傾斜と回転

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

プラットフォームを選択: Android iOS JavaScript

サンプルを表示

概要

ベクター地図に傾斜と回転(方角)を設定するには、地図の初期化時に heading プロパティと tilt プロパティを指定し、地図上で setTilt メソッドと setHeading メソッドを呼び出します。次のサンプルでは、プログラムで傾斜と方角の角度を 20 度ずつ増加させるボタンを地図に追加します。

TypeScript

function initMap(): void {
  const map = new google.maps.Map(
    document.getElementById("map") as HTMLElement,
    {
      center: {
        lat: 37.7893719,
        lng: -122.3942,
      },
      zoom: 16,
      heading: 320,
      tilt: 47.5,
      mapId: "90f87356969d889c",
    }
  );

  const buttons: [string, string, number, google.maps.ControlPosition][] = [
    ["Rotate Left", "rotate", 20, google.maps.ControlPosition.LEFT_CENTER],
    ["Rotate Right", "rotate", -20, google.maps.ControlPosition.RIGHT_CENTER],
    ["Tilt Down", "tilt", 20, google.maps.ControlPosition.TOP_CENTER],
    ["Tilt Up", "tilt", -20, google.maps.ControlPosition.BOTTOM_CENTER],
  ];

  buttons.forEach(([text, mode, amount, position]) => {
    const controlDiv = document.createElement("div");
    const controlUI = document.createElement("button");

    controlUI.classList.add("ui-button");
    controlUI.innerText = `${text}`;
    controlUI.addEventListener("click", () => {
      adjustMap(mode, amount);
    });
    controlDiv.appendChild(controlUI);
    map.controls[position].push(controlDiv);
  });

  const adjustMap = function (mode: string, amount: number) {
    switch (mode) {
      case "tilt":
        map.setTilt(map.getTilt()! + amount);
        break;
      case "rotate":
        map.setHeading(map.getHeading()! + amount);
        break;
      default:
        break;
    }
  };
}

declare global {
  interface Window {
    initMap: () => void;
  }
}
window.initMap = initMap;

JavaScript

function initMap() {
  const map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), {
    center: {
      lat: 37.7893719,
      lng: -122.3942,
    },
    zoom: 16,
    heading: 320,
    tilt: 47.5,
    mapId: "90f87356969d889c",
  });
  const buttons = [
    ["Rotate Left", "rotate", 20, google.maps.ControlPosition.LEFT_CENTER],
    ["Rotate Right", "rotate", -20, google.maps.ControlPosition.RIGHT_CENTER],
    ["Tilt Down", "tilt", 20, google.maps.ControlPosition.TOP_CENTER],
    ["Tilt Up", "tilt", -20, google.maps.ControlPosition.BOTTOM_CENTER],
  ];

  buttons.forEach(([text, mode, amount, position]) => {
    const controlDiv = document.createElement("div");
    const controlUI = document.createElement("button");

    controlUI.classList.add("ui-button");
    controlUI.innerText = `${text}`;
    controlUI.addEventListener("click", () => {
      adjustMap(mode, amount);
    });
    controlDiv.appendChild(controlUI);
    map.controls[position].push(controlDiv);
  });

  const adjustMap = function (mode, amount) {
    switch (mode) {
      case "tilt":
        map.setTilt(map.getTilt() + amount);
        break;
      case "rotate":
        map.setHeading(map.getHeading() + amount);
        break;
      default:
        break;
    }
  };
}

window.initMap = initMap;

CSS

/*
 * Always set the map height explicitly to define the size of the div element
 * that contains the map.
 */
#map {
  height: 100%;
}

/*
 * Optional: Makes the sample page fill the window.
 */
html,
body {
  height: 100%;
  margin: 0;
  padding: 0;
}

.ui-button {
  background-color: #fff;
  border: 0;
  border-radius: 2px;
  box-shadow: 0 1px 4px -1px rgba(0, 0, 0, 0.3);
  margin: 10px;
  padding: 0 0.5em;
  font: 400 18px Roboto, Arial, sans-serif;
  overflow: hidden;
  height: 40px;
  cursor: pointer;
}
.ui-button:hover {
  background: rgb(235, 235, 235);
}

HTML

<html>
  <head>
    <title>Tilt and Rotation</title>
    <script src="https://polyfill.io/v3/polyfill.min.js?features=default"></script>

    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="./style.css" />
    <script type="module" src="./index.js"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map"></div>

    <!--
     The `defer` attribute causes the callback to execute after the full HTML
     document has been parsed. For non-blocking uses, avoiding race conditions,
     and consistent behavior across browsers, consider loading using Promises
     with https://www.npmjs.com/package/@googlemaps/js-api-loader.
    -->
    <script
      src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=AIzaSyB41DRUbKWJHPxaFjMAwdrzWzbVKartNGg&callback=initMap&v=beta"
      defer
    ></script>
  </body>
</html>

サンプルを試す

マウスとキーボードによる傾斜と方角の調整

傾斜と回転は、マウスとキーボードを使用して調整できます。

  • マウスを使用する場合、Shift キーを押したままマウスをクリックし、上下にドラッグして傾きを調整し、左右にドラックして方角を調整します。
  • キーボードを使用する場合、Shift キーを押したまま、上下の矢印キーを使用して傾きを調節し、左右の矢印キーを使用して方角を調整します。

プログラムによる傾斜と方角の調整

setTilt() メソッドと setHeading() メソッドを使用すると、ベクター地図の傾斜と方角をプログラムにより調整できます。方角とは、カメラが向いている方向を北から時計回りの角度で表したものです。したがって、map.setHeading(90) の場合、東が上向きになるよう地図が回転します。傾斜の角度は頂点から測定されるため、map.setTilt(0) の場合は真下を向き、map.setTilt(45) の場合は傾斜ビューになります。

  • setTilt() を呼び出して、地図の傾斜の角度を設定します。getTilt() を使用して、現在の傾斜値を取得します。
  • setHeading() を呼び出して、地図の方角を設定します。getHeading() を使用して、現在の方角値を取得します。

傾斜と方角を維持したまま地図の中心を変更するには、map.setCenter() または map.panBy() を使用します。

なお、使用できる角度の範囲は、現在のズームレベルによって異なります。この範囲外となる値は、現在許可されている範囲に固定されます。

moveCamera メソッドを使用して、方角、傾斜、中央、ズームをプログラムにより変更することもできます。詳細

他のメソッドへの影響

傾斜または回転を地図に適用すると、Maps JavaScript API の他のメソッドの動作も影響を受けます。

  • map.getBounds() は常に、表示されるリージョンを含む最小の境界ボックスを返します。傾斜が適用されると、返される境界は、地図のビューポートで表示されるリージョンよりも大きなリージョンを表す可能性があります。
  • map.fitBounds() は、境界に収める前に傾斜と方角を 0 にリセットします。
  • map.panToBounds() は、境界をパンする前に、傾斜と方角を 0 にリセットします。
  • map.setTilt() は任意の値を受け入れますが、現在の地図のズームレベルに基づいて最大傾斜が制限されます。
  • map.setHeading() は任意の値を受け入れますが、範囲 [0, 360] に収まるように変更されます。