してください)

商品に関する否定的な記述(短所)に関するネストされたリスト(省略可)。

複数の否定的な記述をリストするには、itemListElement 配列に複数の ListItem プロパティを指定します。次に例を示します。


"review": {
  "@type": "Review",
  "negativeNotes": {
    "@type": "ItemList",
    "itemListElement": [
      {
        "@type": "ListItem",
        "position": 1,
        "name": "No child protection"
      },
      {
        "@type": "ListItem",
        "position": 2,
        "name": "Lacking advanced features"
      }
    ]
  }
}
positiveNotes

ItemList(このコンテキストでの ItemList の使用方法については、肯定的なメモと否定的なメモの ItemList を参照してください)

商品に関する肯定的な記述(長所)に関するネストされたリスト(省略可)。

複数の肯定的な記述をリストするには、itemListElement 配列に複数の ListItem プロパティを指定します。次に例を示します。


"review": {
  "@type": "Review",
  "positiveNotes": {
    "@type": "ItemList",
    "itemListElement": [
      {
        "@type": "ListItem",
        "position": 1,
        "name": "Consistent results"
      },
      {
        "@type": "ListItem",
        "position": 2,
        "name": "Still sharp after many uses"
      }
    ]
  }
}
販売者のリスティング

Review タイプは販売者のリスティングの表示で使用されますが、肯定的なメモと否定的なメモ(長所と短所)には使用されません。そのため、商品に固有のレビューのその他のプロパティはここに記載されていません。

肯定的なメモと否定的なメモの ItemList

Review タイプ内の肯定的なメモと否定的なメモ(長所と短所)では、汎用の ItemList タイプと ListItem タイプが使用されます。このセクションでは、これらのタイプを肯定的なメモと否定的なメモに使用する方法について説明します。

商品スニペット

レビューで長所と短所を把握するには、次のプロパティを使用します。

必須プロパティ
itemListElement

ListItem

商品に関する記述のリスト。特定の順序で表示されます。各記述は ListItem で指定します。

itemListElement.name

Text

レビューの要点を示す記述。

推奨プロパティ
itemListElement.position

Integer

レビューの位置。位置 1 は、リスト内の最初の記述を示します。

販売者のリスティング

Review タイプは販売者のリスティングの表示で使用されますが、肯定的なメモと否定的なメモ(長所と短所)には使用されません。

販売情報の詳細

Offer

Offer の定義の全文は schema.org/Offer で確認できます。商品内で販売情報をマークアップする場合は、schema.orgOffer タイプの以下に示すプロパティを使用します。

商品スニペット

商品スニペットには次のプロパティが適用されます。

必須プロパティ
price または priceSpecification.price

Number

商品の価格。schema.org の使用ガイドラインに沿って指定してください。

price プロパティの例を次に示します(値は JSON 文字列または数値です)。


"offers": {
  "@type": "Offer",
  "price": 39.99,
  "priceCurrency": "USD"
}

商品が無料であることを指定する方法の例を次に示します。


"offers": {
  "@type": "Offer",
  "price": 0,
  "priceCurrency": "EUR"
}

商品の価格は、Offer レベルで指定する代わりに、priceSpecification プロパティ内でネストすることもできます。


"offers": {
  "@type": "Offer",
  "priceSpecification": {
    "@type": "PriceSpecification",
    "price": 9.99,
    "priceCurrency": "AUD"
  }
}
推奨プロパティ
availability

ItemAvailability

商品の在庫状況のオプション。

  • https://schema.org/BackOrder
  • https://schema.org/Discontinued
  • https://schema.org/InStock
  • https://schema.org/InStoreOnly
  • https://schema.org/LimitedAvailability
  • https://schema.org/OnlineOnly
  • https://schema.org/OutOfStock
  • https://schema.org/PreOrder
  • https://schema.org/PreSale
  • https://schema.org/SoldOut

URL 接頭辞が付加されていない略称もサポートされています(例: BackOrder)。

priceCurrency または priceSpecification.priceCurrency

Text

商品価格の記述に使用する通貨を 3 文字の ISO 4217 形式で指定します。

このプロパティは現在、Google が通貨をより正確に判別できるようにするための商品スニペットに推奨されますが、販売者のリスティングの表示には必須です。そのため、このプロパティは常に指定することをおすすめします。

priceValidUntil

Date

その日以降は価格が使用できなくなる日付(ISO 8601 日付形式)(該当する場合)。priceValidUntil プロパティに過去の日付を指定すると、商品スニペットが表示されない可能性があります。

