ユーティリティ ライブラリの概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
プラットフォームを選択: Android iOS

マップに追加する高度な機能をお探しですか。GitHub の Maps SDK for iOS ユーティリティ ライブラリは、幅広いアプリケーションで役立つクラスのオープンソース ライブラリです。GitHub リポジトリには、ユーティリティ クラスと、各クラスの使用法を示すデモアプリが含まれています。

ユーティリティ

デフォルトのスタイルでクラスタリングされたマーカーのあるマップ

マーカー クラスタ

GMUClusterManager を使うと、さまざまなズームレベルで複数のマーカーを管理できます。つまり、マップを見づらくすることなく、マップ上に多数のマーカーを配置できるということです。ユーザーが高いズームレベルでマップを表示すると、個々のマーカーがマップ上に表示されます。ユーザーが低いズームレベルにズームアウトすると、マーカーがまとまってクラスタになり、マップが見やすくなります。

詳しくは、マーカー クラスタリングのドキュメントをご覧ください。

このユーティリティの画像はありません。

四分木

四分木は、特定のスポットの近くにあるポイントを検索することで、そのポイントの近くにあるポイントを見つけるのに役立つデータ構造です。

詳細については、Quadtree のドキュメントをご覧ください。

KML データを含むマップ

KML

KML は、点、線、ポリゴンなどの地理データをレンダリングするための一般的な形式です。GMUKMLParser を使用すると、KML 形式で地理データを解析してレンダリングできます。

詳しくは、KML のドキュメントをご覧ください。

GeoJSON レイヤを含むマップ

マップに GeoJSON をインポートする

対象物を GeoJSON 形式で保存し、このユーティリティを使用して、それらをレイヤとしてマップ上にレンダリングすることができます。GMUGeoJSONParserGMUGeometryRenderer を使用して、GeoJSON 形式で地理データをレンダリングします。

詳しくは、GeoJSON のドキュメントをご覧ください。

警察署の場所を示すヒートマップが表示されているマップ

ヒートマップ

ヒートマップを使うと、マップ上のデータポイントの分布と相対密度を閲覧者にわかりやすく示すことができます。各場所にマーカーを配置するのではなく、ヒートマップでは色と図形を使用してデータの分布を表します。

詳しくは、ヒートマップのドキュメントをご覧ください。

画像を示すカスタム マーカーを含む地図

カスタムのマーカー

マーカーを地図に追加する前後に、マーカーのプロパティをカスタマイズするには、GMUDefaultClusterRenderer のデリゲート GMUClusterRendererDelegate を使用します。

座標間の距離を示すマップ

ジオメトリ ユーティリティ

Maps SDK for iOS の GMSGeometryUtils モジュールの Swift 球面ジオメトリ ユーティリティ関数のセット。これらの拡張機能を使用して、次のようなさまざまなタイプのジオメトリ操作を実行します。

  • 座標間の大きな円距離を特定します
  • 座標がポリゴンの内部かどうかを確認する
  • 座標が、指定した許容範囲内のパス上にあるか、パスの近くにあるかを判断します
  • このポリゴンの面積を決定します
  • その他