会議のアドオン設定の追加

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Workspace 会議ソリューションを追加するアドオンには、多くの場合、アドオンの設定ページからユーザーが制御する必要のある詳細情報があります。たとえば、ユーザーがサードパーティ製会議システムからログアウトするためのボタンやコントロールが用意されています。

アドオン設定ページは省略可能です。以降のセクションでは、アドオンの設定ページを開く方法と、設定ページの作成方法について説明します。

アドオンの設定を開く

インストールしたアドオンの設定アプリを開くには、次の操作を行います。

  1. Google カレンダーを開きます。
  2. アイコンをクリックし、[設定] を選択します。
  3. 左側のナビゲーション パネルで [アドオン] を選択して、インストールされているアドオンリストに移動します。
  4. アドオン名の右側にある [設定] ボタンをクリックして、アドオンの設定ページを開きます。これにより、Google カレンダーで設定ページの URL が開きます。

アドオンで設定ページが定義されていない場合、[設定] ボタンは表示されません。

設定ページを作成する

設定ページは通常、標準の HTML と CSS を使用して作成します。ページを設計する際は、アドオンのスタイル ガイドラインに従ってください。

ユーザーがアドオンの設定を調整した場合、そのページはサードパーティの会議システムにリクエストを送信して、必要に応じて変更を行います。このページでは、必要に応じて、アドオン プロジェクトのユーザー プロパティから情報を保存したり取得したりすることもできます。

外部ウェブサーバーでホストされている

アドオンの設定ページは、サードパーティの会議ウェブサイトなどでアドオン スクリプト プロジェクトから外部からホストできます。

外部設定ページにアドオンをリンクするには、次のことを行う必要があります。

  1. ページをビルドして外部でホストします。要素をページに追加するときは、サードパーティ製会議システムと正しく通信し、ユーザーに適した変更を行うようにしてください。
  2. アドオン スクリプト プロジェクトで、外部ページの URL を返す関数を実装します。
  3. この関数の名前をアドオン プロジェクトのマニフェストcalendar.createSettingsFunction フィールドとして指定します。

Apps Script 内でホストされている

Apps Script ウェブアプリを使用すると、アドオンの設定ページを提供できます。ウェブアプリでは、アドオン スクリプト プロジェクトによってページを構築してデプロイし、Apps Script サーバーにホストできます。

ウェブアプリ用に HTML を作成する方法については、HTML サービスガイドをご覧ください。必要に応じて、設定ページは Google サーバーと通信できます。また、ページのテンプレートを利用することで、テンプレートをより動的なものにできます。

カレンダー会議のアドオンの例に、ウェブアプリの設定ページの作成方法を示します。