ストリートビュー Static API の使用量と請求額

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Street View Static API は、従量課金制の料金モデルを採用しています。静的ストリートビュー パノラマは、静的ストリートビュー パノラマの SKU に基づいて課金されます。Google の総合的な利用規約に加えて、Street View Static API に固有の使用量上限が存在します。Google Cloud Console に、使用料金を管理するためのツールが用意されています。

Street View Static API の料金

Street View Static API は従量課金制の料金モデルを採用しています。Google Maps Platform の API や SDK は、SKU 単位で課金されます。使用量の追跡はサービスの SKU 単位で行われますが、API や SDK にはサービスの SKU が複数含まれているものもあります。料金は次の式で計算されます。

SKU 使用量×使用 1 回あたりの料金

料金と使用量の計算ツールをご用意していますので、各 API / SDK の使用コストを見積もる際にご活用ください。条件を満たす Google Maps Platform SKU については、請求先アカウントごとに毎月 200 米ドルの Google Maps Platform クレジットをご利用いただけます。このクレジットは、条件を満たす SKU に自動的に適用されます1

Street View Static API の料金

SKU: Static Street View

ストリートビュー パノラマと地図の読み込みは個別に請求されるようになりました。静的ストリートビュー パノラマは、Street View Static API に対してリクエストを送信し、静的(非インタラクティブ)なストリートビュー パノラマが埋め込まれるたびに課金されます。ストリートビュー画像メタデータ エンドポイントの使用は課金されません。

月間使用量
(1 パノラマあたりの価格)
0~100,000 100,001~500,000 500,001 以上
0.007 米ドル
(1,000 回あたり 7.00 米ドル)
0.0056 米ドル
(1,000 回あたり 5.60 米ドル)
使用量に応じた料金をお問い合わせください

その他の使用量上限

1 日あたりのリクエスト数に上限はありませんが、Street View Static API では次の使用量上限が適用されます。

  • 1 分あたりの最大クエリ数(QPM): 30,000

リクエストの認証

Street View Static API に対するリクエストの認証は、使用状況に基づいて行われます。

  • 1 日あたり最大 25,000 件のリクエストには API キーが必要です。
  • 1 日あたりのリクエスト数が 25,000 件を超える場合は、API キーとデジタル署名が必要です。

詳しくは、デジタル署名を生成するをご覧ください。

画像サイズ

Street View Static API の画像は最大 640 x 640 ピクセルのサイズで返されます。

利用制限規約

使用条件の詳細については、Google Maps Platform 利用規約のライセンス制限に関するセクションをご覧ください。

使用料金を管理する

Google Maps Platform API の使用料金を管理するには、課金対象の API へのすべてのリクエストで 1 日あたりの割り当て上限を設定します。1 日の割り当ては、午前 0 時(太平洋標準時)にリセットされます。

Street View Static API の割り当て上限を表示または変更するには:

  1. Cloud Console で、[Google Maps Platform の割り当て] ページを開きます。
  2. [API] プルダウンをクリックし、[Street View Static API] を選択します。
  3. 割り当て上限を表示するには、[署名ありのリクエスト]、[署名なしのリクエスト]、[メタデータ リクエスト] カードまでスクロールします。
    割り当て名と上限の一覧の表が表示されます。
  4. 割り当て上限を変更するには、その制限の編集アイコンをクリックします。
    表示されたダイアログの [割り当て上限] フィールドに、1 日の課金対象の割り当て上限(Google により指定されている場合、その割り当て上限以下)を入力して、[保存] を選択します。

API の使用が課金対象の割り当て上限に達した日は、その日が終わるまでアプリケーションは API にアクセスできなくなります。


  1. インドのユーザーが Google Maps Platform のクレジットを受け取るには、Google Maps Platform の請求先アカウントを作成する前に、Google Cloud Platform の請求先アカウントを作成する必要があります。