販売者のリスティング

販売者のリスティングの表示には、次のプロパティが適用されます。

必須プロパティ
price または priceSpecification.price

Number

商品の価格。schema.org の使用ガイドラインに沿って指定してください。

price プロパティの例を次に示します。


"offers": {
  "@type": "Offer",
  "price": 39.99,
  "priceCurrency": "USD"
}

商品スニペットとは異なり、販売者のリスティングの表示には 0 より大きな値の価格が必要です。

商品の価格は必須ですが、Offer レベルで指定する代わりに、priceSpecification プロパティ内でネストできます。

priceCurrency または priceSpecification.priceCurrency

Text

商品価格の記述に使用する通貨を 3 文字の ISO 4217 形式で指定します。

price が指定されている場合は priceCurrency が必須です。priceSpecification.price が指定されている場合は priceSpecification.priceCurrency が必須です。

priceSpecification

UnitPriceSpecification

複雑な料金は、price プロパティの代わりに priceSpecification を使用して指定できます。さまざまな形式の料金をマークアップする方法の例については、サポートされている UnitPriceSpecification プロパティのリストとをご覧ください。

価格は、pricepriceCurrency を使用して、Offer レベルまたは priceSpecification プロパティ内で指定できます。

価格の計量単位を設定した価格は、UnitPriceSpecification 内で referenceQuantity プロパティを指定できます。

推奨プロパティ
availability

ItemAvailability

商品の在庫状況のオプション。URL 接頭辞が付加されていない略称もサポートされています(例: BackOrder)。

  • https://schema.org/BackOrder
  • https://schema.org/Discontinued
  • https://schema.org/InStock
  • https://schema.org/InStoreOnly
  • https://schema.org/LimitedAvailability
  • https://schema.org/OnlineOnly
  • https://schema.org/OutOfStock
  • https://schema.org/PreOrder
  • https://schema.org/PreSale
  • https://schema.org/SoldOut

複数の値を指定しないでください。

itemCondition

OfferItemCondition

販売中の商品の状態。URL 接頭辞が付加されていない略称もサポートされています(例: NewCondition)。

  • https://schema.org/NewCondition
  • https://schema.org/RefurbishedCondition
  • https://schema.org/UsedCondition

複数の値を指定しないでください。

shippingDetails

OfferShippingDetails

Offer に関連付けられている配送ポリシーとオプションに関するネストされた情報。shippingDetails を追加する場合は、OfferShippingDetails の必須および推奨プロパティを追加します。

url

URL

買い物客が購入できる商品のウェブページの URL。この URL は、すべてのパターン オプションを適切に選択した現在のページの優先 URL として設定できます。URL は省略できます。複数の URL を指定しないでください。

UnitPriceSpecification

UnitPriceSpecification の定義の全文は schema.org/UnitPriceSpecification で確認できます。より複雑な価格設定スキームを把握するには、次のプロパティを使用します。

商品スニペット

商品スニペットには次のプロパティが適用されます。

必須プロパティ
price

Number

商品の価格。Offerprice プロパティもご覧ください。

推奨プロパティ
priceCurrency

Text

商品価格の記述に使用する通貨を 3 文字の ISO 4217 形式で指定します。OfferpriceCurrency プロパティもご覧ください。

このプロパティは商品スニペットでは省略可能ですが、販売者リストでは必須であるため、指定することを強くおすすめします。

販売者のリスティング

販売者のリスティングの表示には、次のプロパティが適用されます。

必須プロパティ
price

Number

商品の価格。Offerprice プロパティもご覧ください。

priceCurrency

Text

商品価格の記述に使用する通貨を 3 文字の ISO 4217 形式で指定します。OfferpriceCurrency プロパティもご覧ください。

推奨プロパティ
referenceQuantity

QuantitativeValue(単価を設定する場合)

参照数量は、価格の基準値を指定する価格に使用します。単価の詳細については、Google Merchant Center ヘルプの価格の計量単位を使用した価格設定価格の計量単位の例をご覧ください。

