cache: 検索演算子

cache: 演算子は、ページのキャッシュ バージョンを見つけるために使用できる検索演算子です。Google がキャッシュ バージョンを生成するのは、たとえばサイトが利用できない場合でも、ユーザーがウェブページにアクセスできるようにするためです。

cache: 演算子はウェブ検索でのみ使用できます。

Google キャッシュの対象ユーザーは Google 検索のユーザーですが、Google がページをインデックスに登録する際にページをどのように認識するかをウェブの作成者と開発者が把握するためにも役立ちます。また、デバッグにおいても有用です。たとえば、キャッシュ バージョンの生成時に、挿入されたコンテンツが Googlebot に対してクローキングされたかどうかを判別できます。

ページのキャッシュ バージョンを見つける

ページのキャッシュ バージョンを見つける方法には、次の 2 つがあります。

  1. 次のように、ページの URL の前に cache: を付けて検索します。
    cache:https://example.com/your/page.html
  2. URL を検索した後、結果の隅にあるその他メニュー(3 つの点のアイコン)または矢印をクリックして、ページのキャッシュ バージョンのリンクにアクセスします。

Google がページのキャッシュ バージョンを生成する仕組み

インデックス登録の際に、Google は取得したままの未加工バージョンの HTML またはレンダリングされたバージョンの HTML のどちらか最初に利用可能なバージョンを使用して、ページのキャッシュ バージョンを生成します。この動作はインデックスに登録されるほとんどのページで発生しますが、常に発生する保証はありません。ページのキャッシュ バージョンが存在しなくても、そのページまたはコンテンツが不適切というわけではありません。また、そのことが Google 検索結果におけるページのパフォーマンスに影響することもありません。

ページのキャッシュ バージョンを有効にする

Google がインデックス登録したほとんどのページには、キャッシュ バージョンも存在します。ページにキャッシュ バージョンが存在しない場合、前述のキャッシュ バージョンを見つける方法は失敗します(たとえば、URL を検索すると無関係な結果が表示されるか、何も結果が表示されません。または、キャッシュ ページに「見つかりません」というメッセージが表示されます)。

サイトのページにキャッシュ バージョンが存在しない場合は、インデックス登録が可能なページであること、ページが検索の基本事項に従っていること、コンテンツが高品質であることを確認してください。または、何もせずに、そのうち Google によってページのキャッシュ バージョンが生成されるのを待つ方法もあります。

ページのキャッシュ バージョンを更新する

Google は、インデックス登録時にページのキャッシュ バージョンを更新します。ページのキャッシュ バージョンを更新するには、Search Console でページの再インデックス登録をリクエストします。