iOS アプリに高度な機能を追加する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ミッドロール挿入点

iOS Sender SDK は、特定のメディア ストリーム内で広告ブレークとコンパニオン広告をサポートしています。

広告ブレークの仕組みについて詳しくは、ウェブレシーバーの広告ブレークの概要をご覧ください。

送信側と受信側の両方でブレークを指定できますが、Web ReceiverAndroid TV Receiver で指定し、プラットフォーム間で一貫した動作を維持することをおすすめします。

iOS では、GCKAdBreakClipInfoGCKAdBreakInfo を使用して読み込みコマンドで広告ブレークを指定します。

Swift
let breakClip1Builder = GCKAdBreakClipInfoBuilder(adBreakClipID: "bc0")
breakClip1Builder.title = "Clip title"
if let posterUrl = URL(string: "https://www.some.url") {
  breakClip1Builder.posterURL = posterUrl
}
breakClip1Builder.duration = 60
breakClip1Builder.whenSkippable = 5  // Set this field so that the ad is skippable
let breakClip1 = breakClip1Builder.build()

let breakClip2 = ...
let breakClip3 = ...


let break1 = GCKAdBreakInfoBuilder(adBreakID: "b0", adBreakClipIds: ["bc0", "bc1", "bc2"]).build()
let mediaInfoBuilder = GCKMediaInformationBuilder(entity: "entity")
...
mediaInfoBuilder.adBreaks = [break1]
mediaInfoBuilder.adBreakClips = [breakClip1, breakClip2, breakClip3]
...
mediaInformation = mediaInfoBuilder.build()

let mediaLoadRequestDataBuilder = GCKMediaLoadRequestDataBuilder()
mediaLoadRequestDataBuilder.mediaInformation = mediaInformation

sessionManager.currentSession?.remoteMediaClient?.loadMedia(with: mediaLoadRequestDataBuilder.build())
Objective-C
GCKAdBreakClipInfoBuilder *breakClipInfoBuilder = [[GCKAdBreakClipInfoBuilder alloc] initWithAdBreakClipID:@"bc0"];
breakClipInfoBuilder.title = @"Clip title";
breakClipInfoBuilder.posterURL = [[NSURL alloc] initWithString:@"https://www.some.url"];
breakClipInfoBuilder.duration = 60;
breakClipInfoBuilder.whenSkippable = 5;
GCKAdBreakClipInfo *breakClip1 = breakClipInfoBuilder.build;

GCKAdBreakClipInfo *breakClip2 = ...
GCKAdBreakClipInfo *breakClip3 = ...

GCKAdBreakInfo *break1 = [[GCKAdBreakInfoBuilder alloc] initWithAdBreakID:@"b0"
                                                           adBreakClipIds:@[@"bc0", @"bc1", @"bc2"]].build;

GCKMediaInformationBuilder *mediaInfoBuilder = [[GCKMediaInformationBuilder alloc]
                                                initWithEntity:@"entity"];
...
mediaInfoBuilder.adBreaks = @[break1];
mediaInfoBuilder.adBreakClips = @[breakClip1, breakClip2, breakClip3];
...
self.mediaInformation = [mediaInfoBuilder build];

GCKMediaLoadRequestDataBuilder *mediaLoadRequestDataBuilder = [[GCKMediaLoadRequestDataBuilder alloc] init];
mediaLoadRequestDataBuilder.mediaInformation = self.mediaInformation;

// Send a load request to the remote media client.
GCKRequest *request = [self.sessionManager.currentSession.remoteMediaClient
                                loadMediaWithLoadRequestData:[mediaLoadRequestDataBuilder build]];

再生速度の変化

アプリは、現在のメディア アイテムの再生レートを表示、変更できます。GCKRemoteMediaClient-[setPlaybackRate:] または -[setPlaybackRate:customData:] を使用してレートを設定できます。GCKUIMediaControllerplaybackRateController を使用して GCKUIPlaybackRateController にアクセスし、GCKUIPlaybackRateControllerplaybackRate を使用して現在の再生レートを表示できます。

サンプルコード

次の 2 つのファイルは、GCKUIPlaybackRateController を実装しています。これは、「標準」、「半分の速度」、「倍速」のボタンを持つセグメント化されたコントロールを使用して再生速度を制御します。

Swift
import GoogleCast

/**
 * An implementation of GCKUIPlaybackRateController that controls playback rate
 * using a segmented control that has "normal", "half speed", and "double speed"
 * buttons.
 */
class SegmentedButtonPlaybackRateController: GCKUIPlaybackRateController {
  static let kSegmentNormal = 0;
  static let kSegmentHalfSpeed = 1;
  static let kSegmentDoubleSpeed = 2;

  var segmentedControl: UISegmentedControl!

