エラー メッセージ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Maps Embed API から返されるエラー メッセージについて説明します。エラーが発生すると、Maps Embed API が地図の代わりにエラー メッセージのテキストを表示します。 特定のエラー状態になると、透かし文字の入った暗い地図が表示されます。

無効なリクエスト

リクエストが無効な場合、Maps Embed API は HTTP 4xx ステータス コードと問題を説明するメッセージを返します。以下に、そのようなエラー条件の例を示します。注: 発生する可能性のあるエラーの完全なリストではありません。具体的な問題の詳細については、実際のエラーコードと、API から返されたメッセージを確認してください。

エラー発生条件の例 ステータス コード
リクエストに無効なパラメータが含まれているか、必須パラメータがありません。たとえば、zoom パラメータが想定内の数値範囲内にない、必要なパラメータがリクエストに含まれていない、などです。 400 BAD REQUEST
リクエストに含まれている API キーが無効です。 403 FORBIDDEN

API キーと QPS エラー

API キーと QPS エラーは無効なリクエストとして扱われます。考えられる原因は次のとおりです。

請求と HTTP リファラーのエラー

次のいずれかに該当する場合、暗い地図、または「ネガティブ」なストリートビュー画像(開発のみを目的とした透かし入り)が返されます。

ブラウザでエラーをチェックする

課金エラーや HTTP リファラー エラーの場合、Maps Embed API はエラー メッセージを window.console に書き込みます。無効なリクエスト(API キーと QPS エラーを含む)の場合、HTTP 4xx ステータス コードのみがコンソールに報告されます。このセクションでは、Google Chrome でコンソール出力を確認する方法について説明します。他のブラウザを使用している場合は、そのブラウザのデベロッパー向けのドキュメントを確認してください。ご参考までに、他のブラウザでコンソール出力をチェックするためのツールのリストを次に示します。

Chrome では、JavaScript コンソールを使用して、次のようにコンソール出力を確認できます。

  1. メニュー アイコンを開くには、メニュー アイコン > [More tools] > [Developer Tools] を選択します。
  2. JavaScript コンソールを開くには、デベロッパー ツール ウィンドウの上部にある [コンソール] タブをクリックします。ESC キーを使用して JavaScript コンソールを切り替えることもできます。