Google Maps Platform のレポート

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Maps Platform の Reporting は一連の事前定義された視覚的なレポートで、API の基本的な使用状況、割り当て、お支払い情報を Google Cloud コンソールで簡単に確認できます。API 呼び出しの回数の把握、API 使用量が割り当てにどれだけ近づいているかの確認、使用量と課金額のモニタリングを簡単に行えます。

レポートの種類は次のとおりです。

  • 使用状況レポート: プロジェクトに関連付けられた認証情報を使用して、プロジェクトから Google Maps Platform API に送信されたリクエストの数がレポートされます。
  • 割り当てレポート: 1 分あたりのリクエスト数でグループ化された割り当て使用状況が、グラフでレポートされます。 選択した API の現在の割り当て上限は、割り当て使用状況グラフの下の表に表示されます。
  • 請求レポート: 費用の経時的変化が積み上げ折れ線グラフでレポートされます。当月の割り当て使用量が表示され、これには、適用されたクレジットと、その月全体の合計予測費用が含まれます。
  • エンゲージメント レポート: Locator Plus ユーザーの閲覧数、インタラクション数、エンゲージメント率を表示します。

使用状況割り当て請求のいずれか(またはすべての)レポートにリクエストが表示されるかどうかを定義するレスポンス ステータスとレスポンス コードの全一覧については、以下のレスポンスのステータスとレポートをご覧ください。

Google Maps Platform の使用状況、割り当て、請求に関するレポートを表示するには、Cloud Console を使用します。

使用状況レポート

使用状況レポートは、プロジェクトに関連付けられた認証情報を使用し、プロジェクトから Google Maps Platform API に送信されたリクエストの数に基づいて生成されます。このリクエストには、成功したリクエスト、サーバーエラーの原因となったリクエスト、クライアント エラーの原因となったリクエストが含まれます。認証情報には、API キーとクライアント ID(プレミアム プランおよび移行済みプレミアム プランのプロジェクトの場合)が含まれます。

使用状況は、表(リクエスト、エラー、レイテンシ)とグラフ(トラフィック、エラー、レイテンシ)で表示されます。トラッキングのヒント:

  • すべての API の使用状況指標は、期間と API を指定して絞り込むことができます。レスポンス コード、API、認証情報でグループ化して、トラフィック、エラー、レイテンシを表示することも可能です。
  • 特定の API について、期間、API のバージョン、認証情報、メソッドを指定して使用状況指標を絞り込むことができます。レスポンス コード、API のメソッドとバージョン、認証情報でグループ化して、トラフィック、エラー、レイテンシを表示することも可能です。

[API とサービス] の [ダッシュボード] ページ

[API とサービス] の [ダッシュボード] ページには、プロジェクトで有効化されているすべての API の使用状況指標が表示されます(Google Maps Platform の API に加え、その他の API とサービスも対象となります)。

[ダッシュボード] ページは 3 つのグラフと 1 つの表で構成されています。これらのグラフと表に表示される使用状況データを絞り込むには、期間(1 時間~過去 30 日間)を選択します。

[トラフィック] グラフには、API ごとの秒間クエリ数(QPS)が表示されます。[エラー] グラフには、各 API について、エラーの原因となったリクエストの割合が表示されます。[レイテンシ] グラフには、各 API について、リクエストの中央値レイテンシが表示されます。

これらのグラフの下に、有効な API とサービスの一覧表が表示されます。[リクエスト] 列には、選択した期間に発生したリクエストの数が表示されます。[エラー] 列には、エラーとなったリクエストの割合が表示されます。[レイテンシ、中央値(ミリ秒)] 列には、発生したリクエストのレイテンシが表示されます。

API のモニタリング

[API とサービス] の [ダッシュボード] ページにアクセスするには:

  1. Cloud Console で [プロジェクトの選択] ページを開きます。

    [プロジェクトの選択] ページ

  2. プロジェクトを選択します。[API とサービス] の [ダッシュボード] ページが表示されます。

    ページが表示されない場合は、メニューボタン メニュー を選択してから、[API とサービス] を選択します。

詳しくは、API 使用状況のモニタリングをご覧ください。

Google Maps Platform の [概要] ページ

Google Maps Platform の [概要] ページには、有効な API と過去 30 日間のリクエスト数を示す表が表示されます。API ごとのリクエスト数はグラフ形式でも表示されます。課金グラフには、現在の請求額と、過去 3 か月の合計使用料が表示されます。