QuantitativeValue(単価を設定する場合)

このセクションでは、単価設定に関する仕様の referenceQuantity プロパティに QuantitativeValue を使用する方法について説明します(QuantitativeValue もお届け日数に使用されますが、ルールが異なります)。QuantitativeValue の定義の全文は schema.org/QuantitativeValue で確認できます。

商品スニペット

このタイプは、商品スニペットでは使用されません。

販売者のリスティング

販売者のリスティングの表示には、次のプロパティが適用されます。

QuantitativeValue は、1 メートル単位での床材の購入や 0.5 ガロン単位での液体の購入など、計量単位に基づいて価格を設定するために使用できます。単価設定について詳しくは、Google Merchant Center のヘルプで価格の計量単位をご覧ください。

750 ml の倍数で購入できる商品の 4.5 l 分の販売価格の例を次に示します。

"priceSpecification": {
  "@type": "UnitPriceSpecification",
  "price": 81.00,
  "priceCurrency": "EUR",
  "referenceQuantity": {
    "@type": "QuantitativeValue",
    "value": "4.5",
    "unitCode": "LTR",
    "valueReference": {
      "@type": "QuantitativeValue",
      "value": "750",
      "unitCode": "MLT"
    }
  }
}

次のプロパティを使用して、単価設定の詳細情報を取得します。

必須プロパティ
unitCode

Text または URL

計量単位。Google Merchant Center ヘルプの価格の計量単位に記載されている UN/CEFACT コード、または人が読める形式の同等コードのいずれかがサポートされています。

value

Text

販売単位の数値。

推奨プロパティ
valueReference

QuantitativeValue

UnitPriceSpecificationreferenceQuantity プロパティの QuantitativeValue には、この valueReference プロパティにネストされた QuantitativeValue を設定する必要があります。

AggregateOffer

AggregateOffer の定義の全文は schema.org/AggregateOffer で確認できます。AggregateOfferOffer の一種で、その他の販売情報の集約を表します。たとえば、複数の販売者が販売している商品に対して使用できます(AggregateOffer を使用して一連の商品のバリエーションを記述しないでください)。商品内で販売情報の集約をマークアップする場合は、schema.orgAggregateOffer タイプの以下に示すプロパティを使用します。

商品スニペット

商品スニペットには次のプロパティが適用されます。

必須プロパティ
lowPrice

Number

取得できるすべての販売情報の中での最低価格。$1.23 米ドルに対して 1.23 など、通貨単位の一部を表す場合は、浮動小数点数を使用します。

priceCurrency

Text

商品価格の記述に使用する通貨を 3 文字の ISO 4217 形式で指定します。

推奨プロパティ
highPrice

Number

すべての販売情報の中での最高価格。必要に応じて浮動小数点数を使用します。

offerCount

Number

商品の販売情報の数。

販売者のリスティング

販売者のリスティングを表示する場合は、AggregateOffer ではなく Offer を使用します。

SizeSpecification

SizeSpecification タイプは、商品のサイズを示すために使用します。タイプの定義の全文については、schema.org/SizeSpecification で確認できます

商品スニペット

このタイプは、商品スニペットでは使用されません。

販売者のリスティング

販売者のリスティングの表示には、次のプロパティが適用されます。

推奨プロパティ
name

Text

人が読める形式のサイズ名(例: "XL")。詳細については、Google Merchant Center ヘルプのサイズ属性をご覧ください。

sizeGroup

WearableSizeGroupEnumeration または Text

商品の推奨サイズグループ(該当する場合)。グループの解釈は sizeGroup プロパティで定義します。最大 2 つのサイズグループを指定できます。サポートされている値は次のとおりです。

  • https://schema.org/WearableSizeGroupRegular
  • https://schema.org/WearableSizeGroupPetite
  • https://schema.org/WearableSizeGroupPlus
  • https://schema.org/WearableSizeGroupTall
  • https://schema.org/WearableSizeGroupBig
  • https://schema.org/WearableSizeGroupMaternity

