Routes API は現在プレビュー版(一般提供前)です。一般提供前のプロダクトや機能では、サポートが制限されることがあります。また、一般提供前のプロダクトや機能の変更は、他の一般提供前のバージョンと互換性がない可能性があります。一般提供前のサービスには、Google Maps Platform サービス固有の規約が適用されます。詳細については、リリース ステージの説明をご覧ください。

ポリラインで交通情報をリクエストする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Routes API を使用すると、交通認識ポリラインに基づいて交通状況に関する情報をリクエストできます。交通状況は、レスポンスのポリラインの各間隔に適用される速度カテゴリ(NORMALSLOWTRAFFIC_JAM)で表現されます。間隔は、始点と終点(排他的)のポリラインのインデックスによって定義されます。

ポリラインについて詳しくは、以下をご覧ください。

ポリラインを返す

ポリラインは、ポリライン(REST)またはポリライン(gRPC)オブジェクトで表されます。ルートレベルと区間レベルの両方でレスポンスでポリラインを返すことができます。

レスポンス フィールド マスクを使用して、返すポリラインを制御します。

  • ルートレベルでは、レスポンスのフィールド マスクに routes.polyline を含めて、レスポンスでポリラインを返します。

  • 区間レベルでは、routes.legs.polyline を指定して、ルートの各区間のレスポンスにポリラインを返します。

たとえば、ルート全体と各区間のポリラインを返すには:

X-Goog-FieldMask: routes.duration,routes.distanceMeters,routes.polyline,routes.legs.polyline

ポリラインのタイプを設定する

computeRoutes メソッド(REST)と ComputeRoutes メソッド(gRPC)は、ポリラインのタイプを制御する polylineEncoding リクエスト オプションをサポートしています。

polylineEncoding は、ポリラインを ENCODED_POLYLINE(デフォルト)としてエンコードする、つまりポリライン エンコード アルゴリズムを使用する、または GEO_JSON_LINESTRING(GeoJSON LineString 形式を使用する)としてエンコードする方法を指定します。

たとえば、リクエスト本文は次のようになります。

{
  "origin":{
    "location":{
      "latLng":{
        "latitude": 37.419734,
        "longitude": -122.0827784
      }
    }
  },
  "destination":{
    "location":{
      "latLng":{
        "latitude": 37.417670,
        "longitude": -122.079595
      }
    }
  },
  "travelMode": "DRIVE",
  "routingPreference": "TRAFFIC_AWARE",
  "polylineQuality": "HIGH_QUALITY",
  "polylineEncoding": "ENCODED_POLYLINE", 
  "departureTime": "2019-10-15T15:01:23.045123456Z",
  ...
}

返品に関する情報

レスポンスに、有料道路と予想されるトラフィック ゾーン制限に関する情報を含めるように構成できます。

RouteTravelAdvisory と RouteLegTravelAdvisory の両方にトラフィック速度情報の配列フィールドがあり、交通状況の密度が詳細に表示されます。配列内の各オブジェクトは SpeedReadingInterval(REST)または SpeedReadingInterval(gRPC)オブジェクトで表されます。

SpeedReadingInterval オブジェクトには、ルート間隔における速度の読み取りが含まれます。オブジェクトの配列全体が、ルートのポリライン全体を重複せずにカバーします。指定した間隔の始点は、前の間隔の終点と同じです。

ポリラインで交通情報を返すようにメソッドを設定するには、レスポンス フィールド マスクを使用します。

  • ルートレベルでは、レスポンス フィールド マスクに routes.travelAdvisory を含めることで、レスポンス内のすべてのトラフィック情報を返します。SpeedReadingInterval のみを返すには、routes.travelAdvisory.speedReadingIntervals を指定します。

  • 区間レベルでは、routes.legs.travelAdvisory.speedReadingIntervals または routes.legs.steps.travelAdvisory.speedReadingIntervals を指定して、ルートの各区間のレスポンスに交通情報を返します。

交通情報を返す際、通常はレスポンスでポリラインと交通状況の情報の両方を返します。

X-Goog-FieldMask: routes.duration,routes.distanceMeters,routes.polyline,routes.travelAdvisory,routes.legs.polyline,routes.legs.travelAdvisory

