クイックスタート: 自動化

Google ドキュメントを作成し、そのリンクをメールで送信するシンプルな自動化を作成して実行します。

始める前に

このサンプルを使用するには、次の前提条件が必要です。

  • Google アカウント(Google Workspace アカウントでは管理者の承認が必要になる場合があります)
  • インターネットにアクセスできるウェブブラウザ

セットアップ

自動化を構築する手順は次のとおりです。

新しいエディタ

  1. Google アカウントにログインします。
  2. スクリプト エディタを開くには、script.google.com に移動します。script.google.com に初めてアクセスする場合は、[ダッシュボードを表示] をクリックします。
  3. 左上にある [新しいプロジェクト] をクリックします。
  4. スクリプト エディタでコードを削除し、下記のコードを貼り付けます。

    template/standalone/helloWorld.gs
    /**
     * Creates a Google Doc and sends an email to the current user with a link to the doc.
     */
    function createAndSendDocument() {
      try {
        // Create a new Google Doc named 'Hello, world!'
        const doc = DocumentApp.create('Hello, world!');
    
        // Access the body of the document, then add a paragraph.
        doc.getBody().appendParagraph('This document was created by Google Apps Script.');
    
        // Get the URL of the document.
        const url = doc.getUrl();
    
        // Get the email address of the active user - that's you.
        const email = Session.getActiveUser().getEmail();
    
        // Get the name of the document to use as an email subject line.
        const subject = doc.getName();
    
        // Append a new string to the "url" variable to use as an email body.
        const body = 'Link to your doc: ' + url;
    
        // Send yourself an email with a link to the document.
        GmailApp.sendEmail(email, subject, body);
      } catch (err) {
        // TODO (developer) - Handle exception
        Logger.log('Failed with error %s', err.message);
      }
    }
  5. 上部の [ を保存] をクリックします。

  6. 左上にある [無題のプロジェクト] をクリックします。

  7. スクリプトの名前を入力し、[名前を変更] をクリックします。

以前のエディタ

  1. Google アカウントにログインします。
  2. スクリプト エディタを開くには、script.google.com に移動します。script.google.com に初めてアクセスする場合は、[ダッシュボードを表示] をクリックします。
  3. スクリプト エディタでコードを削除し、下記のコードを貼り付けます。

    template/standalone/helloWorld.gs
    /**
     * Creates a Google Doc and sends an email to the current user with a link to the doc.
     */
    function createAndSendDocument() {
      try {
        // Create a new Google Doc named 'Hello, world!'
        const doc = DocumentApp.create('Hello, world!');
    
        // Access the body of the document, then add a paragraph.
        doc.getBody().appendParagraph('This document was created by Google Apps Script.');
    
        // Get the URL of the document.
        const url = doc.getUrl();
    
        // Get the email address of the active user - that's you.
        const email = Session.getActiveUser().getEmail();
    
        // Get the name of the document to use as an email subject line.
        const subject = doc.getName();
    
        // Append a new string to the "url" variable to use as an email body.
        const body = 'Link to your doc: ' + url;
    
        // Send yourself an email with a link to the document.
        GmailApp.sendEmail(email, subject, body);
      } catch (err) {
        // TODO (developer) - Handle exception
        Logger.log('Failed with error %s', err.message);
      }
    }
  4. メニュー項目の [ファイル] > [保存] を選択します。新しいスクリプトに名前を付けて、[OK] をクリックします。

試してみる

スクリプトの実行手順は次のとおりです。

新しいエディタ

  1. エディタの上部にある [実行] をクリックします。
  2. 最初のダイアログ ボックスが表示されたら、[権限を確認] をクリックします。2 番目のダイアログ ボックスで、スクリプトが使用する権限を確認し、[許可] をクリックします。
  3. スクリプトの実行が完了したら、Gmail の受信トレイで新しいメールを確認します。
  4. メールを開き、リンクをクリックして、作成した Google ドキュメントを開きます。

以前のエディタ

  1. スクリプトを実行するには、[実行] ▶ をクリックするか、メニュー項目の [実行] > createAndSendDocument を選択します。
  2. ダイアログ ボックスが表示され、スクリプトには認証が必要であることが示されます。[続行] をクリックします。2 番目のダイアログ ボックスで、特定の Google サービス用の承認をリクエストします。注意事項をよく読み、[許可] をクリックします。
  3. スクリプト エディタの上部にある黄色のバーに、スクリプトの実行時間が表示されます。黄色のバーが消えたら、スクリプトは終了します。
  4. Gmail の受信トレイで新着メールを確認し、リンクをクリックして Google ドキュメントを開きます。
  5. Google ドライブを開きます。スクリプトとドキュメントの両方が保存されていることがわかります。

Apps Script について引き続き学習するには、次のリソースをご覧ください。