Postmaster Tool API の概要

Postmaster Tool API を使用すると、Gmail ユーザーに送信された一括メールの指標を収集し、そのデータのインポートや他のシステムとの統合を行うことができます。指標には、迷惑メールに分類されたメールの割合と配信エラーが含まれます。Postmaster Tool API で提供される指標の詳細については、Postmaster Tools のヘルプセンター記事の「ダッシュボード」をご覧ください。

実装手順の概要

この API を使用する手順は次のとおりです。

  1. メールの認証に使用する DKIM(d=)または SPF ドメイン(Return-Path ドメイン)のいずれかで認証ドメインを設定します。
  2. API を設定します。
    1. プロジェクトを作成します。
    2. Postmaster Tool API をオンにします。
    3. API の認証情報を設定します。
    4. OAuth2 トークンを作成します。
  3. OAuth2 トークンと認証情報を使用して API 呼び出しを行い、ドメインの所有権の証明と指標の取得を行います。

次のステップ

認証ドメインを設定するには、認証ドメインを設定するに進みます。