ユーザーの言語 / 地域とタイムゾーンへのアクセス

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

アドオンは、ユーザーのロケールとタイムゾーンにアクセスし、その情報を使用してインターフェースと動作をカスタマイズできます。アドオンがこの情報にアクセスできるようにするには、アドオンのマニフェストを構成する必要があります。

アドオン マニフェストを構成する

ユーザー ロケールとタイムゾーン情報にアクセスするには、次の手順でアドオンを構成します。

  1. アドオンのマニフェスト ファイルで、addOns.common.useLocaleFromApp フィールドを true に設定します。
  2. 次のマニフェスト スコープが存在しない場合は、マニフェストに以下の明示的なスコープを追加します。oauthScopes https://www.googleapis.com/auth/script.locale
  3. マニフェストの変更を保存します。

アドオンの oauthScope リストにスコープを追加した場合、ユーザーは次回アドオンを開いたときに再承認する必要があります。

ロケールとタイムゾーン情報の取得

イベント オブジェクト: 適切に構成されている場合、ユーザーのロケール情報が格納されます。イベント オブジェクトの commonEventObject サブ構造には、次のフィールドがあります。

  • commonEventObject.userLocale - ユーザーの言語と国/地域の識別子。例: en-US
  • commonEventObject.timeZone.offset - ユーザーのタイムゾーン(UTC)からのユーザー タイムゾーンのオフセット(ミリ秒単位)。
  • commonEventObject.timeZone.id - ユーザーのタイムゾーン識別子。 例: America/New_York
  • commonEventObject.timeZone - ユーザーのタイムゾーン ID とオフセット。

詳しくは、イベント オブジェクトをご覧ください。

イベント オブジェクトは、ユーザーがアドオンを操作するとアクション コールバック関数に渡されます。また、ホームページとコンテキスト トリガー関数に渡されます。各コールバック関数またはトリガー関数は、イベント オブジェクトからロケールとタイムゾーン情報を読み取り、必要に応じて使用できます。たとえば、新しいカードに移動するコールバック関数では、カードに追加するテキストを決定する際に、ロケール文字列を参照できます。