バージョン

バージョンは、スクリプトの静的コピーです。バージョンにより、変更を追跡できます。版は、一度保存すると、変更できなくなります。多数の変更やイテレーションを伴うスクリプトを処理する場合、バージョンを使用します。

ライブラリを作成する場合は、バージョンを作成する必要があります。詳細については、ライブラリをご覧ください。

バージョンの作成

新しいエディタ

新しいデプロイを作成すると、バージョンが自動的に作成されます。既存のデプロイから新しいバージョンを作成することもできます。手順は次のとおりです。

  1. スクリプト プロジェクトを開きます。
  2. 上部の [デプロイ] > [デプロイを管理] をクリックします。
  3. アクティブなデプロイメントを選択して新しいバージョンを作成し、編集アイコン をクリックします。
  4. [バージョン] セクションで [新しいバージョン] を選択します。
  5. [デプロイ] をクリックします。

以前のエディタ

作業中のスクリプトを開き、以下の手順に沿ってスクリプトを保存します。

  1. [ファイルとバージョンの管理] を選択します。
  2. バージョンの説明を入力して [Save New Version] をクリックし、現在のスクリプトを新しいバージョンとして保存します。
  3. 保存した版は、バージョン一覧の一番上にある説明ボックスのすぐ下に表示されます。

版の削除

バージョンを削除するには、以前のエディタを使用する必要があります。エディタの右上にある [クラシック エディタを使用] をクリックして、次の手順を行います。

  1. [ファイルとバージョンの管理] を選択します。
  2. 版の右側にある [X] をクリックして、完全に削除します。