過去 30 日間に有効化された API と API のリクエスト数の一覧を表示する概要グラフのスクリーンショット。

Google Maps Platform の [概要] ページにアクセスするには:

  1. Cloud Console で Google Maps Platform ページを開きます。

    Google Maps Platform ページに移動

  2. 左側のメニューで [概要] を選択します。

Google Maps Platform API のページ

Google Maps Platform の [API] ページには 2 つの表があります。[有効な API] には、有効な各 API の過去 30 日間におけるリクエスト数、エラー数、平均レイテンシが表示されます。[その他の API] には、有効化されていない API が表示されます。

API

Google Maps Platform の [API] ページにアクセスするには:

  1. Cloud Console で Google Maps Platform ページを開きます。

    Google Maps Platform ページに移動

  2. 左側のメニューで [API] を選択します。

Google Maps Platform の [指標] ページ

Google マップの [指標] ページに、トラフィック、エラー、中央値レイテンシの 3 つのグラフが表示されます。グラフの使用状況データは、レスポンス コード クラス、API、API メソッド、認証情報、プラットフォーム、ドメインごとにグループ化できます。

[指標] ページのグラフの下には、選択した API のリクエスト、エラー、レイテンシが一覧表示されます。

上部にある [API] プルダウンと、右側のペインのグループ化とフィルタリングのオプションを使用して、特定の(または複数の)API、認証情報、レスポンス コード クラス、プラットフォームの種類、ドメインを選択して、表示される使用状況の指標をグループ化してフィルタリングできます。表示される使用状況の指標の期間(1 時間から過去 30 日間まで)と粒度(1 秒あたりまたは 1 日あたり)も選択できます。

[指標] ページに表示される 3 つのグラフ: トラフィック、エラー、中央値レイテンシ

次の図に、1 つの API の [Platform] と [Domain] でグループ化した場合の [Platform] と [Domain] のフィルタを [Grouped by] プルダウン リストで選択した例を示します。

[プラットフォーム] フィルタは、単一の API が選択されている場合のみ表示されます。 [プラットフォーム] フィルタは、単一の API が選択されている場合のみ表示されます。

Google Maps Platform API の [指標] ページにアクセスするには:

  1. Cloud Console で Google Maps Platform ページを開きます。

    Google Maps Platform ページに移動

  2. 左側のメニューで [指標] を選択します。

レスポンス コードのグラフ

[レスポンス コード別のトラフィック] グラフと [エラー(レスポンス コード別)] グラフには、使用量が HTTP レスポンス コード クラス別に表示されます。次の表に、Google Maps Platform API レスポンス ステータスと HTTP レスポンス コードクラスの対応関係を示します。

Maps API のステータス HTTP レスポンス コード クラス - 使用状況レポート
(2xx、3xx、4xx、5xx)
備考
OK 2xx 正常なレスポンス。

課金対象のリクエスト。割り当て分を消費します。
OK 3xx 正常なレスポンス。

課金対象のリクエスト。割り当て分を消費します。

たとえば、プレイスフォトのリクエストが成功すると、参照画像への 302 リダイレクトが返されます。
DATA_NOT_AVAILABLE 2xx / 4xx1 入力場所で利用できるデータがないことを示す正常なレスポンス。

課金対象のリクエスト。割り当て分を消費します。
ZERO_RESULTS 2xx / 4xx1 結果が返されない正常なレスポンス。

課金対象のリクエスト。割り当て分を消費します。
NOT_FOUND 2xx / 4xx1 Directions API の場合、リクエストで指定された出発地、目的地、地点のうち、少なくとも 1 つの場所をジオコーディングできなかったことを示します。

Places API の場合、参照先の場所(place_id)がプレイス データベースで見つからなかったことを示します。

課金対象のリクエスト。割り当て分を消費します。
INVALID_REQUEST(無効なパラメータ値)、
MAX_WAYPOINTS_EXCEEDED、
MAX_ROUTE_LENGTH_EXCEEDED など
4xx パラメータ値が無効な場合に発生するエラー。詳しくは、API レスポンスをご覧ください。