URL 接頭辞が付加されていない略称もサポートされています(例: WearableSizeGroupRegular)。

サポートされているサイズ表記について詳しくは、Google Merchant Center ヘルプの size_type と、Google Merchant Center ヘルプのサポートされている構造化データのタイプと値をご覧ください。Google は、size_type のテキスト値(regularpetiteplustallbigmaternity)も認識しますが、他の検索エンジンでは認識されない可能性があるため、標準の schema.org 列挙値を使用することをおすすめします。

sizeSystem

WearableSizeSystemEnumeration または Text

商品のサイズ表記(該当する場合)。サポートされている値は次のとおりです。

  • https://schema.org/WearableSizeSystemAU
  • https://schema.org/WearableSizeSystemBR
  • https://schema.org/WearableSizeSystemCN
  • https://schema.org/WearableSizeSystemDE
  • https://schema.org/WearableSizeSystemEurope
  • https://schema.org/WearableSizeSystemFR
  • https://schema.org/WearableSizeSystemIT
  • https://schema.org/WearableSizeSystemJP
  • https://schema.org/WearableSizeSystemMX
  • https://schema.org/WearableSizeSystemUK
  • https://schema.org/WearableSizeSystemUS

URL 接頭辞が付加されていない略称もサポートされています(例: WearableSizeSystemAU)。

Google Merchant Center ヘルプの size_system もご覧ください。Google は size_system のテキスト値(URBRCNDEEU など)も認識しますが、他の検索エンジンでは認識されない可能性があるため、標準の schema.org 列挙値を使用することをおすすめします。

PeopleAudience

PeopleAudience の定義の全文は schema.org/PeopleAudience で確認できます。

商品スニペット

このタイプは、商品スニペットでは使用されません。

販売者のリスティング

商品の推奨の対象ユーザー層を指定する場合は、次のプロパティを使用します。Google Merchant Center ヘルプのサポートされている構造化データの属性と値もご覧ください。

推奨プロパティ
suggestedGender

Text

商品に適した推奨される性別。次のいずれかの値(大文字と小文字を区別しません)を指定する必要があります。

  • Male
  • Female
  • Unisex

詳細については、Google Merchant Center ヘルプの Gender をご覧ください。

schema.org もこのプロパティの Gender の列挙型をサポートしていますが、Google はサポートしていません(Unisex は性別ではありません)。つまり、他の列挙型とは異なり、https://schema.org/ 接頭辞をこれらの値に使用することは回避する必要があります。

suggestedMinAgesuggestedMaxAge

Number

商品に関する推奨年齢層。商品に関する推奨年齢の最小値と最大値が、固定値のセット(新生児、乳児、幼児、子ども、大人)にマッピングされます。

  • 新生児には 0.25 歳(すなわち 3 か月)の年齢上限が適用されます
  • 乳児の上限年齢: 1 歳
  • 幼児の上限年齢: 5 歳
  • 子どもの上限年齢: 13 歳
  • 大人の下限年齢: 13 歳

EnergyConsumptionDetails

EnergyConsumptionDetails の定義の全文は schema.org/EnergyConsumptionDetails で確認できます。

商品スニペット

このタイプは、商品スニペットでは使用されません。

販売者のリスティング

次のプロパティを使用して、電気製品などの商品のエネルギー消費量を示します。現在サポートされているのは、EU のエネルギー効率の評価のみです。

必須プロパティ
hasEnergyEfficiencyCategory

EUEnergyEfficiencyEnumeration

商品のエネルギー効率のカテゴリ。現在サポートされているのは、EU のエネルギー効率の評価のみです。

  • https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryA3Plus
  • https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryA2Plus
  • https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryA1Plus
  • https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryA
  • https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryB
  • https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryC
  • https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryD
  • https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryE
  • https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryF
  • https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryG

URL 接頭辞が付加されていない略称もサポートされています(例: EUEnergyEfficiencyCategoryA)。

推奨プロパティ
energyEfficiencyScaleMinenergyEfficiencyScaleMax

EUEnergyEfficiencyEnumeration

商品が属している商品カテゴリで、EU の規制対象であるエネルギー消費スケールにおける最低および最高の省エネ性能。

サポートされている値のリストについては、hasEnergyEfficiencyCategory をご覧ください。

energyEfficiencyScaleMin プロパティはエネルギー消費スケールの中で最も非効率なクラスを指定し、energyEfficiencyScaleMax は最も効率的なクラスを指定します)。たとえば、"A+++""D" のスケールで省エネ性能 "C" が指定されている商品の場合は、拡張コンバージョンを次のように使用します。


