Android アプリに高度な機能を追加する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ミッドロール挿入点

Android Sender SDK は、特定のメディア ストリーム内で広告ブレークとコンパニオン広告をサポートしています。

広告ブレークの仕組みについて詳しくは、ウェブレシーバーの広告ブレークの概要をご覧ください。

送信側と受信側の両方でブレークを指定できますが、Web ReceiverAndroid TV Receiver で指定し、プラットフォーム間で一貫した動作を維持することをおすすめします。

Android では、AdBreakClipInfoAdBreakInfo を使用して load コマンドでミッドロール挿入点を指定します。

Kotlin
val breakClip1: AdBreakClipInfo =
    AdBreakClipInfo.Builder("bc0")
        .setTitle("Clip title")
        .setPosterUrl("https://www.some.url")
        .setDuration(60000)
        .setWhenSkippableInMs(5000)  // Set this field so that the ad is skippable
        .build()

val breakClip2: AdBreakClipInfo = …
val breakClip3: AdBreakClipInfo = …

val break1: AdBreakClipInfo =
    AdBreakInfo.Builder(/* playbackPositionInMs= */ 10000)
        .setId("b0")
        .setBreakClipIds({"bc0","bc1","bc2"})
        …
        .build()

val mediaInfo: MediaInfo = MediaInfo.Builder()
    …
    .setAdBreaks({break1})
    .setAdBreakClips({breakClip1, breakClip2, breakClip3})
    .build()

val mediaLoadRequestData: MediaLoadRequestData = MediaInfo.Builder()
    …
    .setMediaInfo(mediaInfo)
    .build()

remoteMediaClient.load(mediaLoadRequestData)
Java
AdBreakClipInfo breakClip1 =
    new AdBreakClipInfo.Builder("bc0")
        .setTitle("Clip title")
        .setPosterUrl("https://www.some.url")
        .setDuration(60000)
        .setWhenSkippableInMs(5000)  // Set this field so that the ad is skippable
        .build();

AdBreakClipInfo breakClip2 = …
AdBreakClipInfo breakClip3 = …

AdBreakInfo break1 =
    new AdBreakInfo.Builder(/* playbackPositionInMs= */ 10000)
        .setId("b0")
        .setBreakClipIds({"bc0","bc1","bc2"})
        …
        .build();

MediaInfo mediaInfo = new MediaInfo.Builder()
    …
    .setAdBreaks({break1})
    .setAdBreakClips({breakClip1, breakClip2, breakClip3})
    .build();

MediaLoadRequestData mediaLoadRequestData = new MediaInfo.Builder()
    …
    .setMediaInfo(mediaInfo)
    .build();

remoteMediaClient.load(mediaLoadRequestData);

カスタム アクションを追加する

送信者アプリは、MediaIntentReceiver を拡張して、カスタム アクションを処理したり、その動作をオーバーライドしたりできます。独自の MediaIntentReceiver を実装した場合は、マニフェストに追加する必要があります。また、CastMediaOptions で名前を設定する必要があります。この例では、リモート メディアの再生の切り替え、メディアボタンの押下、その他の種類のアクションをオーバーライドするカスタム アクションを提供しています。

// In AndroidManifest.xml
<receiver android:name="com.example.MyMediaIntentReceiver" />
Kotlin
// In your OptionsProvider
var mediaOptions = CastMediaOptions.Builder()
    .setMediaIntentReceiverClassName(MyMediaIntentReceiver::class.java.name)
    .build()

// Implementation of MyMediaIntentReceiver
internal class MyMediaIntentReceiver : MediaIntentReceiver() {
    override fun onReceiveActionTogglePlayback(currentSession: Session) {
    }

    override fun onReceiveActionMediaButton(currentSession: Session, intent: Intent) {
    }

    override fun onReceiveOtherAction(context: Context?, action: String, intent: Intent) {
    }
}
Java
// In your OptionsProvider
CastMediaOptions mediaOptions = new CastMediaOptions.Builder()
        .setMediaIntentReceiverClassName(MyMediaIntentReceiver.class.getName())
        .build();

// Implementation of MyMediaIntentReceiver
class MyMediaIntentReceiver extends MediaIntentReceiver {
    @Override
    protected void onReceiveActionTogglePlayback(Session currentSession) {
    }

    @Override
    protected void onReceiveActionMediaButton(Session currentSession, Intent intent) {
    }

    @Override
    protected void onReceiveOtherAction(Context context, String action, Intent intent) {
    }
}

