Maps SDK for Android の概要

Maps SDK for Android を使用すると、Google マップのデータ、地図の表示、地図操作へのレスポンスを使用している Wear OS アプリなどの Android アプリに地図を追加できます。また、マーカー、ポリゴン、オーバーレイを地図に追加することで、地図上の場所に関する追加情報を表示し、ユーザーの操作をサポートできます。

SDK では Kotlin と Java の両方のプログラミング言語がサポートされ、高度な機能とプログラミング技術のための追加のライブラリと拡張機能が使用できます。


次のステップ

SDK のサンプルコード、ライブラリ、拡張機能は次のとおりです。

GitHub - サンプルコード
SDK を使用するサンプルアプリのコード一式とコード スニペット。
Android ユーティリティ ライブラリ
地図の高度な機能(複数のレイヤ、マーカー クラスタ、距離計算など)のライブラリ。
KTX Kotlin 拡張機能
Maps SDK for Android を使用する際にアプリでより効率的な Kotlin コードを記述するための拡張機能のコレクション(Maps Android KTX)。