OAuth サービス アカウント フロー

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このガイドでは、サービス アカウントを使用して、独自の認証情報を使用して API アクセス用の OAuth2 を設定する方法について説明します。この手順は、OAuth2 認証情報を取り消すか削除しない限り、1 回だけ行う必要があります。

OAuth2 認証情報を作成する

リンク先の手順に沿って サービス アカウント ID と *.JSON ファイルを生成し、このページに戻ります。

JSON ファイルを使用してクライアント ライブラリを設定する

App.config / Web.config で次のキーを構成します。詳細については、構成ガイドをご覧ください。

<add key="OAuth2Mode" value="SERVICE_ACCOUNT" />
<add key="OAuth2SecretsJsonPath" value="INSERT_OAUTH2_SECRETS_JSON_FILE_PATH_HERE" />

<!-- Supply the email address of the user to impersonate. -->
<add key="OAuth2PrnEmail" value="INSERT_OAUTH2_USER_EMAIL_HERE" />