カスタム チャネルを追加する

送信側アプリが受信側アプリと通信するには、アプリでカスタム チャネルを作成する必要があります。送信者はカスタム チャネルを使用して、受信者に文字列メッセージを送信できます。各カスタム チャネルは一意の名前空間で定義され、接頭辞 urn:x-cast: で始める必要があります(例: urn:x-cast:com.example.custom)。複数のカスタム チャネルがあり、それぞれに一意の名前空間があります。受信側アプリは、同じ名前空間を使用してメッセージを送受信することもできます。

カスタム チャネルは、Cast.MessageReceivedCallback インターフェースを使用して実装されます。

Kotlin
class HelloWorldChannel : MessageReceivedCallback {
    val namespace: String
        get() = "urn:x-cast:com.example.custom"

    override fun onMessageReceived(castDevice: CastDevice, namespace: String, message: String) {
        Log.d(TAG, "onMessageReceived: $message")
    }
}
Java
class HelloWorldChannel implements Cast.MessageReceivedCallback {
    public String getNamespace() {
        return "urn:x-cast:com.example.custom";
    }
    @Override
    public void onMessageReceived(CastDevice castDevice, String namespace, String message) {
        Log.d(TAG, "onMessageReceived: " + message);
    }
}

送信側アプリが受信側アプリに接続されると、setMessageReceivedCallbacks メソッドを使用してカスタム チャネルを作成できます。

Kotlin
try {
    mCastSession.setMessageReceivedCallbacks(
        mHelloWorldChannel.namespace,
        mHelloWorldChannel)
} catch (e: IOException) {
    Log.e(TAG, "Exception while creating channel", e)
}
Java
try {
    mCastSession.setMessageReceivedCallbacks(
            mHelloWorldChannel.getNamespace(),
            mHelloWorldChannel);
} catch (IOException e) {
    Log.e(TAG, "Exception while creating channel", e);
}

カスタム チャネルが作成された後、送信者は sendMessage メソッドを使用して、そのチャネルを介して文字列メッセージを受信者に送信できます。

Kotlin
private fun sendMessage(message: String) {
    if (mHelloWorldChannel != null) {
        try {
            mCastSession.sendMessage(mHelloWorldChannel.namespace, message)
                .setResultCallback { status ->
                    if (!status.isSuccess) {
                        Log.e(TAG, "Sending message failed")
                    }
                }
        } catch (e: Exception) {
            Log.e(TAG, "Exception while sending message", e)
        }
    }
}
Java
private void sendMessage(String message) {
    if (mHelloWorldChannel != null) {
        try {
            mCastSession.sendMessage(mHelloWorldChannel.getNamespace(), message)
                .setResultCallback( status -> {
                    if (!status.isSuccess()) {
                        Log.e(TAG, "Sending message failed");
                    }
                });
        } catch (Exception e) {
            Log.e(TAG, "Exception while sending message", e);
        }
    }
}

自動再生のサポート

自動再生とキューイング API をご覧ください。

UX ウィジェットの画像選択のオーバーライド

フレームワークのさまざまなコンポーネント(キャスト ダイアログ、ミニ コントローラ、UIMediaController が設定されている場合)は、現在キャストされているメディアのアートワークを表示します。画像アートワークへの URL は通常、メディアの MediaMetadata に含まれますが、送信側アプリは URL の代替ソースを持つ場合があります。

ImagePicker クラスは、通知のサムネイルや全画面の背景など、画像の使用に基づいて、MediaMetadata の画像リストから適切な画像を選択する手段を定義します。デフォルトの ImagePicker 実装では、常に最初の画像が選択されます。MediaMetadata に使用可能な画像がない場合は null を返します。アプリは ImagePicker をサブクラス化して onPickImage(MediaMetadata, ImageHints) メソッドをオーバーライドし、代替の実装を提供できます。さらに、CastMediaOptions.BuildersetImagePicker メソッドを使用して、そのサブクラスを選択できます。ImageHints は、UI に表示する画像のタイプとサイズに関する情報を ImagePicker に提供します。

キャスト ダイアログをカスタマイズする

SessionManager は、セッション ライフサイクルを管理する中心的な場所です。SessionManager は、Android の MediaRouter ルート選択状態の変更をリッスンし、セッションの開始、再開、終了をリッスンします。ルートが選択されると、SessionManager によって Session オブジェクトが作成され、そのルートの開始または再開が試行されます。ルートの選択を解除すると、SessionManager は現在のセッションを終了します。

したがって、SessionManager がセッションのライフサイクルを適切に管理するためには、次のことを確実にする必要があります。

キャスト ダイアログの作成方法によっては、追加の操作が必要になる場合があります。

次のステップ

Android 送信者アプリに追加できる機能の説明は以上です。別のプラットフォーム(iOS またはウェブ)用の送信側アプリまたはWeb Receiver アプリを構築できるようになりました。