コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google 検索演算子の概要

Google 検索では、検索の絞り込みまたは検索のターゲット指定に使用できる複数の検索演算子がサポートされています。以下に示す検索演算子は、ウェブサイトのデバッグでも有用です。

たとえば、site: 検索演算子はウェブサイトのコメントスパムをモニタリングするのに役立ち、画像検索の imagesize: 演算子はサイト上のサイズが小さい画像を見つけるのに役立ちます。

以下の表では、検索でページのさまざまな側面を確認する際に使用できる検索演算子をまとめています。

検索演算子

cache:

ページのキャッシュ バージョンを見つけます。次に例を示します。


cache:https://www.google.com/

filetype:

content-type HTTP ヘッダーで定義されている特定のファイル形式、またはファイル拡張子で検索結果を見つけます。たとえば、RTF ファイルと .rtf で終わる URL の中から、コンテンツに「galway」という単語が含まれるものを検索できます。


filetype:rtf galway

imagesize:

特定のディメンションの画像を含むページを見つけます。この検索演算子は Google 画像検索でのみ使用できます。次に例を示します。


imagesize:1200x800

related:

特定の URL に関連するページを見つけます。次に例を示します。


related:https://www.google.com/

Google はページで言及されているエンティティやページの一般的なカテゴリといった複数の要素を比較して、URL の関連性を判定します。

site:

特定のドメイン、URL、URL プレフィックスから検索結果を見つけます。次に例を示します。


site:https://www.google.com/

src:

ß

src 属性で特定の画像 URL を参照しているページを見つけます。この検索演算子は Google 画像検索でのみ使用できます。次に例を示します。


src:https://www.example.com/images/peanut-butter.png