  override var playbackRate: Float {
    didSet {
      var buttonIndex = 0

      // Map the playback rate to one of our three supported speeds.
      if playbackRate == 1.0 {
        buttonIndex = SegmentedButtonPlaybackRateController.kSegmentNormal
      } else if playbackRate < 1.0 {
        buttonIndex = SegmentedButtonPlaybackRateController.kSegmentHalfSpeed
      } else {
        buttonIndex = SegmentedButtonPlaybackRateController.kSegmentDoubleSpeed
      }

      segmentedControl?.selectedSegmentIndex = buttonIndex
    }
  }
  override var inputEnabled: Bool {
    didSet {
      segmentedControl?.isEnabled = inputEnabled
    }
  }

  /**
   * Designated initializer.
   *
   * @param segmentedControl The segmented control for changing/displaying the
   * playback rate.
   */
  convenience init(_ segmentedControl: UISegmentedControl) {
    self.init()
    self.segmentedControl = segmentedControl;

    segmentedControl.addTarget(self,
                               action: #selector(segmentedControlTapped(sender:)),
                               for: UIControl.Event.valueChanged)
  }

  @objc func segmentedControlTapped(sender: UISegmentedControl) {
    var playbackRate: Float = 1.0

    switch segmentedControl?.selectedSegmentIndex {
    case SegmentedButtonPlaybackRateController.kSegmentHalfSpeed:
      playbackRate = 0.5;
    case SegmentedButtonPlaybackRateController.kSegmentDoubleSpeed:
      playbackRate = 2.0;
    case SegmentedButtonPlaybackRateController.kSegmentNormal:
      fallthrough
    default:
      playbackRate = 1.0;
    }

    self.playbackRate = playbackRate
  }
}
Objective-C

SegmentedButtonPlaybackRateController.h

#import <GoogleCast/GoogleCast.h>
#import <UIKit/UIKit.h>

/**
 * An implementation of GCKUIPlaybackRateController that controls playback rate
 * using a segmented control that has "normal", "half speed", and "double speed"
 * buttons.
 */
@interface SegmentedButtonPlaybackRateController : GCKUIPlaybackRateController

/**
 * Designated initializer.
 *
 * @param segmentedControl The segmented control for changing/displaying the
 * playback rate.
 */
- (instancetype)initWithSegmentedControl:(UISegmentedControl *)segmentedControl;

@end

SegmentedButtonPlaybackRateController.m

#import "SegmentedButtonPlaybackRateController.h"

@interface SegmentedButtonPlaybackRateController () {
  UISegmentedControl *_segmentedControl;
}

@end

static const NSInteger kSegmentNormal = 0;
static const NSInteger kSegmentHalfSpeed = 1;
static const NSInteger kSegmentDoubleSpeed = 2;

@implementation SegmentedButtonPlaybackRateController

- (instancetype)initWithSegmentedControl:(UISegmentedControl *)segmentedControl {
  if (self = [super init]) {
    _segmentedControl = segmentedControl;
    [_segmentedControl addTarget:self
                          action:@selector(segmentedControlTapped:)
                forControlEvents:UIControlEventValueChanged];
  }
  return self;
}

- (void)setPlaybackRate:(float)playbackRate {
  [super setPlaybackRate:playbackRate];

  NSInteger buttonIndex = 0;

  // Map the playback rate to one of our three supported speeds.
  if (playbackRate == 1.0) {
    buttonIndex = kSegmentNormal;
  } else if (playbackRate < 1.0) {
    buttonIndex = kSegmentHalfSpeed;
  } else {
    buttonIndex = kSegmentDoubleSpeed;
  }

  _segmentedControl.selectedSegmentIndex = buttonIndex;
}

- (void)setInputEnabled:(BOOL)inputEnabled {
  _segmentedControl.enabled = inputEnabled;
  [super setInputEnabled:inputEnabled];
}

- (void)segmentedControlTapped:(id)sender {
  float playbackRate;

  switch (_segmentedControl.selectedSegmentIndex) {
    case kSegmentHalfSpeed:
      playbackRate = 0.5;
      break;

    case kSegmentDoubleSpeed:
      playbackRate = 2.0;
      break;

    case kSegmentNormal:
    default:
      playbackRate = 1.0;
      break;
  }

  self.playbackRate = playbackRate;
}

@end

カスタム チャネルを追加する

キャスト フレームワークには、ウェブ レシーバーにカスタム メッセージを送信するチャネルを作成するための 2 つの方法があります。

  1. GCKCastChannel は、状態が関連付けられた重要なチャンネルを実装するためにサブクラス化されています。
  2. GCKGenericChannel は、サブクラス化の代わりに、受信したメッセージをデリゲートに渡して他の場所で処理されるようにします。