課金対象のリクエスト。割り当て分を消費します。
REQUEST_DENIED 4xx 認証エラーやアクセスエラーなどが原因で発生するクライアント エラー。詳しくは API レスポンスをご覧ください。
OVER_DAILY_LIMIT、
OVER_QUERY_LIMIT、
RESOURCE_EXHAUSTED、
rateLimitExceeded、
dailyLimitExceeded、
userRateLimitExceeded
4xx クライアント エラー: 許可された期間あたりのリクエスト数が多すぎます。しばらくしてからリクエストを再試行してください。詳しくは、API レスポンスをご覧ください。
INVALID_REQUEST(無効なパラメータ、パラメータの抜け、リクエストの解析 / 検証エラー) 4xx クライアント エラー: リクエストが無効です。詳しくは、API レスポンスをご覧ください。
NOT_FOUND(404) 4xx Geolocation API の場合、入力が不十分で場所を推定できないことを示します。

Roads API の場合、位置情報を道路上に適切にスナップできないことを示します。

課金対象のリクエスト。割り当て分を消費します。
UNKNOWN_ERROR 5xx リクエストを処理できないことを示すサーバーエラー(内部エラー、サービスの過負荷、利用不可、タイムアウトなど)。
1 エラーコード レポートの整合性を高めるため、Google Maps Platform API は、マップ API のステータス(DATA_NOT_AVAILABLENOT_FOUNDZERO_RESULTS)について、HTTP レスポンス コード クラス 2xx から 4xx に移行(ステータス)しました。移行期間中は、両方のレスポンス コードが表示されます。Maps API のレスポンスで返されるレスポンス コードは変更されませんGoogle Maps Platform の指標での 4xx の増加がこの移行に関連しているかどうかは、Metrics Explorer でどのレスポンス コードの増加が増加しているかで確認できます(Google Maps Platform で Google Cloud Monitoring を使用する場合の詳細)。

ステータス コードとエラー メッセージの詳細については、該当する API のレスポンス ドキュメント(Geocoding レスポンスDirections レスポンスなど)をご覧ください。

Google Maps Platform のソリューション パラメータ

Google Maps Platform には、すぐに実行できる、さまざまな種類のサンプルコードが用意されています。 たとえば、Cloud Console で Quick Builder を使用したり、実装ガイドに従って分野別ソリューションを実装したり、Codelabs で学習したりすることができます。

サンプルコードの用途とソリューションの改善方法をシステムが把握するため、API 呼び出しに solution_channel クエリ パラメータが含まれ、サンプルコードの使用状況に関する情報が自動的に収集されます。

  • solution_channel クエリ パラメータは、デフォルトでソリューションのサンプルコードに含まれています。
  • ソリューションが今後再び使用される際の品質向上に向けて、クエリ パラメータにより、今回使用されたソリューションに関する分析がシステムに返されます。
  • オプトアウトするには、solution_channel クエリ パラメータを削除して、その値をサンプルコードから削除してください。
  • パラメータを保持する必要はありません。クエリ パラメータを削除しても、パフォーマンスには影響しません。
  • クエリ パラメータは、サンプルコードの使用状況をレポートする目的のみで使用されます。
  • クエリ パラメータは、API に特化した分析およびレポートとは別のものです。つまり、ソリューションのサンプルコードからこのパラメータを削除しても、Maps JavaScript API の内部レポートは無効になりません。

割り当てレポート

割り当てでは、プロジェクトが Google Maps Platform API に送信するリクエスト数の上限を設定します。リクエスト数を制限するには、3 つの方法(1 日あたり、1 分あたり、ユーザーごとに 1 分あたり)があります。正常に処理されたリクエスト、およびサーバーエラーを発生させたリクエストのみが割り当てを消費します。認証に失敗したリクエストは割り当てを消費しません。

割り当ての使用状況は、Cloud Console の [割り当て] ページにあるグラフに表示され、1 分あたりのリクエスト数でグループ化できます。選択した API の現在の割り当て上限は、割り当て使用状況グラフの下の表に表示されます。

この計算ツールを使って、任意の GMP API サービスの 1 分あたりの割り当て値を取得します

Google Maps Platform の [割り当て] ページ

Google Maps Platform の [割り当て] ページには、選択した API の割り当て上限と割り当て使用量が表示されます。

Google Cloud コンソールの割り当て使用状況グラフには、API キーとクライアント ID の合計トラフィックが表示されます。クライアント ID のトラフィックは、Google Cloud コンソールの [指標] グラフでも使用されます。

このページには、割り当てを消費するリクエストのみが表示されます。具体的には、成功したリクエスト(OKZERO_RESULTSDATA_NOT_AVAILABLE)とサーバーエラーとなったリクエスト(NOT_FOUNDINVALID_REQUEST/INVALID_VALUE(無効なパラメータ値)、UNKNOWN_ERROR)が表示されます。

