Google Mobile Ads Lite SDK

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

他の Android ライブラリと同様に、Google Play 開発者サービス SDK を含むアプリのサイズは大きくなります。Google Mobile Ads Lite SDK は Google Mobile Ads SDK の軽量バージョンであり、この影響を軽減します。通常の SDK に比べてごくわずかなサイズです。

Lite SDK を使用すると、アプリのサイズが減り、アプリで参照されるメソッドの総数を減らすことができます。これは、デベロッパーが 64K 参照制限に陥る古いバージョンの Android にデプロイする場合に特に役立ちます。

Lite SDK をアプリに組み込むように Gradle を構成する方法は次のとおりです。

dependencies {
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-ads-lite:21.4.0'
}

Lite SDK の制限事項

Lite SDK は、Google Play ストアで配布されるアプリでのみ使用してください。

他の Google Play 開発者サービスとは異なり、Google Play 開発者サービス APK の標準 Google Mobile Ads SDK 実装は、Google Play 開発者サービス クライアント ライブラリにも含まれています。これにより、Google Play 開発者サービスの APK がないデバイスでのサポートが可能になります。SDK が実行時にクライアント ライブラリと Google Play 開発者サービス APK のバージョンを比較し、新しいバージョンを使用します。

Lite SDK では、Google Mobile Ads SDK の実装がクライアント ライブラリから削除され、Google Play 開発者サービス APK へのインターフェースのみが残ります。Lite SDK は APK の実装に依存します。アプリを Google Play ストア以外からデプロイしても、ユーザーのデバイスに Google Play 開発者サービスの APK がインストールされる保証はありません。

最新バージョンの Google Play 開発者サービスを搭載したデバイスでは、Lite SDK の動作は標準 SDK の動作と同じです。ただし、Google Play 開発者サービスが古い、または存在しないデバイスでは、Lite SDK から利用できない API や、Google Play 開発者サービスの APK から変更された API が参照される可能性があります。その結果、何も行われず、エラーがログに記録され、これらのデバイスに広告が配信されなくなります。