概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Roads API は、車両が走行していた道路を特定し、制限速度など、それらの道路に関する追加のメタデータを提供します。

Roads API を使用して開発を始める前に、認証要件(API キーが必要です)と、API の使用量と請求額に関する情報をご確認ください。

はじめに

この動画では、Roads API が役立つ種類のアプリの例を示します。

Roads API を使用すると、GPS 座標を道路のジオメトリにマッピングし、道路セグメントに沿った制限速度を決定できます。この API はシンプルな HTTPS インターフェースを通じて利用でき、次のサービスを公開します。

  • 道路にスナップ: このサービスは、特定の GPS 座標セットに最適な道路ジオメトリを返します。このサービスは、ルートに沿って最大で 100 個の GPS ポイントを収集し、車両が走行している可能性が最も高い道路にスナップされた、同様のデータセットを返します。必要に応じて、地点の補間をリクエストし、道路のジオメトリにスムーズになじむように経路を設定することもできます。
  • 最寄りの道路: 特定の GPS 座標のセットに対して、個々の道路セグメントを返します。このサービスは、最大 100 GPS 地点を受け取り、各地点の最も近い道路セグメントを返します。渡されるポイントは、連続したパスの一部である必要はありません。
  • 制限速度: このサービスは、道路セグメントに投稿される制限速度を返します。速度制限サービスは、アセット トラッキング ライセンスをお持ちのすべてのお客様にご利用いただけます。Google Maps Platform プレミアム プランをご利用のお客様が従量課金制に移行した場合、この機能は引き続き有効です。

クライアント ライブラリ

Roads API は、Google マップサービス用の Java Client、Python Client、Go Client、Node.js Client で使用できます。クライアント ライブラリを使用すると、認証、リクエスト スロットリング、自動再試行などの一般的なタスクを簡単にネイティブ実装できるので、Roads API を使用した開発が容易になります。