コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google 検索に対してサイト名を指定する

Google で検索結果にページの一覧が表示されるとき、そのページの取得元サイトの名前が表示されます。これをサイト名と呼びます。Google では、さまざまな情報源を使って自動的にサイト名を決定していますが、WebSite 構造化データを追加することで、希望するサイト名を指定することもできます。サイト名はページごとのタイトルリンクとは異なります(タイトルリンクは各ウェブページに固有ですが、サイト名はサイト全体が対象です)。

Google 検索の検索結果でのサイト名

機能の提供状況

モバイルの Google 検索の検索結果に表示されるサイト名は、英語、フランス語、日本語、ドイツ語に対応しています。

Google 検索でのサイト名の生成方法

Google 検索の検索結果のページに表示されるサイト名は、サイトのコンテンツとウェブ上の参照元ページとの両方を考慮して、自動的に生成されます。サイト名は、個々の検索結果の情報源を最もよく表し、説明するように作られます。

Google 検索では、サイトのホームページから取得したさまざまな情報を使用して、サイト名を自動的に決定します。使用する情報源には、次のものが含まれます。

Google で表示される個々のサイトのサイト名を手動で変更することはできませんが、できるだけ正確なものとなるよう常に努めています。表示されるサイト名の品質を高めるには、WebSite 構造化データをページに追加します。

構造化データを追加する方法

構造化データは、ページに関する情報を提供し、ページ コンテンツを分類するための標準化されたデータ形式です。構造化データを初めて使用する場合は、構造化データの仕組みについてをご覧ください。

構造化データの作成、テスト、リリースの概要は次のとおりです。ウェブページに構造化データを追加するための手順ガイドについては、構造化データの Codelab をご覧ください。

  1. ガイドラインを遵守します。
  2. JSON-LD、RDFa、または microdata の形式でウェブサイトのホームページに必須プロパティを追加します。サイトのすべてのページにこのマークアップを追加する必要はありません。追加する必要があるのはホームページだけです。

    JSON-LD

    <html>
      <head>
        <title>Example: A Site about Examples</title>
        <script type="application/ld+json">
        {
          "@context" : "https://schema.org",
          "@type" : "WebSite",
          "name" : "Example",
          "url" : "https://example.com/"
        }
      </script>
      </head>
      <body>
      </body>
    </html>

    microdata

    <html>
      <head>
        <title>Example: A Site about Examples</title>
      </head>
      <body>
      <div itemscope itemtype="https://schema.org/WebSite">
        <meta itemprop="url" content="https://example.com/"/>
        <meta itemprop="name" content="Example"/>
      </div>
      </body>
    </html>
            
  3. サイト名の代替バージョン(頭字語や略称など)を指定する場合は、alternateName プロパティを追加します。これは省略可能です。

    JSON-LD

    <html>
      <head>
        <title>Example: A Site about Examples</title>
        <script type="application/ld+json">
        {
          "@context" : "https://schema.org",
          "@type" : "WebSite",
          "name" : "Example Company",
          "alternateName" : "EC",
          "url" : "https://example.com/"
        }
      </script>
      </head>
      <body>
      </body>
    </html>

    microdata

    <html>
      <head>
        <title>Example: A Site about Examples</title>
      </head>
      <body>
      <div itemscope itemtype="https://schema.org/WebSite">
        <meta itemprop="url" content="https://example.com/"/>
        <meta itemprop="name" content="Example Company"/>
        <meta itemprop="alternateName" content="EC"/>
      </div>
      </body>
    </html>
            
  4. URL 検査ツールを使用して、ページが Google からどのように認識されるかをテストしてください。Google がホームページにアクセスでき、robots.txt ファイル、noindex タグ、またはログイン要件によってページがブロックされていないことを確認します。ページが正常に表示される場合は、Google に URL の再クロールを依頼します。

ガイドライン

Google がサイト名をより正確に理解できるようにするために、Search Essentials構造化データに関する一般的なガイドライン、および、以下の技術に関するガイドラインとコンテンツ ガイドラインに従ってください。

