有効なページ メタデータを使用する

有効なページ メタデータを使用すると、Google がページの HTML マークアップを処理できるようになります。Google は、HTML が無効な場合や HTML 標準に準拠していない場合でも HTML の解析を試みますが、マークアップに誤りがあると Google 検索におけるウェブサイトのエラーの原因となることがあります。たとえば、<head> 内で無効な要素を使用すると、無効な要素以降の要素はすべて無視されます。

<head> 内で有効な要素を使用する

<head> 内には有効なメタデータのみを配置するようにします。有効なメタデータには、次の HTML 要素が含まれます。

  • title
  • meta
  • link
  • script
  • style
  • base
  • noscript
  • template

<head> 内で無効な要素を使用しない

次の要素は <head> 内で使用すると無効になるため、<head> 内に配置すると Google 検索ではサポートされません。

  • iframe
  • img
  • その他の HTML 要素

これらの無効な要素を <head> 内で使用しないことを強くおすすめします。ただし、使用する必要がある場合は、Google に認識させる要素の後に無効な要素を配置してください。Google は、これらの無効な要素のいずれかを検出すると、それを <head> の末尾を見なし、<head> 内のそれ以降の要素の読み取りを中止します。