コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

バーコード スキャン

ML Kit のバーコード スキャン API を使用すると、標準的なバーコード形式でエンコードされたデータを読み取ることができます。バーコード スキャンはデバイス上で行われ、ネットワーク接続は必要ありません。

バーコードは、現実世界からアプリに情報を渡すための便利な方法です。特に、QR コードなどの 2D 形式を使用する場合、連絡先情報や Wi-Fi ネットワーク認証情報などの構造化データをエンコードできます。ML Kit はこのデータを自動的に認識して解析できるため、ユーザーがバーコードをスキャンすると、インテリジェントなデータが返されます。

iOS Android

主な機能

ほとんどの標準フォーマットを読み取り
  • リニア形式: Codabar、Code 39、Code 93、Code 128、EAN-8、EAN-13、ITF、UPC-A、UPC-E
  • 2D 形式: Aztec、Data Matrix、PDF417、QR コード
自動フォーマット検出
目的の形式を指定しなくても、サポートされているすべてのバーコード形式を一度にスキャンできます。また、検出対象を目的の形式のみに制限することで、スキャン速度を向上させることもできます。
構造化データの抽出
サポートされている 2D 形式のいずれかを使用して保存された構造化データは自動的に解析されます。サポートされる情報タイプには、URL、連絡先情報、カレンダー イベント、メールアドレス、電話番号、SMS メッセージ プロンプト、ISBN、Wi-Fi 接続情報、地理的位置、AAMVA 標準ドライバ情報があります。
あらゆる向きに対応
バーコードは、向き(上下、逆、横)に関係なく認識され、スキャンされます。
デバイス上で実行
バーコード スキャンはデバイス上で完全に行われ、ネットワーク接続は必要ありません。

この API では、次の形式のバーコードは認識されません。

  • 1 桁のみの 1D バーコード
  • 6 文字未満の ITF 形式のバーコード。チェックサムがないため、不安定であることが知られている
  • FNC2、FNC3 または FNC4 でエンコードされたバーコード
  • ECI モードで生成された QR コード

この API は、API 呼び出し 1 回につきバーコードは 10 個までしか認識できません。

検索結果の例

結果
コルナー (49,125)、(172,125)、(172,160)、(49,160)
未加工の値 2404105001722
結果
コルナー (87,87)(612,87)(612,612)(87,612)
未加工の値 WIFI:S:SB1Guest;P:12345;T:WEP;;
Wi-Fi 情報
SSID SB1 ゲスト
パスワード 12345
種類 WEP