LatLngBounds

Public final クラス LatLngBounds が Object を拡張
Parcelable を実装

緯度/経度で整列した長方形を表す不変のクラス。

ネストクラスの概要

クラス LatLngBounds.Builder これは、一連の LatLng ポイントに基づいて最小境界を作成できるビルダーです。

継承された定数の概要

フィールドの概要

public final LatLng 北東 境界の北東端。
public final LatLng 南西部 境界線の南西の隅。

パブリック コンストラクタの概要

LatLngBounds(LatLng南西、LatLng 北東)
南西と北東の角に基づいて新しい境界を作成します。
LatLngBoundsLatLngBounds 境界)
コピー コンストラクタ。

パブリック メソッドの概要

static LatLngBounds.Builder
builder()
新しいビルダーを作成します。
ブール値
次を含むLatLng ポイント)
指定された LatLng がこれに含まれるかどうかを返します。
static LatLngBounds
createFromAttributes(Contextcontext、AttributeSet attrs)
AttributeSet から LatLngBounds を作成します。
ブール値
equals(Object o)
LatLng
getCenter()
この LatLngBounds の中心を返します。
整数
LatLngBounds
include(LatLng point)
この LatLngBounds を拡張して指定された LatLng を含む新しい LatLngBounds を返します。
文字列

継承されたメソッドの概要

フィールド

public final LatLng northeast

境界の北東端。

public final LatLng southwest

境界線の南西の隅。

パブリック コンストラクタ

public LatLngBounds (LatLng southwest、LatLng northeast}

南西と北東の角に基づいて新しい境界を作成します。

境界には、概念的に次のすべてのポイントが含まれます。

  • 緯度の範囲は [northeast.Latitude, southwest.Latitude] です。
  • 経度は [southwest.経度、北東.経度] の範囲内にあります。
  • 経度は [southwest.経度, 180] の範囲内に存在します。

パラメータ
南西 南西角
northeast 北東隅
スロー値
IllegalArgumentException 北東隅の緯度が南西隅の緯度より低い場合。

public LatLngBounds LatLngBounds 境界)

コピー コンストラクタ。

パラメータ
境界 コピーするオブジェクト。

パブリック メソッド

public static LatLngBounds.Builder builder ()

新しいビルダーを作成します。

公開ブール値 以下を含む LatLng ポイント)

指定された LatLng がこれに含まれるかどうかを返します。

パラメータ
point テストする LatLng
戻り値
  • 指定されたポイントが含まれる場合は true、それ以外の場合は false が返されます。

public static LatLngBounds createFromAttributes (Contextcontext, AttributeSet attrs)

AttributeSet から LatLngBounds を作成します。

パラメータ
context
attrs

public boolean equals (Object o)

パラメータ
o

public LatLng getCenter ()

この LatLngBounds の中心を返します。中央は、座標の平均です(経度 180 度座標と交差しているかどうかを考慮に入れています)。これはおおよその地理的中心です(地球が完璧な球体であれば、正確です)。ただし、メルカトル図法により地図に描画される長方形の中心になるとは限りません。

戻り値
  • LatLng は LatLngBounds の中心です。

public int hashCode ()

public LatLngBounds 含む (LatLng ポイント)

この LatLngBounds を拡張して指定された LatLng を含む新しい LatLngBounds を返します。これにより、これと追加のポイントの両方を含む最小の LatLngBounds が返されます。

特に、境界を東方向と西方向の両方で拡張し(一方は経度と交差する場合があり)、いずれか小さい方を選択します。両方向の結果として LatLngBounds が同じサイズになる場合は、東方向に拡張されます。

パラメータ
point 新しい境界に含める LatLng
戻り値
  • このポイントと追加ポイントを含む新しい LatLngBounds

public String toString ()