Routes API は現在プレビュー版(一般提供前)です。一般提供前のプロダクトや機能では、サポートが制限されることがあります。また、一般提供前のプロダクトや機能の変更は、他の一般提供前のバージョンと互換性がない可能性があります。一般提供前のサービスには、Google Maps Platform サービス固有の規約が適用されます。詳細については、リリース ステージの説明をご覧ください。

Routes API

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ルーティングでは、2 つの地点間、または出発地と目的地のマトリックスに対して理想的な経路が計算され、距離と移動時間が返されます。この情報の品質とタイムリーな提供は、質の高い消費者体験に不可欠です。

Routes API には、主に次の 2 つの機能領域があります。

  • コンピューティング ルート: 包括的なグローバル ルーティング データとリアルタイムのトラフィックを使用して、ロケーション間のルートを計算します。Directions API を使用している場合は、Compute Routes を使用できるようになりました。
  • Compute Route Matrix: 出発地と目的地のペアについて、距離と移動時間を計算します。現在、Distance Matrix API を使用している場合は、Compute Route Matrix を使用できるようになりました。

Compute Route と Compute Route Matrix は、既存の Directions APIDistance Matrix API のパフォーマンスを最適化したものであり、二輪車のルーティングなどの新機能をサポートしています。

デモを試す。Routes API の動作を確認する。

Routes API の新機能と機能強化

Routes API には、現在の Directions API と Distance Matrix API に比べて、多くの新機能と機能強化が用意されたパフォーマンス最適化 API が含まれています。たとえば、次のようなものがあります。

  • レスポンス レイテンシの短縮。

  • オートバイ(自動二輪車など)オートバイの移動モードは、人間の移動手段である自転車の移動モードとは異なります。

  • エコルートを設定し、車両のエンジンの種類に応じて燃料またはエネルギー効率が良いルートを推定します。

  • フィールド マスクを指定してレスポンスの詳細をカスタマイズする。フィールド マスキングを行うことで、不要なデータをリクエストしないようにできるため、処理時間と請求料金の発生を回避できます。

  • トラフィック計算のきめ細かいオプションを設定できるため、品質とレイテンシのトレードオフについて判断できます。

  • ETA の精度を高めるための地点の方向設定(移動方向)と道路の脇の情報。

  • スマート ウェイポイント。パススルーとターミナルの場所、安全な立ち寄り場所を指定します。

  • ルートの距離と到着予定時刻とともに、有料道路の情報をリクエストする。

  • Compute Route Matrix 機能では、マトリックス全体が計算される前にレスポンスの要素がストリーミングされ、レスポンス レイテンシが短縮されます。

  • Compute Route Matrix 機能のサーバー側リクエストあたりの要素の上限数(送信元の数 × 宛先)を 100 から 625 に増やしました。

Compute Routes

コンピューティング ルートを使用して、出発地から目的地までのルートを計算します。ルートには、単一の出発地と目的地、中間の停車地、ルート修飾子を指定して、到着予定時刻の精度を高めることができます。

Compute Route では次のことができます。

  • 車、自転車、徒歩、自転車など、さまざまな移動手段のルートを検索できます。
  • 一連の地点を使用して、マルチパート ルートを返します。
  • 場所 ID として、または場所 ID を利用できない場所の緯度と経度の座標として、出発地、目的地、地点を指定します。

Compute Routes は、ルートを計算する際に、最も効率的なルートを返します。最適化で最も重視されるのは移動時間ですが、最も効率的なルートを判断する際は、距離や進路変更の回数なども考慮されます。

詳細については、ルートを計算するをご覧ください。

Compute Route Matrix

Compute Route Matrix では、出発地と目的地の移動距離と所要時間が表示されます。Compute Route Matrix を使用して、マトリックス内の出発地と目的地のペアごとに所要時間と距離を計算します。

さまざまな移動手段の距離データをリクエストしたり、交通状況での移動時間を見積もることができます。

詳細については、ルート マトリックスの計算をご覧ください。

既存のアプリの移行

Directions APIDistance Matrix API を使用しているアプリがある場合は、それらを移行することで、Routes API の新しい Compute Routes 機能と Compute Route Matrix 機能を使用できます。これらの新機能を使用するように既存のアプリを移行する方法については、Routes API 移行ガイドをご覧ください。