ストリートビュー画像のメタデータ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

はじめに

Street View Static API メタデータ リクエストでは、ストリートビュー パノラマに関するデータが提供されます。メタデータを使用して、特定の場所にストリートビューの画像があるかどうか確認できます。また、緯度と経度を指定してパノラマ ID、写真の撮影日、画像の著作権情報にプログラマティックにアクセスすることもできます。このメタデータにアクセスすることで、アプリケーションでのエラー動作をカスタマイズできます。

Street View Static API のメタデータ リクエストは無料で利用できます。メタデータをリクエストしても、割り当ては消費されません。Street View Static API を使用して画像を読み込む場合にのみ、割り当てが消費されます。

ストリートビューの画像メタデータをリクエストする場合、パノラマ画像の精度は 50 メートルになります。

画像のメタデータにアクセスする

ストリートビュー画像のメタデータ リクエストは、次の形式の HTTP URL です。

https://maps.googleapis.com/maps/api/streetview/metadata?parameters

URL の標準と同様に、すべてのパラメータはアンパサンド文字(&)を使用して区切られます。

メタデータ リクエストの必須パラメータ

メタデータ リクエストは Street View Static API 画像リクエストと同じ URL パラメータを受け入れますが、次のパラメータのみが必須です。

次のいずれかを実行します。

  • location - テキスト文字列(Chagrin Falls, OH など)または緯度と経度の座標(40.457375,-80.009353)のカンマ区切りペアのいずれかです。

または

  • pano - 特定のパノラマ ID。パノラマは通常は安定していますが、画像が更新されると時間とともに ID が変更される可能性があります。

さらに:

  • keysignature - リクエストを認証するには API キーが必要です。デジタル署名は特定の場合にも必要であり、常に使用することをおすすめします。詳細については、鍵と署名を取得するをご覧ください。

必須リクエストのみを含むメタデータ リクエストは次のようになります。

https://maps.googleapis.com/maps/api/streetview/metadata?location=<STRING>&key=YOUR_API_KEY&signature=<YOUR_SIGNATURE>

または

https://maps.googleapis.com/maps/api/streetview/metadata?pano=<STRING>&key=YOUR_API_KEY&signature=<YOUR_SIGNATURE>

メタデータ リクエストのオプション パラメータ

メタデータ リクエストには、sizeheadingfovpitch の各パラメータを含めることができます。なお、これらのパラメータは、パノラマに関するデータや表示されるパノラマデータに影響を及ぼしません。API では、画像リクエストと同じパラメータを含めることができるため、特定の画像リクエストに関連するメタデータ リクエストを簡単に作成できます。ただし、メタデータ リクエストの場合、API はオプションのパラメータとその値を無視します。これらのパラメータの使用方法については、Street View Static API デベロッパー ガイドをご覧ください。

レスポンスの形式

メタデータのレスポンスは、JSON 形式でのみ返されます。

例 1: パノラマが見つかりました

次の URL は、同じパノラマの画像のメタデータと画像をリクエストし、成功しています。

メタデータのリクエストとレスポンス

https://maps.googleapis.com/maps/api/streetview/metadata?size=600x300&location=eiffel%20tower,%20paris,%20france&heading=-45&pitch=42&fov=110&key=YOUR_API_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE
{
   "copyright" : "© 2017 Google",
   "date" : "2016-05",
   "location" : {
      "lat" : 48.85783227207914,
      "lng" : 2.295226175151347
   },
   "pano_id" : "tu510ie_z4ptBZYo2BGEJg",
   "status" : "OK"
}

欠落している画像が想定される画像のリクエストとレスポンス。

https://maps.googleapis.com/maps/api/streetview?size=600x300&location=eiffel%20tower,%20paris,%20france&heading=-45&pitch=42&fov=110&key=YOUR_API_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE
エッフェル塔

例 2: パノラマが見つからない

次の URL は、指定された場所または付近で見つからないパノラマのメタデータと画像をリクエストします。

メタデータのリクエストとレスポンス

https://maps.googleapis.com/maps/api/streetview/metadata?size=600x300&location=78.648401,14.194336&fov=90&heading=235&pitch=10&key=YOUR_API_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE
{
   "status" : "ZERO_RESULTS"
}

画像のリクエストとレスポンス

https://maps.googleapis.com/maps/api/streetview?size=600x300&location=78.648401,14.194336&fov=90&heading=235&pitch=10&key=YOUR_API_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE
プレースホルダの画像がない

ステータス コード

メタデータ レスポンス オブジェクトの status フィールドには、リクエストのステータスが格納されます。また、ストリートビュー リクエストが機能しない原因をトラブルシューティングするためのデバッグ情報が含まれることもあります。status フィールドには次のいずれかの値が含まれます。

ステータス 説明
"OK" エラーが発生しなかったことを示します。パノラマ画像が見つかり、メタデータが返されます。
"ZERO_RESULTS" 指定された場所の近くでパノラマが見つからないことを示します。これは、存在しないか無効なパノラマ ID が指定された場合に発生することがあります。
"NOT_FOUND" location パラメータで指定された住所の文字列が見つからなかったことを示します。これは、存在しない住所を指定した場合に発生することがあります。
"OVER_QUERY_LIMIT" この API の 1 日あたりの割り当て量または 1 秒あたりの割り当てを超過したことを示します。
"REQUEST_DENIED" リクエストが拒否されたことを示します。これは、リクエストを承認しなかった場合や、API キーを含む Google Cloud Console プロジェクトで Street View Static API が有効になっていない場合に発生することがあります。
"INVALID_REQUEST" 通常は、クエリ パラメータ(address、latlng、components)がないことを示します。
"UNKNOWN_ERROR" サーバーエラーが原因でリクエストを処理できなかったことを示します。これは多くの場合、一時的なステータスです。再度リクエストすると、成功する可能性があります。

詳細

Street View Static API やその他の Google Maps API サービスの使い方について詳しくは、Maps API のサポートページをご覧ください。