Maps Static API のエラー メッセージ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Maps Static API では、なんらかの問題が発生した場合にエラーや警告が表示されることがあります。このガイドでは、エラー メッセージとその解決手順について詳しく説明します。

無効なリクエスト

無効なリクエストの場合は、Maps Static API が HTTP 4xx ステータス コードと問題を説明するメッセージを返します。以下に、そのようなエラー条件の例を示します。注: 発生する可能性のあるエラーの完全なリストではありません。具体的な問題の詳細については、実際のエラーコードと、API から返されたメッセージを確認してください。

エラー発生条件の例 ステータス コード
リクエストに無効なパラメータが含まれているか、必須パラメータがありません。たとえば、size パラメータが想定内の数値範囲内にない、またはリクエスト内にないことが考えられます。 400 BAD REQUEST
リクエストに含まれている API キーが無効です。 403 FORBIDDEN

地図が表示されないエラー

リクエストが有効であるにもかかわらず、地図の表示を妨げる別のエラーが発生した場合、Maps Static API はエラーに応じて、地図の代わりにテキストまたはエラー画像を返します。このようなエラー条件の一例として、アプリケーションが使用量上限を超過した場合が挙げられます。

地図の代わりに表示されるエラー画像
図: 地図の代わりに表示されるエラー画像

API キーを使用せずに Maps Static API を使用する場合、またはアカウントで課金が有効になっていない場合は、マップの代わりにエラー画像と、エラーの種類を示すリンクが表示されます。(例: 「g.co/staticmaperror/key」)。

キーレスのエラーと解決策
使用量上限エラー: 1 日あたりの地図の読み込みの上限を超えています API キーなしで Maps Static API を使用している。この問題を解決するには、次のことを行う必要があります。
  1. API キーを取得する
  2. 課金を有効にする
  3. URL に署名する
使用量上限のエラー: リクエスト URL にデジタル署名がありません リクエストにデジタル署名がない(必須)。この問題を解決するには、URL に署名します

警告

API から地図が返されるものの、一部の情報が地図に含まれていない場合があります。その場合、警告を通知するために 2 つの条件が発生します。

  • 1 つはマップが表示されますが、黄色いエラーバーが地図の上に重ねて表示され、「地図エラー: g.co/staticmaperror"」と表示されています。
  • 2 つは、API は X-Staticmap-API-Warning という名前の HTTP ヘッダーの形式で警告を返します。

たとえば、次の URL の markers パラメータに予期しない値が含まれています。

https://maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=Williamsburg,Brooklyn,NY&zoom=13&scale=1&size=400x400&markers=sdgaags&key=YOUR_API_KEY

API はマップを返しますが、画像の上に「Map error: g.co/staticmaperror":」と重なった黄色のエラーバーが表示されます。

マップは表示されるが、"Map error: g.co/staticmaperror" というテキストが表示される

API は次の HTTP ヘッダーも返します。

X-Staticmap-API-Warning:Error geocoding: marker 1

次の表に、API が HTTP ヘッダーとして発行する可能性がある警告を示します。

X-Staticmap-API-Warning ヘッダーの警告
Error geocoding: [center, ][marker #number, ][visible #num, ][path #num, ]* リクエストのジオコーディング中にエラーが発生しました。このメッセージには、ジオコーディングに失敗した要素(中心、マーカー、表示、パス)と失敗した要素の数に応じて、多くのバリエーションがあります。上の例に示すように、この警告の例として X-Staticmap-API-Warning:Error geocoding: marker 1 があります。
Too many geocoded markers requested (max is 15). リクエストには、人が読める形式の住所を含む最大許容数のマーカーが指定されています。最大数は 15 です。なお、この制限は、ジオコーディングが必要な人間が判読できる住所として指定されたマーカーにのみ適用されます。緯度と経度の座標で指定されたマーカーには適用されません。
Too many geocoded polyline vertices requested (max is 15). リクエストでは、住所を人が読める住所の上限数を超えています。最大数は 15 です。なお、この上限は、ジオコーディングが必要な頂点が人が読める住所として指定されたポリラインにのみ適用されます。緯度/経度の座標で指定されたポリラインには適用されません。

HTTP ヘッダーの警告は、Chrome DevTools コンソールFirefox Web Console、またはブラウザの同等のツールで確認できます。