Google Workspace アドオンのテスト

公開したアドオンは、ユーザーがホスト アプリケーションや Google Workspace Marketplace からインストールできます。ただし、公開前に、開発したアドオンを拡張するホストアプリケーション内でテストすることをおすすめします。

このページでは、テストや個人的な使用のために現在開発中のアドオン(非公開またはデベロッパー アドオン)をインストールする方法について説明します。

要件

公開されていないアドオンをテストするために Google Workspaceインストールするには、そのアドオンのスクリプト プロジェクトへの編集権限が必要です。 つまり、スクリプトのプロジェクトに対する編集権限を共同編集者に付与すれば、組織内の共同編集者にテストを任せることができます。

非公開アドオンのインストール

非公開のアドオンは、Apps Script の [デプロイ] ダイアログでインストールできます。

公開されていないテストのアドオンをGoogle Workspace インストールする手順は次のとおりです。

新しいエディタ

  1. Apps Script エディタでスクリプト プロジェクトを開きます。
  2. [Deploy > Test deploy] をクリックします。
  3. [Install] をクリックします。
  4. 画面下部の [完了] をクリックします。

以前のエディタ

  1. Apps Script エディタでアドオンのスクリプト プロジェクトを開きます。
  2. [Publish > Deploy from manifest...] を選択して、[Deployments] ダイアログを開きます。
  3. [最新バージョン(Head)] 行で、[アドオンをインストール] をクリックして、現在保存されているバージョンのアドオンを開発モードでインストールします。アドオンの最新バージョン(Head)をインストールすると、そのアドオンのコードに加えた変更はすべてすぐに適用されるため、再インストールする必要はありません。
  4. または、バージョニングされたデプロイを作成してインストールすることもできます。これは、アドオンのバージョンを開発中のバージョンと比較するときに役立ちます。

Apps Script プロジェクトを自身のアカウントと共有することで、他のユーザーがアドオンをテストできるようになります(編集権限が必要です)。その後、上記の手順を行うようユーザーに促します。

インストール後のアドオンは、延長されたホストアプリケーションですぐに使用可能になります。アドオンが表示されない場合は、ホスト アプリケーションのタブを更新してみてください。また、アドオンを使用する前に、承認する必要があります。

非公開アドオンをアンインストールする

非公開アドオンのデプロイメントをアンインストールする手順は次のとおりです。

新しいエディタ

  1. Apps Script エディタでスクリプト プロジェクトを開きます。
  2. [Deploy > Test deploy] をクリックします。
  3. [Uninstall] をクリックします。
  4. 画面下部の [完了] をクリックします。

以前のエディタ

  1. Apps Script エディタでアドオン スクリプト プロジェクトを開きます。
  2. [Publish > Deploy from manifest...] を選択して、[Deployments] ダイアログを開きます。
  3. インストールしたデプロイメントの [アドオンをアンインストール] リンクをクリックします。

この操作を行うと直ちにデプロイメントが削除され、ホスト アプリケーションにはアドオンが表示されなくなります。インストール手順を繰り返すことで、いつでもデプロイを再インストールできます。

ベスト プラクティスを試す

Google Workspace アドオンをテストするときは、アドオン開発のベスト プラクティスに必ず従ってください。また、次のことを必ず行ってください。

  1. アドオンが拡張するすべてのホストアプリケーションでカード ナビゲーション フローを十分にテストします。ユーザーがコンテキストからコンテキストに移動したとき、およびコンテキストなしカードとコンテキスト カード間で移動したとき、アドオンの動作が正しく行われるようにします。

  2. サンプルテストデータを使用して、アドオンの動作を評価します。

  3. アドオンがサードパーティの API やその他のサービスに接続する場合は、そのサービスがアクセス可能で、想定どおりに動作することを確認します。アドオンが承認とログインの詳細を正しく処理していることを確認します。

  4. エラー条件を適切に処理するようにします。必要に応じてエラーカードを使用します。

  5. アドオンの性能に注意してください。コードに変更を加えた後、アドオンの動作が遅くなってきたら、その機能を削除するか、手直しする必要があります。