認証、認可、無効な引数などのクライアント エラーを発生させたリクエスト(REQUEST_DENIEDOVER_QUERY_LIMITINVALID_REQUEST(無効なパラメータ、リクエスト解析エラー))は割り当てを消費しないため、このページに表示されません。

Google Maps Platform のほとんどの API(Maps Static API、Street View Static API、Geocoding API、Directions API、Places API、Time Zone API、Geolocation API、Elevation API)では、リクエストが割り当てユニットとなります。ただし、次のような例外があります。

  • Distance Matrix API の場合、割り当てユニットは出発地と目的地のペアです。
  • Maps JavaScript API の場合、割り当てユニットは地図の読み込みです。
  • Maps SDK for Android および Maps SDK for iOS の場合、ストリートビュー リクエスト / パノラマ読み込みが割り当てユニットとなります(地図の読み込みでは料金は発生せず、割り当てを消費しません)。

Google Cloud コンソールのマップの [割り当て] ページのスクリーンショット。セレクタで指定された API の割り当てが表示されます。それに続いて、地図の読み込み回数が、対応する API の設定済み割り当てに対応する形で表示されます。

Google Maps Platform の [割り当て] ページにアクセスするには:

  1. Cloud Console で Google Maps Platform ページを開きます。

    Google Maps Platform ページに移動

  2. 左側のメニューで [割り当て] を選択します。
  3. API のプルダウン リストから API を選択します。

割り当てユニット

次の表は、Google Maps Platform API の割り当てユニットを示しています。

Google Maps Platform API 割り当てユニット
マップ
Maps SDK for Android 1 パノラマ
Maps SDK for iOS 1 パノラマ
Maps Static API 1 リクエスト
Maps JavaScript API 地図の読み込み 1 回
Street View Static API 1 リクエスト
Maps Embed API 地図の読み込み 1 回
ルート
Directions API 1 リクエスト
Distance Matrix API 1 要素(出発地と目的地のペア)
Roads API 1 リクエスト
プレイス
Places API 1 リクエスト
Address Validation API 1 リクエスト
Geocoding API 1 リクエスト
Geolocation API 1 リクエスト
Time Zone API 1 リクエスト

請求レポート

請求レポートを表示

Google Maps Platform サービスの使用に関する請求レポートは、Google Cloud コンソールで確認できます(お支払いをご覧ください)。

請求レポートにアクセスするには:

  1. Cloud Console で [プロジェクトの選択] ページを開きます。

    [プロジェクトの選択] ページ

  2. プロジェクトを選択します。
  3. メニューボタン メニュー を選択し、[お支払い] を選択します。
  4. 請求先アカウントが複数ある場合は、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択して、リンクされた請求先アカウントの [概要] ページを開きます。
  5. 左側のメニューで [レポート] を選択し、リンクされた請求先アカウントに対する請求の [レポート] ページを開きます。

請求レポート(グラフ)の読み方

請求レポートでは、費用の経時的変化が積み上げ折れ線グラフとして示されます。デフォルトでは、(すべてのサービスについて)当月の日別使用料がプロジェクトごとに表示され、これには、適用されたクレジットと、その月全体の合計推定費用が含まれます。グラフの各線(およびサマリー テーブルの行)はそれぞれのプロジェクトに対応しており、費用が大きい順に並べられています。請求レポート(グラフ)の読み方の詳細

既定のビューを使用してグラフとテーブルを表示する請求レポートのスクリーンショット
図 1: 請求レポート - 既定のビューを使用してグラフとテーブルを表示

ヒント: 使用量と料金を SKU ごとに分析する

従量課金モデルがお客様の実装に及ぼす影響については、SKU ごとに集計された実際の使用量と料金をご覧ください。

SKU でグループ化された請求レポート
図 2: 請求レポート - 使用量と料金を SKU ごとに表示
請求レポートのフィルタのスクリーンショット
図 3: 請求レポートのフィルタ
レポートの項目を SKU 別に表示するには:
  1. グラフの右側にあるパネルで、[グループ条件] フィルタを展開します。
  2. [SKU] を選択します。

請求レポートで使用できるその他のフィルタには、[期間]、[プロジェクト]、[サービス]、[SKU] のほか、API リクエストの配信元でフィルタできる [場所] があります。

