サードパーティ製会議の概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google カレンダーの予定を作成または編集するときに、Google ハングアウトの会議をすばやく作成し、予定に関連付けることができます。 追加したユーザーは、クリックするだけで関連するハングアウトに簡単に参加できます。

ただし、ユーザーが Google ハングアウトではなくサードパーティの会議(WebEx など)を使用する場合は、プロセスが複雑になります。その場合、通常は、Google カレンダー以外から会議を作成してから、会議コードをカレンダーの予定予定にコピーする必要があります。イベントの参加者は、指定されたコードを使用して会議に参加する必要があります。

Google Workspace アドオンは、ユーザーがこのような複雑性を回避するのに役立ちます。サードパーティの会議ソリューションを使用して Google カレンダーを拡張する Google Workspace アドオンを構築できます。追加された会議ソリューションごとにカレンダーの予定に新しい会議オプションが追加され、ユーザーが Google カレンダーから直接会議を作成して参加できるようになります。

会議プロバイダは、Google Workspace アドオンを作成して Google カレンダーとプロダクト間の接続を定義できます。その後、Google Workspace Marketplace でアドオンを公開できます。Marketplace では、ユーザーと管理者がアドオンを見つけてインストールできます。

会議ソリューション

会議ソリューションは、ユーザーが参加できるサードパーティの会議の一種です。各ソリューションは、Google カレンダーの予定を作成または編集する際にユーザーが選択できる会議オプションとして表示されます。

アドオンで定義される会議ソリューションの例を以下に示します。

  • 標準のビデオ会議
  • 音声のみの会議
  • 個人会議
  • 一般に配信される会議

サードパーティ サービスが提供しているすべての種類の会議には、関連するソリューションを設定できます。また、ソリューションのコレクションを 1 つの Google Workspace アドオンにバンドルすることもできます。

会議ソリューションの仕組み

Google Workspace アドオンに会議ソリューションが追加された場合、詳細な UI を提供する必要はありません。代わりに、ユーザーが Google カレンダーの予定を作成または編集するたびに、ユーザーがインストールしたアドオンで定義されたソリューションが会議オプションとして表示されます。Google Workspace

ユーザーが会議ソリューションを選択すると、アドオンは API を使用してサードパーティの会議システムに接続し、会議を作成して、会議と Google カレンダーの予定との間でデータを同期します。予定が後で更新または削除された場合、アドオンによって会議システムで対応する更新が行われるようになります。予定に会議を添付すると、参加者は Google カレンダーから会議に参加できるようになります。

必要に応じて、アドオンでユーザーが特定の会議の動作を制御できる設定ページを提供することもできます。

会議データ

Google Workspace Google カレンダーに会議ソリューションを提供するアドオンでは、ユーザーがサードパーティの会議に参加できるようにするには、特定の情報(会議データ)が必要になります。アドオンで会議ソリューションを定義するときは、ConferenceData オブジェクトを構築して返す onCreateFunction を指定します。ConferenceData オブジェクトには、Google カレンダーが必要とする会議データ、またはサードパーティ製会議システムとの通信中に発生したエラーを記述する ConferenceError オブジェクトのいずれかが含まれている必要があります。

以下の表は、アドオンが使用できる各種類の会議データについて説明し、それを表す ConferenceData サービス オブジェクトの一覧を示します。アドオンで使用する ConferenceData オブジェクトごとに、必須とマークされているすべての要素が必要です。

コンポーネント タイプ 説明
会議のエラー ConferenceError エラーが発生した場合に必須です。その場合、他のデータは必要ありません。アドオンが会議システムへの接続を試みたときに発生した問題を報告するために使用します。
会議 ID string エラーでない場合は必須。
この ID を使用して、サードパーティ製会議システム内での会議を識別してください。
会議のパラメータ ConferenceParameter[] これらの Key-Value ペアを使用して、システム固有の情報をサードパーティ製会議システムとの間で受け渡します。たとえば、システムで会議の管理者のメールアドレスや会議キーが必要になることがあります。
会議メモ string これを使用して、会議にテキスト通知を追加できます。通常は、会議の管理者や法的通知に関する指示を追加します。
エントリ ポイント EntryPoint[] エラーでない場合は必須。この場合、少なくとも 1 つの EntryPoint を定義する必要があります。
EntryPoint を使用して、会議に参加する具体的な方法(電話、動画、SIP など)を説明します。各エントリ ポイントには URI と EntryPointType が必要です。

参考資料

詳しくは、以下のドキュメントをご覧ください。