{
  "@type": "EnergyConsumptionDetails",
  "hasEnergyEfficiencyCategory":  "https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryC",
  "energyEfficiencyScaleMin": "https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryD",
  "energyEfficiencyScaleMax": "https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryA3Plus"
}

energyEfficiencyScaleMin が指定されていない場合、値は https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryG であるとみなされます。energyEfficiencyScaleMax が指定されていない場合、値は https://schema.org/EUEnergyEfficiencyCategoryA3Plus であるとみなされます。

送料

OfferShippingDetails

商品スニペット

OfferShippingDetails タイプは商品スニペットでは使用されません。

販売者のリスティング

販売者のリスティングの表示には、次のプロパティが適用されます。

OfferShippingDetails を使用すると、ユーザーの所在地と配送元の配送ポリシーに基づき、ユーザーが配送料と推定配送時間を確認できます。商品に詳細な配送情報が表示されるようにするには、Product 構造化データに加えて、商品ページに次の OfferShippingDetails プロパティを追加します。

販売者は商品の配送について、ユーザーに複数の選択肢(翌日配達、翌々日配達、標準など)を提示する場合があります。それぞれを指定するには、shippingRate プロパティと deliveryTime プロパティをさまざまに組み合わせた、複数の shippingDetails プロパティを使用します。

OfferShippingDetails は必須ではありませんが、詳細な配送情報が表示されるようにするには、次のプロパティを使用します。

OfferShippingDetails の定義の全文は schema.org/OfferShippingDetails で確認できます。

推奨プロパティ
deliveryTime

ShippingDeliveryTime

注文を受けてから商品が購入者に届くまでに生じる遅延時間の合計。次のプロパティは deliveryTime プロパティでネストできます。

  • handlingTime
  • transitTime

deliveryTime を複数指定しないでください。Google でサポートされている ShippingDeliveryTime プロパティのリストもご覧ください。

shippingDestination

DefinedRegion

配送先を示します。shippingDestination.addressCountry 情報を指定します。Google でサポートされている DefinedRegion プロパティのリストもご覧ください。

shippingRate

MonetaryAmount

指定した配送先への配送料の情報。shippingRate.value または shippingRate.maxValue の少なくとも一つを shippingRate.currency とともに指定する必要があります。

shippingRateOfferShippingDetails プロパティごとに 1 つだけ指定できます。商品に対して複数の配送料を指定するには、複数の OfferShippingDetail プロパティを指定します。

shippingRate.currency

Text

配送料の通貨。3 文字の ISO 4217 形式で指定します。通貨は商品の通貨と同じにする必要があります。

shippingRate.value または shippingRate.maxValue

Number

shippingDestination への配送料。文字列を使用して値を指定する場合は、通貨記号、3 桁ごとの区切り記号、スペースを使用しないでください。

送料無料を指定するには、値を 0 に設定します。

DefinedRegion

商品スニペット

このタイプは、商品スニペットでは使用されません。

販売者のリスティング

販売者のリスティングの表示には、次のプロパティが適用されます。

DefinedRegion を使用してカスタムの地域を作成し、複数の配送サービスにわたって正確な送料とお届け日数を設定できます。現在、Google Merchant Center ヘルプの地域を設定するに記載されているように、この機能は一部の国でのみサポートされています。

必須プロパティ
addressCountry

Text

ISO 3166-1 形式の 2 桁の国コード。

推奨プロパティ
addressRegion または postalCode を選択してください。

購入者の配送地域を指定します。省略した場合は、国全体が指定した地域になります。複数の地域を一覧表示できますが、1 つの DefinedRegion インスタンスで異なる地域の指定方法を併用することはできません。

addressRegion

Text

このプロパティを指定する場合は、国コードを付加しない 2 桁または 3 桁の ISO 3166-2 区分コードで地域を指定する必要があります。現在、Google 検索でサポートされているのは米国、オーストラリア、日本のみです。例: 「NY」(米国、ニューヨーク州)、NSW(オーストラリア、ニュー サウス ウェールズ州)、「03」(日本、岩手県)。