GCKCastChannel の実装例を次に示します。

Swift
class HGCTextChannel: GCKCastChannel {
  override func didReceiveTextMessage(_ message: String) {
    print("received message: \(message)")
  }
}
Objective-C

HGCTextChannel.h

#import <GoogleCast/GCKCastChannel.h>

@interface HGCTextChannel : GCKCastChannel

@end

HGCTextChannel.m

#import "HGCTextChannel.h"

@implementation HGCTextChannel
- (void)didReceiveTextMessage:(NSString*)message {
  NSLog(@"received message: %@", message);
}

@end

チャンネルはいつでも登録できます。セッションが現在接続状態にない場合は、セッション自体が接続されたときに、チャンネルは自動的に接続されます。ただし、サポートされている名前空間のリストがウェブ レシーバのアプリ メタデータに存在している必要があります。

各カスタム チャネルは一意の名前空間で定義され、接頭辞 urn:x-cast: で始める必要があります(例: urn:x-cast:com.example.custom)。複数のカスタム チャネルがあり、それぞれに一意の名前空間があります。Web Receiver アプリは、同じ名前空間を使用してメッセージを送受信することもできます。

Swift
var error: GCKError?
let textChannel = HGCTextChannel.init(namespace: "urn:x-cast:com.google.cast.sample.helloworld")
sessionManager.currentCastSession?.add(textChannel)
textChannel.sendTextMessage("Hello World", error: &error)

if error != nil {
  print("Error sending text message \(error.debugDescription)")
}
Objective-C
NSError *error;
HGCTextChannel *textChannel = [[HGCTextChannel alloc] initWithNamespace:@"urn:x-cast:com.google.cast.sample.helloworld"];
[sessionManager.currentCastSession addChannel:textChannel];
[textChannel sendTextMessage:@"Hello World"
                       error:&error];

if (error != nil) {
  NSLog(@"Error sending text message: %@", error);
}

特定のチャネルが接続または切断されたときに実行する必要があるロジックを提供するには、GCKCastChannel を使用している場合は -[didConnect] メソッドと -[didDisconnect] メソッドをオーバーライドし、GCKGenericChannel を使用している場合は GCKGenericChannelDelegate-[castChannelDidConnect:] メソッドと -[castChannelDidDisconnect:] メソッドの実装を提供します。

自動再生のサポート

自動再生とキューへの API の使用をご覧ください。

イメージの選択とキャッシュのオーバーライド

フレームワークのさまざまなコンポーネント(キャスト ダイアログ、ミニ コントローラ、拡張コントローラ、GCKUIMediaController(設定されている場合))には、現在キャストされているメディアのアートワークが表示されます。画像アートワークへの URL は通常、メディアの GCKMediaMetadata に含まれますが、送信側アプリは URL の代替ソースを取得する場合があります。

GCKUIImagePicker プロトコルは、特定の使用状況と目的のサイズに適したイメージを選択するための手段を定義します。このインターフェースは、GCKUIImageHints オブジェクトと GCKMediaMetadata オブジェクトをパラメータとして取り、GCKImage オブジェクトを結果として返す単一のメソッド -[getImageWithHints:fromMetadata:] を持っています。このフレームワークには、GCKMediaMetadata オブジェクト内の画像リストの最初の画像を常に選択する GCKUIImagePicker のデフォルトの実装が用意されていますが、アプリは GCKCastContext シングルトンの imagePicker プロパティを設定することで、代替実装を提供できます。

また、GCKUIImageCache プロトコルは、HTTPS を使用してフレームワークによってダウンロードされた画像をキャッシュに保存する手段も定義します。フレームワークは、ダウンロードした画像ファイルをアプリのキャッシュ ディレクトリに保存する GCKUIImageCache のデフォルト実装を提供しますが、アプリは GCKCastContext シングルトンの imageCache プロパティを設定することで、代替実装を提供できます。

次のステップ

これで、iOS 送信者アプリに追加できる機能の説明を終わります。別のプラットフォーム(Android またはウェブ)用の送信側アプリ、またはウェブ レシーバーを構築できるようになりました。