Google スライドを拡張する

Google Apps Script では、スライド サービスを使って、Google スライドのプレゼンテーションをプログラムで作成、変更できます。Apps Script を使用して、Google スライドにカスタム メニューダイアログ、サイドバーを追加できます。Google スライドは、カレンダー、ドライブ、Gmail などの他の Google サービスと統合することもできます。

始める

Apps Script には、Google スライドをプログラムで作成、読み取り、編集できる組み込みサービスが含まれています。Apps Script では、次の 2 つの方法で Google スライドを操作できます。

  1. ユーザーがそのプレゼンテーションに適切なアクセス権限を持っている場合は、どのスクリプトでも、新しいプレゼンテーションを作成したり、既存のプレゼンテーションにアクセスしたりできます。
  2. スクリプトをプレゼンテーションにバインドすると、そのスクリプトのスライド ユーザー インターフェースに直接アクセスできるようになります。バインドされたスクリプトを作成するには、Google スライドから [ツール &スクリプト エディタ] を選択します。

カスタム メニューとユーザー インターフェース

Google スライドをカスタマイズするには、カスタム メニュー、ダイアログ ボックス、サイドバーを追加します。メニュー作成の基本については、メニューに関するガイドをご覧ください。ダイアログ ボックスの内容のカスタマイズについては、HTML サービスガイドをご覧ください。

カスタム インターフェースをアドオンの一部として公開する場合は、スタイルガイドに沿って、Google スライド エディタのスタイルとレイアウトに一貫性を持たせます。

Google スライドのアドオン

アドオンは、Google スライド内で実行し、Google スライドのアドオンストアからインストール可能な、特別にパッケージ化された Apps Script プロジェクトです。Google スライド用のスクリプトを開発し、世界に向けて共有したい場合は、Apps Script でスクリプトとして公開し、他のユーザーがアドオンストアからインストールできるようにすることができます。

スライド アドオンの例については、翻訳用アドオンのサンプルまたは進行状況バー アドオンのサンプルをご覧ください。