サービスに加えてリクエストの発生元を分類するには、請求レポートをリスト内の値のいずれかでグループ化します。Google Maps Platform API に関連する 3 つのキーは、goog-maps-api-key-suffix(API キーの最後の 4 文字)、goog-maps-platform-type(プラットフォーム: Android、iOS、JavaScript またはウェブサービス)、および goog-maps-channel(API クエリによって設定された一連の数値チャネル値)です。 フィルタリングとグループ化に関する詳細

グラフのビューを変更して、使用料からクレジット分を除外するには、右側のパネルで [費用にクレジットを含める] チェック ボックスをオフにします。

使用量のモニタリングと制限

予算を設定して費用を管理するには、次のような方法があります。

  • 予算アラートを設定し、特定の金額を超えないように利用料を追跡します。予算を設定しても、API 使用量の上限は設定されません。利用料が指定した金額に近づいたとき、アラートが通知されるだけです。
  • 1 日あたりの API 使用量の上限を設定し、課金対象となる API の利用料を管理します。1 日あたりのリクエスト数に上限を設定すると、利用料を制限できます。簡単な計算式で、希望の予算に基づく 1 日の上限を求めることができます。たとえば、(「1 か月の予算」÷「各 SKU の料金」)÷ 30 = 1 日のリクエスト数上限(1 API あたり)となります。課金対象となる API を複数使用する場合は、必要に応じて式の要素を調整してください。Google Maps Platform では毎月 200 ドル分の無料クレジットを利用できるため、この金額も考慮する必要があります。

使用状況をチャネルごとにトラッキング

数値チャネルを使って使用状況をトラキングするには、API リクエストに「channel」パラメータを追加します。指定できるチャネル値は 0~999 です。次に例を示します。

  • Geocoding ウェブサービス API
    https://maps.googleapis.com/maps/api/geocode/json?address=1600+Amphitheatre+Parkway,+Mountain+View,+CA&key=YOUR_API_KEY&channel=1
  • Maps JavaScript API
    <script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&channel=2&callback=initMap"
    async defer></script>

請求レポートでは、チャネルの使用状況を直接モニタリングできます。チャネルは、[ラベル] の goog-maps-channel キーとして表示されます。

ラベルでフィルタ
図 4: SKU とチャネルでデータを絞り込む
請求レポートのデータを SKU とチャネルで絞り込むには:
  1. [グループ条件] で [SKU] を選択します。
  2. [ラベル] を選択します。
  3. [キー] プルダウンを選択し、[goog-maps-channel] を選択します。
  4. [] プルダウンを選択し、フィルタを適用する数値チャネルを選択します。

ラベルキー goog-maps-channel でグループ化すると、発生した費用がチャネルごとに表示されます。

チャネルの使用状況データをリクエストに実装した後、そのデータが請求レポートに反映されるまで少し時間がかかる場合があります(最長 24 時間)。

課金データを BigQuery にエクスポート

課金データを BigQuery にエクスポートすることもできます。

BigQuery Export では、指定した BigQuery データセットに、詳細な Cloud Billing データ(使用量や費用の見積りなど)を 1 日を通して自動的にエクスポートできます。さらに、BigQuery から課金データにアクセスし、詳細に分析することで、 Google Maps Platform がどのように利用されているかを細かく把握できます。

BigQuery を使用したデータのエクスポートとクエリを開始するには、以下のサンプルクエリをお試しください。 このクエリを実行するには、以下の準備が必要です。

  • アカウントで課金を有効に設定し、課金データを BigQuery へエクスポートできるようにします。
  • テーブル形式は PROJECT_ID.DATASET_NAME.gcp_billing_exportv1BILLING_ACCOUNT_ID です。
    • PROJECT_ID は、お客様の実際のプロジェクト ID です(「my-project-123456」など)。
    • DATASET_NAME は、お客様が作成したデータセットの名前です(「SampleDataSet」など)。
    • BILLING_ACCOUNT_ID は、お客様の請求先アカウント ID です。先頭に「gcp_billing_exportv1」を付加し、ダッシュ(-)はアンダースコア(_)に変更してください。たとえば、請求先アカウント ID が 123456-7890AB-CDEF01 の場合、gcp_billing_export_v1_123456_789AB_CDEF01 になります。