技術に関するガイドライン

  • 現在、Google 検索はドメインで定義されたサイトにつき 1 つのサイト名のみサポートしています。つまり Google 検索では、サイト名はサブドメイン レベルやサブディレクトリ レベルではなく、ドメインレベルでサポートされています。通常、wwwm で始まるサブドメイン名は、ドメインレベルであるとみなされます。
    サポートされる: https://example.com(ドメインレベルのホームページ)
    サポートされる: https://www.example.com(ドメインレベルのホームページとみなされる)
    サポートされる: https://m.example.com(ドメインレベルのホームページとみなされる)
    サポートされない: https://example.com/news(サブディレクトリ レベルのホームページ)
    サポートされない: https://news.example.com(サブドメイン レベルのホームページ)
    サブドメインの場合、Google 検索では検索結果に短縮されたバージョンの URL が表示される場合があります(たとえば、"news.example.com"https://news.example.com サブドメインのサイト名として表示される)。
  • WebSite 構造化データは、サイトのホームページに配置する必要があります。ホームページとは、ドメインレベルのルート URI です。たとえば、https://example.com はドメインのホームページですが、https://example.com/de/index.html はホームページではありません。
  • ホームページは Google がクロールできる(Google をブロックしない)必要があります。Google がホームページのコンテンツにアクセスできない場合、サイト名を生成できないことがあります。
  • 同じコンテンツ(ホームページの HTTP バージョンと HTTPS バージョン、または www ありと www なしなど)でホームページが重複している場合は、正規ページだけでなく重複するすべてのページで同じ構造化データを使用してください。
  • サイトリンク検索ボックス機能用に WebSite 構造化データをすでに実装している場合は、サイト名の各プロパティを同じノードにネストしてください。つまり、可能な場合にはホームページに別の WebSite 構造化データのブロックを作成しないようにします。以下に、サイト名とサイトリンク検索ボックスの両方に対応する WebSite 構造化データの例を示します。
    <html>
      <head>
        <title>Example: A Site about Examples</title>
        <script type="application/ld+json">
        {
          "@context" : "https://schema.org",
          "@type" : "WebSite",
          "name" : "Example Company",
          "alternateName" : "EC",
          "url" : "https://example.com/",
          "potentialAction": {
            "@type": "SearchAction",
            "target": {
              "@type": "EntryPoint",
              "urlTemplate": "https://query.example.com/search?q={search_term_string}"
            },
            "query-input": "required name=search_term_string"
          }
        }
      </script>
      </head>
      <body>
      </body>
    </html>

コンテンツ ガイドライン

  • サイトのアイデンティティを正確に反映した独自の名前を選んでください。ユーザーを誤解させる可能性があるので、別のサイトで使用されている名前は選ばないでください。検索コンテンツ ポリシーに準拠している名前を選ぶ必要があります。
  • 簡潔で一般に認識されている名前を使用してください(例: 「Google, Inc.」ではなく「Google」)。サイト名の長さに制限はありませんが、デバイスによっては、サイト名が途中で切れてしまいます。一般に認識されている別名がある場合は、alternateName プロパティを使用してその名前(頭字語など)を指定できます。
  • ホームページ全体で一貫したサイト名を使用してください。構造化データでサイト名として使用する名前は、ホームページの内容、<title> 要素、その他の Google がそこからサイト名を導き出すことができる認識しやすい情報源との整合性が取れている必要があります。

構造化データタイプの定義

希望するサイト名を Google に伝えるには、サイトのホームページに必須プロパティを追加します。

WebSite

WebSite の定義の全文は schema.org/WebSite で確認できます。

必須プロパティ
name

Text

ウェブサイトの名前です。名前はコンテンツ ガイドラインに準拠させてください。

url

URL

サイトのホームページの URL です。サイトの正規ホームページに設定します。例: https://example.org

推奨プロパティ
alternateName

Text

ウェブサイトの別名(そのサイトに一般に認識された頭字語や略称がある場合など)、該当する場合。名前はコンテンツ ガイドラインに準拠させてください。

一般的な問題のトラブルシューティング

検索結果のサイト名に関して最も頻繁に見られる問題を紹介します。

一般的な問題

サイト名が正しくないか形式が間違っている

"Android" ではなく "Andorid" となっている場合などです。

ホームページのマークアップで指定したサイト名が、希望するサイト名であることと、Google のガイドラインに準拠していることを確認してください。ホームページに関する他の情報源でも希望するサイト名を使用していることを確認してください。

サイトに複数のバージョン(HTTP と HTTPS など)がある場合は、同じサイト名を一貫して使用していることを確認してください。

サイト名の代わりに URL が表示される

"Android" の代わりに "android.com""news.android.com" が表示される場合などです。

Google 検索では、ホームページのメタデータに基づいてサイト名を特定できない場合は、代わりにドメインが表示されます。サイト名がコンテンツ ガイドラインに準拠していることと、構造化データを使って正しく実装されていることを再度確認してください。

サイトがサブドメインの場合は、サイト名の代わりに URL が検索結果に表示されることがあります。現在 Google 検索では、サブドメイン(https://news.example.com など)やサブディレクトリ(https://example.com/news など)ではなく、ドメインレベルのホームページから取得するサイト名がサポートされています。

検索結果から別のページにリダイレクトされる

そのページから Googlebot が認識できるページにリダイレクトされる場合、サイト名にはリダイレクト先が反映されます。そのページから Googlebot が認識できないページにリダイレクトされる場合、サイト名には元のページの名前が反映されます。

リダイレクトが意図したとおりに機能し、Googlebot がリダイレクト先のページにアクセスできるようにしてから、そのページの再クロールをリクエストしてください。

構造化データに関する問題のトラブルシューティング

構造化データの実装またはデバッグで問題が発生した場合は、以下の情報が参考になります。