地域情報と郵便番号の両方を入力しないでください。

postalCode

Text

郵便番号。例: 94043。現在、郵便番号はオーストラリア、カナダ、米国についてサポートされています。

ShippingDeliveryTime

商品スニペット

このタイプは、商品スニペットでは使用されません。

販売者のリスティング

販売者のリスティングの表示には、次のプロパティが適用されます。

ShippingDeliveryTime は、注文を受けてから商品が購入者に届くまでに生じる遅延時間の合計を共有するために使用します。

推奨プロパティ
handlingTime

QuantitativeValue(配送所要時間)

注文を受けてから商品が倉庫から出荷されるまでに通常発生する遅延。

transitTime

QuantitativeValue(配送所要時間)

注文された商品が発送されてから購入者に届くまでに通常発生する遅延。

QuantitativeValue(配送所要時間)

商品スニペット

このタイプは、商品スニペットでは使用されません。

販売者のリスティング

販売者のリスティングの表示には、次のプロパティが適用されます。

ここでは、QuantitativeValue を使用して配送所要時間を表します。最短日数と最長日数を指定する必要があります(QuantitativeValue は単価にも使用されますが、プロパティの検証ルールが異なります)。

必須プロパティ
maxValue

Number

最大日数。値は負でない整数にする必要があります。

minValue

Number

最小日数。値は負でない整数にする必要があります。

unitCode

Text

最小値と最大値の単位。値は d または day であることが必要です。

Google で配送設定を構成する別の方法

販売店の配送に関するポリシーは複雑性が増し、頻繁に変更される場合もあります。マークアップを使用して配送情報を最新の状態に維持することが困難であり、Google Merchant Center アカウントを保有されている場合は、Google Merchant Center ヘルプで配送設定を構成することを検討してください。

Search Console でリッチリザルトを監視する

Search Console は、Google 検索におけるページのパフォーマンスを監視できるツールです。Search Console に登録していなくても Google 検索結果に表示されますが、登録することにより、Google がサイトをどのように認識しているかを把握して改善できるようになります。次の場合は Search Console を確認することをおすすめします。

  1. 構造化データを初めてデプロイした後
  2. 新しいテンプレートをリリースした後やコードを更新した後
  3. トラフィックを定期的に分析する場合

構造化データを初めてデプロイした後

ページがインデックスに登録されたら、関連するリッチリザルトのステータス レポートを使用して、問題がないかどうかを確認します。有効なページが増え、エラーや警告が増えていない状態が理想的です。構造化データに問題が見つかった場合の手順は次のとおりです。

  1. エラーを修正します
  2. 公開 URL の検査を行い、問題が解決したかどうかを確認します。
  3. ステータス レポートを使用して検証をリクエストします。

新しいテンプレートをリリースした後やコードを更新した後

ウェブサイトに大幅な変更を加えた場合は、構造化データのエラーや警告が増加しないかどうか監視します。
  • エラーが増加した場合は、新しく公開したテンプレートが正常に機能していないか、既存のテンプレートの動作に問題が生じていることが原因と考えられます。
  • 有効な項目が減少している(エラーの増加と一致しない)場合は、ページに構造化データが埋め込まれていない可能性があります。URL 検査ツールを使用して問題の原因を特定します。

トラフィックを定期的に分析する場合

パフォーマンス レポートを使用して Google 検索のトラフィックを分析します。このデータから、検索でページがリッチリザルトとして表示される頻度、ユーザーがページをクリックする頻度、検索結果におけるページの平均掲載順位がわかります。Search Console API を使用して、このデータを自動的に取得することもできます。

ナビゲーション バーの [ショッピング] セクションに、商品の構造化データに関連する Search Console レポートが 2 つあります。

レポート用のショッピング ナビゲーション メニュー

どちらのレポートでも、商品の構造化データに関連する警告とエラーが表示されますが、関連するエクスペリエンスについては要件が異なるため、別途表示されます。たとえば、販売者のリスティング レポートには、Offer 構造化データを含む商品スニペットのチェックが含まれているため、商品スニペット レポートを参照する必要があるのは、販売者以外のリスティング ページのみです。

トラブルシューティング

構造化データの実装またはデバッグで問題が発生した場合は、以下のリソースが参考になります。