  #standardSQL
  SELECT   Date(usage_start_time, "America/Los_Angeles") AS billing_day,
           invoice.month                                 AS invoice_month,
           service.description                           AS service,
           sku.description                               AS sku,
           (
                  SELECT l.value
                  FROM   Unnest(labels) AS l
                  WHERE  l.KEY = 'goog-maps-channel' ) AS goog_maps_channel,
           Round(Sum(usage.amount), 2)                 AS usage_amount,
           usage.unit                                  AS usage_unit,
           Round(Sum(cost), 2)                         AS cost,
           cost_type,
           currency
  FROM     PROJECT_ID.DATASET_NAME.gcp_billing_export_v1_BILLING_ACCOUNT_ID
  WHERE    invoice.month = '202002' -- Change the invoice month with the same format as the example.
  GROUP BY billing_day,
           invoice_month,
           service,
           sku,
           goog_maps_channel,
           usage_unit,
           cost_type,
           currency
  ORDER BY billing_day,
           service,
           sku
  

Cloud Billing:

Google Maps Platform:

レスポンスのステータスとレポート

以下の表は、Maps API ステータス、Maps API レスポンスで返される HTTP レスポンス コード、使用状況レポートでの HTTP レスポンス コードクラスとのマッピング、およびそれらのリクエストが使用状況レポート、割り当てレポート、請求レポートに表示されるかどうかを示しています。

Google Maps Platform の指標の使用状況レポートでは、HTTP response code class 粒度を確認できます。より細かいレベルが必要な場合は、Google Maps Platform の使用状況のモニタリングにあるレスポンス ステータス コードをご覧ください。

Maps API レスポンスで使用できるレスポンス コード 使用状況レポートで利用可能 レポート先
Maps API のステータス HTTP レスポンス コード HTTP レスポンス コードクラス 使用方法 割り当て お支払い
OK 200、
204、
302
2xx、
3xx
はい
DATA_NOT_AVAILABLE、
NOT_FOUND、
ZERO_RESULTS
200 2xx/4xx1 はい
NOT_FOUND(Street View Static API、Geolocation API、Roads API)
ZERO_RESULTS(Street View Static API)
404 4xx はい
INVALID_REQUEST(無効なパラメータ値)、
MAX_ROUTE_LENGTH_EXCEEDED、
MAX_WAYPOINTS_EXCEEDED
など
200 / 400 4xx はい
INVALID_REQUEST(無効なパラメータ、パラメータの未指定、リクエスト解析エラー) 200 / 400 4xx × ×
REQUEST_DENIED 200 / 403 4xx × ×
OVER_DAILY_LIMIT、
OVER_QUERY_LIMIT、
RESOURCE_EXHAUSTED、
dailyLimitExceeded、
rateLimitExceeded、
userRateLimitExceeded
200/403、
429
4xx × ×
UNKNOWN_ERROR 200/500、
503
5xx ×
1 エラーコード レポートの整合性を高めるため、Google Maps Platform API は、マップ API のステータス(DATA_NOT_AVAILABLENOT_FOUNDZERO_RESULTS)について、HTTP レスポンス コード クラス 2xx から 4xx に移行(ステータス)しました。移行期間中は、両方のレスポンス コードが表示されます。Maps API のレスポンスで返されるレスポンス コードは変更されませんGoogle Maps Platform の指標での 4xx の増加がこの移行に関連しているかどうかは、Metrics Explorer でどのレスポンス コードの増加が増加しているかで確認できます(Google Maps Platform で Google Cloud Monitoring を使用する場合の詳細)。

エンゲージメント レポート

Locator Plus をご利用の場合は、分析ダッシュボードを使ってデータを分析し、買い物客による店舗検索ツールの使用状況に関する明確なインサイトを得ることができます。閲覧数、Search や Place Details のインタラクション数、総合的なエンゲージメント率といったパフォーマンスを、週単位で比較可能です。また、現在の実装のパフォーマンスを他の小売業者と比較した重要なベンチマークをダッシュボードで確認できます。

ベンチマーク レポートでは、データを共有している同業種の企業の集約データと自社のデータを比較することができます。比較を通して得られるコンテキストは、有意義な目標設定、業界トレンドの把握、競合先とのパフォーマンス比較に役立ちます。

ベンチマーク データを参照するには、匿名化された自社のエンゲージメント データを Google のベンチマークに組み込む必要があります。ベンチーマーク レポートにおけるデータの参照と自社エンゲージメント データ(匿名化済み)の組み込みの両方からオプトアウトすることをご希望の場合は、サポート チケットの登録をお願いいたします。サポート チケットは通常 3 日以内に解決されます。