トラフィック対応ポリラインのレスポンスの例

レスポンスでは、ルートレベルのトラフィックは routes.travelAdvisory.speedReadingIntervals で使用可能です。区間レベルのトラフィックは routes.legs.travelAdvisory.speedReadingIntervals で使用できます。

すべての間隔は、startPolylinePointIndexendPolylinePointIndex、対応する速度カテゴリによって表されます。間隔内に開始インデックスがない場合、proto3 のプラクティスに従ってインデックス 0 に対応します。

startPolylinePointIndexendPolylinePointIndex の値は必ずしも連続していません。例:

{
  "startPolylinePointIndex": 2,
  "endPolylinePointIndex": 4,
  "speed": "NORMAL"
}

この場合、トラフィック条件はインデックス 2 からインデックス 4 で同じでした。

レスポンス全体は次のとおりです。

{
  "routes": [
    {
      "legs": {
        "polyline": {
          "encodedPolyline": "}boeF~zbjVAg@EmB`GWHlD"
        },
        "travelAdvisory": {
          "speedReadingIntervals": [
            {
              "endPolylinePointIndex": 1,
              "speed": "NORMAL"
            },
            {
              "startPolylinePointIndex": 1,
              "endPolylinePointIndex": 2,
              "speed": "SLOW"
            },
            {
              "startPolylinePointIndex": 2,
              "endPolylinePointIndex": 4,
              "speed": "NORMAL"
            }
          ] 
        }
      },
      "polyline": {
        "encodedPolyline": "}boeF~zbjVAg@EmB`GWHlD"
      },
      "travelAdvisory": {
        "speedReadingIntervals": [
          {
            "endPolylinePointIndex": 1,
            "speed": "NORMAL"
          },
          {
            "startPolylinePointIndex": 1,
            "endPolylinePointIndex": 2,
            "speed": "SLOW"
          },
          {
            "startPolylinePointIndex": 2,
            "endPolylinePointIndex": 4,
            "speed": "NORMAL"
          }
        ] 
      }
    }
  ]
}

Maps SDK で交通認識ポリラインをレンダリングする

Google Maps SDK で提供されているさまざまな機能(カスタム カラー、ストローク、ポリライン ストレッチに沿ったパターン)を使用して、トラフィックに対応したポリラインを地図に表示することをおすすめします。ポリラインの使用について詳しくは、Android 向けポリライン機能iOS 用ポリライン機能をご覧ください。

ポリラインのレンダリング例

Maps SDK のユーザーは、速度カテゴリとポリライン レンダリング スキーマの間に、カスタマイズされたマッピング ロジックを定義できます。たとえば、「正常」の速度を青い太い線で、「低速」の速度をオレンジ色の太い線で表示するといった具合です。

以下のスニペットでは、メルボルンからパースまでの測地線セグメントを含む太い青いポリラインが追加されます。詳しくは、外観のカスタマイズ(Android の場合)とポリラインのカスタマイズ(iOS の場合)をご覧ください。

Android

Java

Polyline line = map.addPolyline(new PolylineOptions()
    .add(new LatLng(-37.81319, 144.96298), new LatLng(-31.95285, 115.85734))
    .width(25)
    .color(Color.BLUE)
    .geodesic(true));

Kotlin

val line: Polyline = map.addPolyline(
  PolylineOptions()
    .add(LatLng(-37.81319, 144.96298), LatLng(-31.95285, 115.85734))
    .width(25f)
    .color(Color.BLUE)
    .geodesic(true)
)

iOS

Objective-C

GMSMutablePath *path = [GMSMutablePath path];
[path addLatitude:-37.81319 longitude:144.96298];
[path addLatitude:-31.95285 longitude:115.85734];
GMSPolyline *polyline = [GMSPolyline polylineWithPath:path];
polyline.strokeWidth = 10.f;
polyline.strokeColor = .blue;
polyline.geodesic = YES;
polyline.map = mapView;

Swift

let path = GMSMutablePath()
path.addLatitude(-37.81319, longitude: 144.96298)
path.addLatitude(-31.95285, longitude: 115.85734)
let polyline = GMSPolyline(path: path)
polyline.strokeWidth = 10.0
polyline.geodesic = true
polyline.map = mapView